母体血清マーカーテストについての検査方法や費用など知識まとめ

良ければシェアをお願いします。

検査を受ける妊婦

母体血清マーカーテストとは、出生前診断の方法のひとつです。リスクが少ない血液検査のみで、母体に大きな負担をかけることなく、胎児の障害の有無がある程度診断できるため、最初に受ける出生前診断に利用されています。手軽に受けられるテストですが、診断結果がもたらすものは、赤ちゃんの将来にかかわること。詳しい情報を押さえておきたいですよね。そこで今回は、この母体血清マーカーテストについての検査方法や、費用など知識をご紹介します。

スポンサーリンク

母体血清マーカーテストの次の確定診断

出生前診断の方法のひとつである母体血清マーカーテスト。血液検査で、胎児の障害の有無の可能性がある程度診断できるといいますが、実際にはどんな検査方法で、どのような診断ができるのでしょうか?診断が下りたあとに必要なことも含めてみていきましょう。

母体血清マーカーテストの検査方法

母体血清マーカーテストの検査方法は、注射により妊婦の血液をごく少量採取し、血液の成分の濃度を検査します。この結果により、お腹の赤ちゃんに「染色体異常」があるかないかが、ある程度診断できるのです。この診断結果はあくまで「染色体異常の確率」が分かるのであって、確定できるわけではありません。もしも、母体血清マーカーテストの検査で異常がみられれば、次の検査へ進むことになります。

母体血清マーカーテストの次の検査とは?

母体血清マーカーテストで異常が見られた場合、次に行うのは確定検査で、確定検査には羊水検査絨毛検査などがあります。羊水検査が行われるのは、妊娠15~18週くらいの時期で、羊水を採取して細胞を検査し、胎児に病気や染色体異常があるかを調べます。羊水検査で流産を起こす可能性がまったくないとは言い切れないので、検査をした場合にはリスクがあることを理解しておく必要があります。

母体血清マーカーテストの次の絨毛検査とは?

絨毛検査が行われるのは、妊娠9~11週くらいの早期で、胎盤を作る絨毛組織を採取して検査します。検査方法には、腹部に針を刺して行う方法と、腟から管を入れて行う方法の2種類がありますが、流産を引き起こすリスクが羊水検査の10倍と高く、実施できる設備や技術を備えた病院が少ないこともあり、あまり行われていないのが現状です。

合わせて読みたい

出生前診断を受けたいと考えている方へ【コラム妊娠と出産】
妊娠した時、赤ちゃんに異常がないかどうか、ほとんどのお母さんは心配だと思います。現在の産科医療は目覚ましい進歩の結果、生まれる前に赤ちゃんの状態がいろいろわかるようになりましたが、限界もあります。 赤ちゃんの異常といっても、先天的な形態的な異常、染色体異常、遺伝子異常や先天性代謝異常など様...

母体血清マーカーテストで、何を調べるの?

母体血清マーカーテストで、胎児の染色体異常がある程度診断できますが、具体的な染色体異常には、ダウン症候群」、「エドワーズ症候群」「開放性神経管奇形」の3つがあげられます。この3つについて、詳しくみていきましょう。

21トリソミー・ダウン症候群とは?

21トリソミーと呼ばれる「ダウン症候群」は、第21番目染色体の異常で起こる病気で、800人に1人ほどの割合で生まれてきます。症状としては、知的発達の遅れや運動能力の遅れが見られる場合があり、合併症として心臓疾患や、内臓疾患を併発するケースが多いのが特徴です。ただし、心臓疾患や内臓疾などの合併症は、出生後に充分治療が可能です。

18トリソミー・エドワーズ症候群とは?

18トリソミーと呼ばれる「エドワーズ症候群」は、第18番目染色体異常で起こる病気で、発症率は、約6,000人に1人と言われています。このエドワーズ症候群は、普通なら46本の染色体が47本に突然変異してしまう病気で、精神遅滞、発育異常などの症状が見られます。心臓疾患が見られるケースが多く、自然流産になってしまうことも少なくありません。

二分脊椎、無脳症・開放性神経管奇形とは?

