赤ちゃんに虫歯が影響!?妊娠後期のオーラルケアを徹底しよう!

良ければシェアをお願いします。

歯の治療をする女性

妊娠中は何かと不調を訴えやすいもの。それもそのはず、妊娠によってホルモンバランスの変化が生じるために仕方のないことなんです。でもだからこそ普段以上のケアをしなければなりません。特に歯を含むオーラルケアは生まれてくる赤ちゃんにも影響が出るとかでないとか…

そこで今回は妊娠後期のオーラルケアについてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんの歯の健康を守れるのは妊娠中から

妊娠期の虫歯については体内で赤ちゃんに感染するといったことはないにしても生まれてからずっと一緒にいる中でママとのスキンシップで虫歯菌が移ってしまうことは否めません。

ママがケアをしっかりしていれば生まれてくる子どももずっと虫歯しらずででいられます。生まれてくる我が子のためにも妊娠期からのオーラルケアの重要性について考えていきましょう。

虫歯を放置することはとても恐ろしいこと!

生まれてきたばかりの赤ちゃんはしばらく無菌状態で過ごします。外界に出てから初めていろんな菌に触れることになるのです。虫歯菌もその一つ。ママの使ったスプーンで離乳食をあげるなど、ちょっとしたことで無菌だった赤ちゃんにも虫歯菌が移ってしまうのです。一度住処を作った虫歯菌は放置しているとお口の中でどんどん増殖していくのでとても恐ろしいです。

母子両方の歯を守るために意識を持とう

出産前にママがオーラルケアをちゃんとしておけば生まれてくる赤ちゃんの歯も綺麗なままでいられます。妊娠中は何かと疲れがたまりやすく行動に移すのもおっくうな毎日が続きます。日頃、歯磨きをしていても虫歯菌は見えないところに潜んでいるかもしれません。妊娠後期の落ち着いた時期にでも一度歯医者でチェックをしてもらうことをお勧めします。

オーラルケアはメリットたくさん

オーラルケアは良いことづくめ。何よりも子どもへの虫歯菌の感染リスクを防ぐことと、子どもが虫歯になり歯の治療で痛い思いから歯医者に対し苦手意識を持つ、ということを防ぐことができます。

またママ自身も虫歯に限らず歯の疾患全般を防ぎ家族が健康でいられるというメリットが。これだけの良いことづくめで取り組まないことはないでしょう。

合わせて読みたい

妊娠後期の吐き気はなぜ起きる?原因と対策
妊娠初期のつわりが終わって一安心し、比較的安定的な中期を過ごしていたと思ったら・・一転、頭痛や吐き気に襲われるということがあります。 これは後期つわり、いわゆる「第二のつわり」とも呼ばれており、妊娠後期に突入し、ホルモンバランスに変化が起こることで引き起こされます。 今回は、この後期つわりが...

妊娠中の胎児とママとの歯の関係

虫歯菌を含むオーラルにまつわることは生まれてきてからの接し方によりますが、それより前に遡って、まずは歯の形成時点から細かく調べていくと母子のいろいろな要素で子どもの歯の健康も左右されることが解りました。では詳しく見ていきましょう。

歯の形成はママのお腹にいるときから

歯はいつごろから形成され始めるかご存知でしょうか。意外と初期の段階で形成されるんですよ。胎児の歯芽が見え始めるのは大体妊娠7週頃のことです。妊娠中期には永久歯胚の形成や乳歯の石灰化で硬さも生まれ、人間の歯らしくなってきます。生まれてくるころには歯茎内に乳歯が備わり、永久歯芽も植えつけられた状態になります。

妊娠中の歯の健康は食の栄養から

さて、歯の形成が初期の段階から始まるということで、おなかの赤ちゃんにとって健康的ないい歯を作るにはママの食事の栄養素も欠かせません。食の栄養が歯の質を丈夫に育てます。タンパク質は歯の基盤を作り、カルシウムとリンは石灰化を促進、ビタミンはエナメル質や象牙質の基礎となります。バランスの良い食事が赤ちゃんの歯の健康も育てるのです。

ちょっとした疲れや内面のストレスも影響する

食の栄養で健康的な歯を作ることができますが、さらにママのメンタル的な健康状態も歯の形成には加わってくる要素です。ちょっとした疲れや、精神的なストレスも結局は食に繋がり、栄養が摂れなければいい歯も作ることができません。全てはママの万全なコンディションが歯の形成の上で重要な役割を果たしているといえます。

合わせて読みたい

破水から陣痛!初めての出産で知っておきたい破水の原因
初めての出産を迎えるにあたり、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。特に妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ますます気になってくるのが「破水」や「陣痛」といった出産のサイン。場合によっては突然破水してしまい、パニックに陥ってしまうといったケースも多く見られます。 そこで今回は、初めての出産...

妊娠時のママのお口の中は一体どうなっているの?

