【医師監修】妊娠初期から臨月まで!問題ある出血と問題ない出血の見極め方

監修医師プロフィール:清水なほみ 先生のイラスト 清水なほみ 先生

2001年広島大学医学部医学科卒業、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。

日本産科婦人科学会専門医、日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。

日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートします。

http://www.vivalita.com/staff.html


妊婦
妊娠中に何かトラブルが起きた場合、自覚症状として現れるのは出血とおなかの張りや痛みです。このうちおなかの張りや痛みを伴わない出血は、入浴時やトイレに行った際に出血していることに初めて気づき慌てることも多いものです。今回は出血時に落ち着いて行動するために、問題のある出血と問題のない出血についてまとめてみました。

問題のある出血とない出血の見極め方

おなかをおさえる女性
妊娠中はちょっとした刺激により出血することも多く、出血を確認した場合その多くが問題ない出血です。しかしながら中には危険な出血の場合もあります。病院への連絡時にも役立つ、問題のあるなしを見極めるポイントを知っておくと安心ですね。

おなかの張りや痛みを伴うかを確認しましょう

言ってしまえば妊婦さんは、妊娠初期から臨月まで出血する可能性があります。緊急を要する場合や危険性が高いほど出血時にはおなかの張りや痛みを伴う傾向があります。ですので、出血を確認した際はおなかの張りや痛みがあるのか、ある場合はどのように張るのか痛むのかを確認しましょう。ただし、経管無力症などのようにお腹の痛みも張りも全くないまま子宮の出口が開いてしまうこともあり、痛みを伴わない少量の出血がすべて「大丈夫」なわけではありませんから注意が必要です。

色が重要!血液の色を確認しましょう

血液は時間がたつと徐々に色が赤から茶褐色へと変化します。真っ赤でなめらかな鮮血の場合は今現在出血をしているということです。反対に茶褐色の場合は出血してから時間がたっている、つまり現在は出血が止まっているということになります。危険なのは現在起きている出血です。万が一の事態に陥らないためにも、出血に気づいた際には色も確認しましょう。

出血の回数や量を確認しましょう

たとえ鮮血であっても、内診等の刺激で出た、少量で1回きりの出血であれば問題ありません。少量ですが何度も出血する場合はどこかにトラブルが起きている可能性があります。またはじめは少量だったのが止まらずに徐々に量が増えていく場合も、何らかのトラブルが進行中であることを示しています。出血に気づいた際はその後の出血の様子にも注意し、気になる点がある場合は早めに病院へ確認しましょう。

合わせて読みたい

【医師監修】危険!妊娠後期の出血の原因と病気についての基礎知識
【医師監修】危険!妊娠後期の出血の原因と病気についての基礎知識
妊娠中は不安なことがたくさんありますね。中でも心配なことは「出血」です。今回は妊娠後期に起きる出血に焦点を当てて解説していきます...

焦らなくて大丈夫!問題のない出血

ドレスを着た妊婦とエコー
出血に気づくと赤ちゃんは大丈夫なのかと不安になり慌ててしまいますが、妊娠中に何らかの出血を経験される人は4割近くおり、その多くが問題のない出血です。焦らずに落ち着いてポイントをもとに確認をしましょう。

色と痛みの有無を確認!妊娠初期の出血

妊娠初期に多い切迫流産徴候での出血は、ほとんどが問題ありません。絨毛(じゅうもう)膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)は少量であれば問題ありませんが、血腫の範囲が大きいと入院安静が必要になることもあります。切迫流産徴候での出血は、妊娠の状態が安定する前にごく少量見られるもので色は茶褐色やピンク色のことが多いです。生理より量も少なく長く続かないといった特徴があります。
絨毛膜下血腫は胎盤がつくられる過程で血管が絨毛に入る際に起こる出血と言われています。鮮血で大量に出血する場合や胎盤完成までと長く続く場合がありますが、多くの場合は胎児に直接影響はなく、安静のみで改善していきます。

軽い子宮収縮の刺激が原因。妊娠中期の出血

妊娠中期の出血は、多くが軽い子宮収縮による刺激で卵膜と子宮壁が少しずれるために起こると言われています。出血を伴うおなかの張りの場合は、しっかり安静が必要であったりおなかの張りを抑える必要があるため、必ず受診が必要です。また、経管無力症の場合は入院が必要になることも多いので、お腹の張りがなくても何による出血なのかはきちんと診断を受けるようにしましょう。
膣の壁が荒れている子宮膣部びらんや子宮の入り口にできものができる子宮頸管(けいかん)ポリープがある場合は、セックスや内診の刺激により出血しやすくなります。どちらもおりものに血が混じる程度ですので心配ないことがほとんどです。

出産が近づいたしるし!妊娠後期の出血

妊娠後期になると体が出産準備をはじめますので、以前よりも子宮口周辺が充血しセックスや内診の少しの刺激でも出血しやすくなります。また予定日が近づくと「おしるし」という、頻繁な子宮収縮により卵膜の一部が子宮壁からはがれることで起こる出血があります。準備が整い出産が近いことを示す合図ですので心配はいりません。

合わせて読みたい

妊娠中期の貧血に注意!兆候・症状・原因・対策法まとめ
妊娠中期の貧血に注意!兆候・症状・原因・対策法まとめ
女性が妊娠中に気をつけなければいけないことのひとつに貧血があります。なんと、全妊婦の約20%に貧血が発症するといわれているのです。そもそ...
7歳3歳1歳の1男2女のママです。毎日子育てに奮闘中!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】妊娠初期から臨月まで!問題ある出血と問題ない出血の見極め方
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠初期(~4カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る