臨月に起こりやすいマイナートラブル7選

良ければシェアをお願いします。

臨月に起こりやすいマイナートラブル7選

「もうすぐ赤ちゃんの顔が見られるようになる!」と喜んでを迎えたはずが、おなかの中の赤ちゃんの成長とともに、痛みや不安も増えてしまった・・・という方も多いのではないでしょうか。

臨月のマイナートラブルはさまざまなものがありますが、ここではよくあるものを7つ選び、上手に付き合っていくことで痛みや不快感を和らげ、出産への楽しみを増やしていく方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

おなかの張り

お腹の張り

おなかの張りは神経や筋肉の緊張により子宮が収縮することで起こります。妊娠中とはいえ、家族のために家事などで動かなくてはいけないことも多いことでしょう。臨月の時はたくさん動くことで疲れてしまい、おなかはどんどん張ってしまいます。そんなときは座ったり横になったりしながら、マメに休憩をとるようにしましょう。

また、胎動を感じてもおなかが張ることがあります。おなかの赤ちゃんがお母さんに声をかけてくれていると思って、お話をするような気持ちで休憩を取るようにしましょう。

頻尿、尿もれ

しずくのイメージ

おなかが大きくなるにつれ子宮が膀胱を圧迫することで、頻繁にトイレに行きたくなってしまう「頻尿」もよくみられるトラブルです。動くこともおっくうになってくると、ついつい我慢してしまうということもあるのではないでしょうか。

しかし、我慢しすぎると膀胱炎になってしまう危険性があります。尿意を感じたらこまめにトイレに行くように心がけてください。笑ったりくしゃみをしたりすることで、思わずおなかに力が入ってしまい、尿もれしてしまうということもこの時期にはよくあります。その度にパンツを汚してしまうという不快な気持ちを感じてしまうのは嫌ですよね。心配な方は生理用ナプキンやおりものシート(パンティライナー)などを使うことで解消できますよ。

合わせて読みたい

臨月の胎児、体重や大きさは?週ごとの状態を記録しよう!
妊娠10ヵ月、つまり妊娠36~39週の4週間のことを「臨月」と言います。この時期は、もう出産間近となり、出産への期待と不安でドキドキする日々を過ごしている妊婦さんが多いのではないでしょうか。いつ陣痛が来て出産になってもいいように、入院の準備を整えておくべき時期でもあります。 胎児も同じように、...

手足のむくみ

手足のむくみ

赤ちゃんに栄養を運ぶために血液量が増え、血液量と水分バランスが崩れることでむくみは起こります。むくむことにより手がしびれるという方もいらっしゃるでしょう。赤ちゃんに栄養を運ぶためにお母さんの体は頑張っています。負担が少しでも軽くなるように食事では塩分を取りすぎないようにしましょう。

また、子宮による血管の圧迫や運動不足、冷えなどが原因でむくみが起こることもあります。適度な運動やマッサージ、寝るときに足を高くするなど血行促進を心がけましょう。

恥骨痛

恥骨は左右の骨盤をつなぐ役割をしています。赤ちゃんが大きくなり骨盤が開いていくと、恥骨結合部も広がっていきます。そこに赤ちゃんが下りてくるため恥骨に負担がかかり恥骨痛が起こります。

恥骨痛は、もうそこまで赤ちゃんがやってきているという証拠です。楽な姿勢でゆったりと過ごすようにしましょう。腹帯、マタニティーガードルを利用すれば、痛みを和らげることができます。

合わせて読みたい

眠れない日々にさよなら!臨月に起こる不眠の原因と対処法
待ちに待った臨月へ突入。あと少しで赤ちゃんに会えると思うと毎日がドキドキですよね。今日は陣痛がくるかなという楽しみと共に、多くの妊婦さんが悩んでいるのが不眠についてです。大きくなったおなかを抱えて過ごす毎日は、妊娠前と比べ、とても疲れやすくなっています。 今回は、臨月に入り眠れなくなった人へ、...

