飲酒が流産の引き金に!?アルコールが妊婦にもたらすリスク

妊婦とアルコール

妊娠中の飲酒は、大変危険であると言われています。しかし、具体的にどう危険なのかという詳しい知識を持っていない方が多く、「このぐらいの量なら大丈夫」と飲酒してしまう妊婦さんが意外と多くいるようです。そこで今回は、アルコールが妊婦にもたらすリスクについてまとめてみました。自分のためにもおなかの赤ちゃんのためにも、妊娠中に飲酒をすることの危険性をしっかりと認識しましょう。

アルコールが妊婦にもたらす二つのリスク

未熟児

妊娠中にアルコールを摂取することで引き起こされるリスクの一つは、「流産」です。例えば、純度100%のアルコールを1日45ミリリットル以上(ビール大びんなら2本、日本酒なら3合、750ミリリットルのワインボトルなら2分の1本)摂取した場合、自然流産率がおよそ2倍になると言われています。

一般的に妊娠初期における、流産の原因の多くは受精卵の遺伝子異常や染色体異常によるものであるとされ、母体の身体が影響することはほとんどないと考えられています。しかし、上記の量のアルコールは自然流産を引き起こす恐れがあるため、注意が必要です。また、これくらいの量なら大丈夫という保障もありません。「アルコール=流産率を高める」と警戒するに越したことはないと言えるでしょう。

もう一つのリスクは、「胎児性アルコール症候群」です。妊娠中にママが口にした栄養は胎盤を通して赤ちゃんに送られるしくみになっており、アルコールを摂取した場合もそのまま胎盤を通って赤ちゃんに届けられてしまうため、胎児が飲酒をする状態を引き起こしてしまうのです。

その結果もたらされるリスクである胎児性アルコール症候群とは、母体が摂取したアルコールの影響を受けて、赤ちゃんが受ける先天性疾患のことです。子宮内での、あるいは出生後の成長発育が遅くなってしまい、低体重・低身長の赤ちゃんが生まれてくる可能性が高まります。その他にも、小頭症・眼裂の狭小・顔面中央の形成不全・四肢の奇形・関節の拘縮・心奇形といった全身における奇形や、言語発達・注意欠陥などといった知能障害が起こる可能性があります。

合わせて読みたい

妊娠中のストレスを解消する三つの方法
妊娠中のストレスを解消する三つの方法
妊娠中はさまざまなストレスにさらされますが、特に初めての出産の場合はお腹にいる赤ちゃんのことを考えて、「自分はこの子にとってよい母親にな...

飲酒を最も注意すべき時期とは?

おなかをさわる女性

妊娠超初期の飲酒は、胎児への影響は低いと言われています。妊娠超初期とは、妊娠に気づくか気づかないかの時期、つまり、排卵日〜生理予定日頃の妊娠4週目までを指します。この時期は、まだ血液を通して赤ちゃんに栄養を送る段階ではありません。そのため、たとえ妊娠していることを知らずに大量の飲酒をしてしまったとしても、流産や胎児性アルコール症候群といったリスクを引き起こす可能性は極めて低いと言えます。
しかし、妊娠5週目〜15週(妊娠2カ月〜3カ月頃)の飲酒は、危険性が最も高いとされています。この時期は、胎児の脳や心臓が形成し始める大変重要な時期であるため、アルコールの影響を大きく受けてしまうのです。妊娠中の飲酒はどの時期であっても避けるべきですが、特にこの妊娠初期には絶対に摂取しないように警戒する必要があるでしょう。

合わせて読みたい

妊娠初期・中期・後期で変わる、正しい食事のとり方
妊娠初期・中期・後期で変わる、正しい食事のとり方
妊娠中に、おなかの赤ちゃんが元気に成長するためには、たくさんの栄養が必要です。ママは日々の食事から、赤ちゃんに必要な栄養素を十分に摂取す...

どうしても飲酒したい場合の対処法

ルイボスティ

妊娠前に毎日晩酌をしていた方、飲酒がストレス発散法になっていたという方にとっては、妊娠中も飲酒をしたい衝動に駆られてしまうかもしれません。もしもどうしても飲酒したい場合は、ノンアルコール飲料でお酒を飲んだ気分だけでも楽しんでみてはいかがでしょうか。

ただし、ノンアルコール飲料と書かれていても、実際には微量のアルコールが含まれている場合もあります。実は1%未満のアルコールについては「ノンアルコール」と記載してよいと定められているからです。微量とはいえ、蓄積していけば母体や胎児に何らかの影響が生じる可能性もあります。

ノンアルコール飲料を購入する場合は、パッケージに「アルコール0.00%」と記載されているものを選ぶようにしましょう。また、飲酒をしたくなったら気分転換に散歩に出掛けるなど、気を紛らわせることも効果的です。夜はお酒が欲しくなる傾向が高まるため、夜更かしはせずになるべく早く就寝することを心掛けましょう。もしも口さみしくなってしまったら、ノンカフェイン飲料がおすすめです。特に、妊婦さんに優しいルイボスティーや、糖分の含まれていない炭酸水がよいでしょう。

合わせて読みたい

【レシピ付き】ルイボスティーが妊活・妊娠に良い三つの理由
【レシピ付き】ルイボスティーが妊活・妊娠に良い三つの理由
妊活中の方や妊娠している方にとって、カフェインを避けなければならないというのは有名な話です。しかし、コーヒーや紅茶はもちろん、市販のお茶...

おわりに

今回は、妊娠中の飲酒が引き起こすリスクをはじめ、注意すべき時期や飲酒への対処法についてご紹介しました。飲酒は妊婦さんにとってよい影響はなく、悪い影響しかありません。お酒好きな方の場合、妊娠したら禁酒できるかどうかと不安を感じるケースが多いようですが、実際に妊娠すると「赤ちゃん第一」と考え方が変わるため、自然と禁酒できるでしょう。

中には「少量の飲酒なら問題ない」という意見もあるようですが、あくまでも統計的な結果論のため、その絶対的な根拠はありません。「妊娠したら絶対に飲酒しない」と心に決めて、健全な妊婦生活を送るようにしましょう。

ピックアップ

お酒・タバコ好き必見!妊活中の飲酒・喫煙が及ぼす影響
お酒・タバコ好き必見!妊活中の飲酒・喫煙が及ぼす影響
タバコ・お酒が好きな方であれば、妊活中のストレスでついタバコやお酒が欲しくなってしまうこともあるでしょう。妊活中なら、喫煙や飲酒は可...
妊娠初期から要注意!流産の種類と原因について
妊娠初期から要注意!流産の種類と原因について
妊婦さんにとって、もっとも気をつけなければならないこと。それは流産の可能性です。 「流産」という不吉な事柄について、「考えたこともない...
妊娠9週の壁が心配!妊娠初期に注意したい11のこと
妊娠9週の壁が心配!妊娠初期に注意したい11のこと
妊娠がわかり喜んでいても、もしかしたら途中で流産してしまうかも・・・と、うれしい反面心配ごとも増える妊娠。流産等のトラブルは妊娠初期に発...
旦那さんと息子の3人家族。 家事は手抜きがモットーなダラダラ主婦。もう一度出産するならマタニティフォトを撮影して産後は産後治療院でまったりしたい!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
飲酒が流産の引き金に!?アルコールが妊婦にもたらすリスク
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る