今まで歯の形成時期と必要な栄養素などについて記してきましたが、次はママのお口の中について詳しく解説してみたいと思います。妊娠中はとにかく体の変化が著しいため不調続きの日々でしょう。

ですが、オーラルケアは簡単にできる健康ケアでもあるので妊婦さんでも続けていけるはずです。その訳をこれから解説しましょう。

妊娠中にオーラルケアをしないと大変なことに

妊娠すると歯や歯茎のコンディションが悪くなると聞きます。初期のつわりで歯磨きができなかったり、つわりで食べ物にも偏りが目立ち、間食の頻度が多くなったりといったことや、妊娠によるホルモンバランスの変化で口の中が酸性に傾くことが原因と考えられています。それらはやはり歯への影響や歯茎の腫れにも繋がっているのです。なので尚更、この時期はオーラルケアに努めなければなりません。

女性ホルモンでも歯に影響する?

実は妊娠そのものを促す、女性ホルモンにも歯の疾患や口腔内の菌の増殖を促進する働きがあり、歯茎に炎症などを起こしやすくします。特に妊娠初期のつわりで歯磨きができなかった人は要注意!オーラルケアを怠ったままにしておくとつわりが治まった妊娠後期ごろから歯茎の腫れをはじめとする口腔内の疾患が目立つようになります。

虫歯以外でも歯の疾患になりやすい

妊娠中の食の偏りとオーラルケアを怠ることで虫歯になるのは否めません。さらに歯肉炎等の疾患も妊娠時は多いとされています。歯茎と歯の間を軽くブラッシングすることで防げるこれらの疾患。具合が悪くてもお気に入りの香りの歯磨き粉を使ったりするなど、歯磨きの習慣を欠かさないことが大切です。

後期になって体調がすぐれたときは一度歯医者にいって虫歯や歯垢のチェックをしてみるのがベストですね。

おわりに

いかがでしょうか。生まれてくる子どもの歯の健康はママの日頃のケアが欠かせません。後期になれば気持ちも楽になるのでそんなときこそ改めて健康に目を向けて口腔ケアを見直すのもいいかもしれませんね。ちょっとの時間で行うケアが後々の子どもの健康に繋がるのです。

ピックアップ

妊婦さんにおすすめな「シムスの体位」と仰臥位低血圧症候群を防ぐ寝方
妊娠中はホルモンバランスの変化や胎動により、通常よりも眠りが浅くなる時期。眠りたいのに眠れないということが毎日続くと、疲れたりイライラしたりしてしまう妊婦さんも多いことでしょう。お腹が大きくなってきても以前と同じ慣れたスタイルで寝ていると、恐ろしい病気を引き起こす危険性もあります。 そこで、妊...
必見!逆子を治す3つの逆子体操!
出産が近づけば近づくほど、気になることや心配ごとが増えてきます。そのひとつとして「逆子」が挙げられます。妊娠30週の時点で2割ほどの赤ちゃんが逆子と診断され、32週までに直らない場合は帝王切開の準備が進められるケースが多いようです。逆子の場合は自然分娩が難しいため、どうにかして治したいと考える方...

https://tamagoo.jp/pregnant/late-pregnancy-abdominal-pain-cause/

33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
赤ちゃんに虫歯が影響!?妊娠後期のオーラルケアを徹底しよう!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

妊娠後期(8~10ヶ月)の悩みについて・・・あわせて読みたい

眠れない日々にさよなら!臨月に起こる不眠の原因と対処法
待ちに待った臨月へ突入。あと少しで赤ちゃんに会えると思うと毎日がドキドキですよね。今日は陣痛がくるかなという楽しみと共に、多くの妊婦さんが悩んでいるのが不眠についてです。大きくなったおなかを抱えて過ごす毎日は、妊娠前と比べ、とても疲れやすくなっています。 今回は、臨月に入り眠れなくなった人へ、...
妊娠後期の過ごし方におすすめ♪安産のための運動3選
妊娠中に運動をするのってどうなのだろう?という疑問を持ったことはありますか。 確かに、お腹はどんどん大きくなっていきますし、もしものことがあったら・・と考えると不安にもなりますよね。ただ結論から言えば、妊娠中の運動はするべきです。 前提として、妊婦さんには出産を乗り切るための体力が最低限必要...
臨月の胎児、体重や大きさは?週ごとの状態を記録しよう!
妊娠10ヵ月、つまり妊娠36~39週の4週間のことを「臨月」と言います。この時期は、もう出産間近となり、出産への期待と不安でドキドキする日々を過ごしている妊婦さんが多いのではないでしょうか。いつ陣痛が来て出産になってもいいように、入院の準備を整えておくべき時期でもあります。 胎児も同じように、...
破水から陣痛!初めての出産で知っておきたい破水の原因
初めての出産を迎えるにあたり、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。特に妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ますます気になってくるのが「破水」や「陣痛」といった出産のサイン。場合によっては突然破水してしまい、パニックに陥ってしまうといったケースも多く見られます。 そこで今回は、初めての出産...
妊婦さんにおすすめな「シムスの体位」と仰臥位低血圧症候群を防ぐ寝方
妊娠中はホルモンバランスの変化や胎動により、通常よりも眠りが浅くなる時期。眠りたいのに眠れないということが毎日続くと、疲れたりイライラしたりしてしまう妊婦さんも多いことでしょう。お腹が大きくなってきても以前と同じ慣れたスタイルで寝ていると、恐ろしい病気を引き起こす危険性もあります。 そこで、妊...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る