胃のムカムカ、胸やけ

つわりが続いているような胃のムカムカ感や胸やけ。これは赤ちゃんが大きくなることで胃が圧迫されている状態です。赤ちゃんはお母さんのおなかの中で大きくなり、外の世界へ元気に出ていけるように準備をしている最中なのです。赤ちゃんが骨盤内に下りてくることで良くなっていきますので、それまでは消化の良いものを食べ、赤ちゃんの頑張りを応援しましょう。

でべそ

意外と気になっているお母さんが多いのがでべそです。おなかが大きくなるにつれ、おへそも押されて前に出てきます。今まで出ていなかったおへその奥まで見えるようになり、このままでべそになってしまうのではと不安になるかもしれません。しかし、出産後にはほとんどの方が元通りになるため、「今だけのことだ」と理解し、安心しましょう。

合わせて読みたい

妊娠後期の体重増加はどこまで許容される?上手な体重管理法5選
お腹の赤ちゃんが育っていくにつれて、ママ自身の体重が増加するのは自然なことです。しかし、妊娠後期になると、「少し太りすぎたかな」と自身の体重増加のペースが気になる方も多いかと思います。過度の太りすぎは出産時のトラブルにつながると言われていますが、どれくらいまでの体重増加が許容範囲なのでしょう...

ストレスや不安

たたずむ妊婦

ストレスや不安には、ホルモンバランスが大きく影響しています。妊娠すると、「プロゲステロン」と「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌が活発になります。出産が近づくにつれ分泌量が増えていくことでホルモンバランスが乱れ、情緒不安定になりやすくなるのです。ストレスや不安を感じはじめたら、冷静になって「これはホルモンバランスの関係で、妊婦特有のもの。私だけじゃない」と考えて落ち着くよう心がけましょう。

ただそうは言っても、「この不安な気持ちをどうにかしてほしい……」という思いが本音ですよね。そうした場合は、一人でのんびり何もしない時間を作ったり、昼寝をしたりするのも良いでしょう。時には家族や友達などと過ごす時間を作り、些細なことも含め不安な気持ち全てを話しながら心を落ち着かせましょう。イライラしていた気持ちも和らいでいきます。

また、エストロゲンは、妊娠後期に分泌量が多くなり不眠を引き起こします。眠れないときは無理をせず、音楽を聴いたり本を読んだりと好きなことをしながらのんびり過ごしましょう。

おわりに

臨月を迎え、さまざまなトラブルに悩まされている方も多いと思います。しかし、お母さんも出産に向けてさまざまなことを乗り越え頑張っているのと同じように、おなかの赤ちゃんも同じように頑張っています。

生まれてくる赤ちゃんの顔を見た瞬間、今までの苦労が嘘のような感情がわいてきます。全ての大変さが一瞬で消されてしまうほど、出産は神秘的なものです。「もうすぐ赤ちゃんをその腕に抱くことができる」という喜びを想像して、その瞬間まで、おなかの赤ちゃんと一緒に気持ちを楽に過ごしてくださいね。

ピックアップ

足のむくみがつらい!妊娠後期にむくみやすい原因と3つの解消法
妊娠すると、出産に備えて体は変化していきます。その変化のうちの一つとして、「むくみ」はかなりメジャーなものです。半数を超える妊婦さんが体験するものですから、対処方法なども数多く紹介されています。この「むくみ」は妊娠初期~妊娠中期にかけても起こるものです。初期のころはホルモンの影響によって、中期は...
妊婦さんがなりやすい恥骨痛って?原因と3つの対処法
妊娠をすると、体にさまざまな変化が起きます。その変化のなかには、「痛み」をもたらすものもあります。もちろん個人差があるのですが、人にとっては、下半身の痛みに悩まされることもあるでしょう。 今回は、そんな下半身の痛みのなかから、「恥骨痛」を取り上げます。 恥骨痛とはどんなものか 恥骨痛(...

https://tamagoo.jp/pregnant/4-delivery-signs-of-multipara/

33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
臨月に起こりやすいマイナートラブル7選
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る