二分脊椎、無脳症などの開放性神経管奇形は神経管異常で起こる病気で、二分脊椎は主に下半身の神経障害が、無脳症は、脳発達が不充分などの症状がみられます。特に、無脳症は脳が作られないという致命的な奇形で生存率が低いことが特徴です。原因は、遺伝的な要素や後天的な要素が考えられますが、はっきりとしたものは分かっていません。

合わせて読みたい

ダウン症になる確率と原因、その予防策とは
ダウン症は医学的には「ダウン症候群」と呼ばれる、先天的な疾患です。今のところ治療方法がないため、赤ちゃんを授かった多くのお母さんが不安になる病気の一つです。一般的には高齢出産や栄養不足がダウン症の原因といわれています。 多くの人がダウン症を「知的障害」が主な症状ととらえているようですが、生まれ...

母体血清マーカーテストについての詳細情報

胎児の障害の有無がある程度診断できる「母体血清マーカーテスト」についての、受けられる時期や診断確率、かかる費用などの詳細情報を見ていきましょう。また、母体血清マーカーテスト受ける際の注意点についてもご紹介します。

母体血清マーカーテストの時期と費用

母体血清マーカーテストが受けられる時期は、妊娠15~21週までが目安です。しかし、万が一異常が見られた場合、羊水検査や絨毛検査などの検査が必要になることを考慮して、妊娠17週くらいまでに行うことが多いようです。費用に関しては、1~2万円と比較的安価で、検査自体も血液検査のみ。検査方法と費用に関して言えば、気軽に受けられる検査と言えるでしょう。

母体血清マーカーテストの診断確率について

母体血清マーカーテストの診断確率は、あくまで「染色体異常の可能性」を妊娠週数や体重、年齢などの基本情報をはじめ、家族歴や糖尿病の有無などの既往歴をトータルに見て、推定したスクリーニング検査です。ですから、母体血清マーカーテストで異常の可能性ありの「陽性反応」が出たとしても、必ず染色体異常があるわけではありません。確定検査をしてみたら異常はなかったということがほとんどですから、あまり心配しすぎないようにしましょう。

母体血清マーカーテスト受ける際の注意点は?

母体血清マーカーテスト受ける際は、もし万が一陽性反応が出て、次の確定検査を受けた場合は流産のリスクもありますから、どうするか、夫婦でよく話し合っておくことが大切です。前述したとおり、母体血清マーカーテストで異常がみられたからといって、羊水検査、絨毛検査などの確定検査でも異常がみられる確率は低いのですが、可能性はゼロではありません。

おわりに

母体血清マーカーテストは、検査方法も費用も手軽に受けられるものですが、その結果をどう受け止めるかを夫婦でよく話し合っておくことが大切です。大切な赤ちゃんの将来にかかわってきますので、理解を深めよく考えた上で、最良の選択をしてくださいね。

ピックアップ

流産に関するQ&A 教えて!たまgoo!
流産はおなかの赤ちゃんが育たなくなってしまい妊娠を継続する事ができない状態のことをいいます。妊娠中は思わぬトラブルに見舞われるケースがたくさんあります。残念なことに妊娠中の流産は決して珍しいことではないのです。 たまgoo!では、杏林大学医学部付...
知的障害の等級って何?程度別の特徴や症状まとめ
「知的障害」という単語を聞いて、皆さんはどのような症状を思い浮かべますか?「一人で行動できず、周りの手助けが必要な人」、「漢字の読み書きや計算をすることができない」などが挙げられるかもしれません。もちろんそれらの症状も知的障害の症状に当てはまりますが、実際は障害の等級によって症状は大きく異な...
高齢出産だったら出生前診断は受けるべき?慎重に検討しよう
昔に比べると女性が結婚する年齢が高くなり、高齢出産をする妊婦さんが年々増加しています。妊婦さんの年齢が上がるにつれて、脳や身体に生まれつき障害をもった赤ちゃんが産まれてくる確率や赤ちゃんが奇形になる先天異常が発生する確率が高まってくることはよく知られています。日本産婦人科学会の調査によると、妊婦...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
母体血清マーカーテストについての検査方法や費用など知識まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠初期(~4カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る