【医師監修】妊娠はするけど・・・流産や死産を繰り返す不育症とは?

監修医師プロフィール:清水なほみ 先生のイラスト 清水なほみ 先生

2001年広島大学医学部医学科卒業、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。

日本産科婦人科学会専門医、日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。

日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートします。

http://www.vivalita.com/staff.html


悲しむ女性
待ち望んだ妊娠ですが、出産に至らず流産や死産が続くと、せっかく妊娠しても不安でいっぱいな妊婦さんも多いようです。不育症と診断されたらもう出産できないのではないかと、心配されている方もいるでしょう。しかし、適切な診断と治療を受けた方の8割以上が出産できているという報告があります。まずは不育症とはどういうものなのか、知識を深めていきましょう。

不育症は病院での診断が出産への近道です

ハートを持つ女性
一人目は難なく妊娠出産した人でも、その後は流産を繰り返し、次の子どもに恵まれずに悩んでいる方は少なくないようです。また、年齢が高くなると妊娠が維持しにくくなるため、高齢を理由に出産を諦めた方の話もよく耳にしますよね。もし、出産の日を迎えることができず不育症の疑いがあると思うなら、病院で診察を受けることをおすすめします。

不妊症と不育症の違いについて知りたい

不妊症とは文字通り、妊娠しない状態を指しますが、不育症とは妊娠はするけれども、出産には至らない状態を指します。基本的に2回以上の流産で不育症と診断されますが、この回数については学会で明確な決まりはありません。また、同じような意味の「習慣流産」がありますが、こちらは3回以上流産を繰り返す場合を指します。不育症は原因が特定できれば治療が可能な場合もあります。ケースによっては治療しなくても出産できる場合もあるので、不妊症と同様に適切な病院で医師に相談しましょう。

病院へはどのタイミングで行ったらいいの?

不育症の診断は問診や診察だけでは難しいので、特別な検査が必要です。病院で検査を受ける場合は流産後の一回目の生理のあとになります。二度目の流産のあとに医師より検査をすすめられることが多いようですが、もちろん自分から医師に相談することもできます。通常ホルモンが落ち着いてからの検査となるので、検査日やそれまでの生活については医師の指示に従ってください。

合わせて読みたい

【医師監修】不安でたまらない!一度流産を経験すると次も流産する確率は?
【医師監修】不安でたまらない!一度流産を経験すると次も流産する確率は?
一度流産を経験すると、次も流産してしまうのではないかという思いが頭に浮かび、流産に対する不安や恐怖を感じてしまう女性も多いのではない...

不育症の原因と治療について知りたい

悩む女性
不妊症についての知識はあっても、不育症については周りの人に聞いてもわからないこと場合が多いです。そして、不育症の原因については用語が難しく、情報が少ないのが実情です。ここでは現在明らかにされている原因と治療について、簡単にご説明します。

不育症が治療できる人はどのくらいいるの?

不育症の原因を特定できない人は65.3%で、研究中ですが原因と断定できないものもあり、それを除くと40%の人が偶発的、すなわち原因不明の不育症ということになります。流産の80%が胎児の染色体に何らかの異常があると考えられているので、運悪くそれが原因で2回、3回と流産を繰り返してしまった場合は、特別な治療は必要ありません。しかし、それ以外の原因が特定できるものについては、医師と相談のうえ治療し出産を目指せます。

不育症で治療が可能な原因について

原因が特定できた場合は治療が可能となります。糖尿病や甲状腺機能異常による内分泌に異常がある場合は、食事療法と薬物療法によって治療が可能です。また、プロテインS欠乏症や第XII因子欠乏症、抗リン脂質抗体症候群などの血液凝固異常があると、血栓ができやすくなり不育症の原因となることから、ヘパリンの注射やアスピリンの服用などで治療します。

他に子宮形態異常と診断された場合は、形成手術を行うこともありますが、手術の必要性については医師ごとの判断によるので、医師との納得のいく話し合いが必要ですね。そして、不育症女性の40%が強い精神的なストレスを抱えていることもわかっていますが、明確な検査結果として提示されないので、悩んでいることなどを医師に相談してみましょう。

治療しない場合は医師と納得がいくまで相談する

両親のどちらかに染色体異常がみられると流産になることがあり、その割合は不育症の4・6%です。そして、染色体異常には種類があり、特別な治療をしなくても出産できる場合があります。また、子宮形態異常については、それが流産の原因になるとは限らないので、形成手術をしないで様子をみることもあります。どちらのケースも医師と十分に相談するとよいでしょう。

不育治療と出産を公表した芸能人について

不妊治療を公表している芸能人は多いのですが、不育症を治療して出産をしたことを公表する方は少ないようです。その中でも話題になった二人を紹介します。まずは二児の母で女優の永作博美さんですが、第一子が授からなかったときに、病院で「習慣性流産の疑い」と診断されたそうです。永作さんは不育症と高齢のリスクを乗り越えての出産でした。

次に同じく女優の間下このみさんですが、抗リン脂質抗体症候群と診断され、その治療中に全身性エリテマトーデスという難病も併発し、闘病しながら出産を迎えました。この大変な体験が書籍化、そしてドラマ化されたことで、不育症を知る人が増えました。

合わせて読みたい

【医師監修】見逃さないで!一般的な、流産の四つの兆候や症状
【医師監修】見逃さないで!一般的な、流産の四つの兆候や症状
流産とは、何らかの原因で妊娠22週以前に胎児が流れ出てしまうことを言います。一言で流産と言っても、さまざまな名称があり、その注意...
22歳と18歳の二人の子どものママです。その時にやりたいことを楽しんでやる、楽しい毎日を過ごしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】妊娠はするけど・・・流産や死産を繰り返す不育症とは?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る