【妊娠中期】腰痛の原因、症状、対処法

良ければシェアをお願いします。

背中

妊娠初期も終わり精神的にちょっと安心する妊娠中期。それなのに運動をすることはおろか、歩くことや横になることさえつらいという方もいらっしゃるようです。「運動をしたいけど身体を動かすことが苦しい」とジレンマに陥っている方も多いのではないでしょうか?今回はそんな妊娠中期の「腰痛」にスポットを当てて解説していきます。対処法などもご紹介いたしますので、腰痛にお悩みの方はぜひ役立ててくださいね。

スポンサーリンク

妊娠中期の腰痛の原因と症状

スーツ

1.赤ちゃんの成長に伴う姿勢の変化

妊娠中期になると赤ちゃんの成長も進み、お腹も大分大きくなってきていますね。妊娠すると女性は10㎏前後体重が重くなります。体内の臓器は子宮に圧迫されてギュウギュウになり、骨盤や腰椎に負担がかかります。すると自然と重心は前方へと傾きます。そのまま前に重心がかかっていては立つことができないのでバランスをとるために背中や腰に力が入ってしまいます。これが腰痛の原因です。

2.体内ホルモンの変化

妊娠をすると出産に向けてリラキシンというホルモンが分泌されるようになります。リラキシンは卵巣や子宮、胎盤から分泌されます。赤ちゃんがお腹の中からスムーズに出てこられるように、関節や靱帯を緩めてくれる効果があります。しかし、関節や靱帯が緩むということは他の筋肉がそれらの役割の分も負担するということになります。その負担が腰にきてしまい、腰痛を引き起こしてしまうのです。妊娠中期から少しずつ始まり、妊娠後期にはさらにひどくなるとされています。

3.長時間同じ姿勢をとっているため

お腹が大きくなってくるとあまり動かなくなり、背中をのけぞってお腹を突き出したような体勢でいることが多くなります。楽な体勢ではありますが、同じ体勢で長時間いると腰痛の原因となりますので、注意しましょう。

4.不安からくる筋肉の緊張

妊娠中期になるとだんだんと出産が現実味を帯びてきて不安になってしまうことも増えます。人間は不安になったり緊張したりすると無意識のうちに筋肉が緊張してしまうことがあります。身体がこわばってしまうと、肩や腰に力を入れてしまいがちです。これにより肩こりや腰痛になってしまうのです。

5.スマホやPCの使用によるもの

妊娠中は動くことが億劫になるため、近年ではスマホやPCを使ってネットスーパーや通販などで買い物をする方も増えてきています。それ以外にも時間をつぶすためにゲームをしたり、SNSをしたりしていることもあるでしょう。スマホやPCをしているときは基本的に同じ体勢でいます。

それにより骨盤が硬直してしまい、腰痛を引き起こすことがあります。また、目を酷使することにより首や肩が凝ることがあります。その影響が腰痛となってあらわれることもあるようです。

合わせて読みたい

【妊娠中期】吐き気の原因、症状、対処法
妊娠中期なのに「吐き気」と聞くとなんだかげんなりしてしまいますが、妊娠中に起こる吐き気は避けることのできない症状です。つわりは妊娠初期~妊娠中期の序盤という印象がありますが、妊娠中期でも吐き気が治まらずに続くこともあります。今回はそんな「妊娠中期に起きる吐き気」に着目してみましょう。原因と症...

妊娠中期の腰痛の対処法

ボーダー

1.かかとの低い靴を履く

妊娠をしたら5㎝や8㎝などの高いヒールの靴を履くことは避けましょう。転倒する危険性もありますし、脚の筋肉を使うため腰痛にもつながります。ヒールを履く場合には3㎝以下のもの、可能限りペタンコ靴を履くようにしましょう

2.身体をあたためる

現代ではシャワーで入浴を済ましてしまう方も増えていますが、妊娠中は身体を芯から温めるため湯船につかるようをおすすめします。固まった筋肉を凝りほぐし、腰痛も改善されます。湯船につかることが難しい場合は足湯でもOK。日常生活ではきちんと靴下を履き、お腹まわりを冷やさないように注意してください。

