【妊娠中期】腰痛の原因、症状、対処法

スポンサーリンク

背中

妊娠初期も終わり精神的にちょっと安心する妊娠中期。それなのに運動をすることはおろか、歩くことや横になることさえつらいという方もいらっしゃるようです。「運動をしたいけど身体を動かすことが苦しい」とジレンマに陥っている方も多いのではないでしょうか?今回はそんな妊娠中期の「腰痛」にスポットを当てて解説していきます。対処法などもご紹介いたしますので、腰痛にお悩みの方はぜひ役立ててくださいね。

妊娠中期の腰痛の原因と症状

スーツ

1.赤ちゃんの成長に伴う姿勢の変化

妊娠中期になると赤ちゃんの成長も進み、お腹も大分大きくなってきていますね。妊娠すると女性は10㎏前後体重が重くなります。体内の臓器は子宮に圧迫されてギュウギュウになり、骨盤や腰椎に負担がかかります。すると自然と重心は前方へと傾きます。そのまま前に重心がかかっていては立つことができないのでバランスをとるために背中や腰に力が入ってしまいます。これが腰痛の原因です。

2.体内ホルモンの変化

妊娠をすると出産に向けてリラキシンというホルモンが分泌されるようになります。リラキシンは卵巣や子宮、胎盤から分泌されます。赤ちゃんがお腹の中からスムーズに出てこられるように、関節や靱帯を緩めてくれる効果があります。しかし、関節や靱帯が緩むということは他の筋肉がそれらの役割の分も負担するということになります。その負担が腰にきてしまい、腰痛を引き起こしてしまうのです。妊娠中期から少しずつ始まり、妊娠後期にはさらにひどくなるとされています。

3.長時間同じ姿勢をとっているため

お腹が大きくなってくるとあまり動かなくなり、背中をのけぞってお腹を突き出したような体勢でいることが多くなります。楽な体勢ではありますが、同じ体勢で長時間いると腰痛の原因となりますので、注意しましょう。

4.不安からくる筋肉の緊張

妊娠中期になるとだんだんと出産が現実味を帯びてきて不安になってしまうことも増えます。人間は不安になったり緊張したりすると無意識のうちに筋肉が緊張してしまうことがあります。身体がこわばってしまうと、肩や腰に力を入れてしまいがちです。これにより肩こりや腰痛になってしまうのです。

5.スマホやPCの使用によるもの

妊娠中は動くことが億劫になるため、近年ではスマホやPCを使ってネットスーパーや通販などで買い物をする方も増えてきています。それ以外にも時間をつぶすためにゲームをしたり、SNSをしたりしていることもあるでしょう。スマホやPCをしているときは基本的に同じ体勢でいます。

それにより骨盤が硬直してしまい、腰痛を引き起こすことがあります。また、目を酷使することにより首や肩が凝ることがあります。その影響が腰痛となってあらわれることもあるようです。

合わせて読みたい

【妊娠中期】吐き気の原因、症状、対処法
妊娠中期なのに「吐き気」と聞くとなんだかげんなりしてしまいますが、妊娠中に起こる吐き気は避けることのできない症状です。つわりは妊娠初...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【妊娠中期】腰痛の原因、症状、対処法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中期(5カ月~7カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る