また、蒸しタオルで患部を直接温めることも効果的です。濡らしたタオルを電子レンジでチンするだけなので、「つらい」と思ったときにすぐできる対処法です。レンジから取り出すときや患部に当てるときにはやけどに気を付けてくださいね。

3.ストレッチやマタニティヨガをする

軽いストレッチやマタニティヨガが腰痛改善に効果的とされています。ヨガの中でも「猫のポーズ」と言われるものは特に効くとされているのでぜひトライしてみてくださいね。

4.妊婦マッサージを受ける

自分でやっても痛みが治まらない場合には妊婦マッサージを受けることも良いでしょう。他人にやってもらうのは恥ずかしいという方は、スキンシップを兼ねて旦那さんにお願いしてはいかがですか。背骨からお尻にかけてゆっくりもみほぐしていくことがポイントです。また最近では妊婦マッサージ専門サロンもあるので、「プロに人に施術してほしい!」という人はぜひ日々の疲れを解消してみては。

5.骨盤ベルトを使用する

腰痛の改善・予防ともに役立つグッズが骨盤ベルトです。ホルモンによって緩んだ関節をしっかりとささえてくれる優れものです。きちんと妊婦さんに配慮した設計になっていますので、お腹の赤ちゃんが窮屈な思いをする心配もありません。

6.寝具や寝方を変えてみる

腰が痛い場合には柔らかい寝具ではなく、身体を安定させるために硬い寝具を使用することをおすすめします。そして横向きで寝て、抱き枕などをしようすると腰の負担も減り、腰痛は少しずつ改善されるかと思います。

合わせて読みたい

【妊娠中期】頭痛の原因、症状、対処法
妊娠初期の体調の波を乗り越えて、ようやく落ち着いてきたと思った妊娠中期。その時期に頭がガンガンするとつらいですね。仕事や家事にも集中できませんし、やる気もそがれてしまいます。今回は妊娠中期に起こる「頭痛」に注目して解説していきます。頭痛の原因と症状、対処法も併せてご紹介いたしますので、ぜひ参...

湿布はOK?NG?

白シャツ

腰痛といえば湿布ですよね。患部に貼るとスッと楽になることがあります。しかし、基本的に妊娠中は湿布の使用は控えましょう。市販の湿布には刺激の強い成分が多く含まれており、使用すると羊水過多や腎障害を引き起こし、赤ちゃんに悪影響を与えかねません。また塗るタイプのものも同様の成分が含まれているのでNGです。

どうしても湿布などがほしいという場合には、かかりつけの医院を受診して先生に相談してみましょう。

おわりに

腰痛がひどい場合には夜眠ることも困難になり、腰も痛いし寝不足で頭も痛いという日々が続くようになってしまいます。ご紹介した対処法を試しても生活が改善されない場合には、病院へ行き、症状を話して医師と改善方法を相談してみましょう。

ピックアップ

妊娠中期ならではの身体の変化や症状を知っておこう!
妊娠中期になると、身体にも大きな変化が出てきます。個人差はありますが、つわりの症状もだいぶ軽くなってきたり、胎動も徐々に感じられることによって、より一層母親になる自覚が出てきます。精神的にも落ち着いてくるので、赤ちゃんの成長が楽しみになってきます。初めて妊娠をされる方の中には、自身の体の変化...
マタニティビクスで運動不足を解消!得られる4つの効果
妊娠中のよくある悩みごとに、「運動不足」や「体重管理」が挙げられます。そうした悩みの解消のために積極的に外出したり、食事に気を遣ったりと工夫されている方も多いようです。 妊娠中に激しい運動をすることには抵抗がありますが、「マタニティビクス」なら妊婦さん向けのプログラムや動きで、自分のペースに合...
妊娠中期の貧血に注意!兆候・症状・原因・対策法まとめ
女性が妊娠中に気を付けなければいけないことのひとつに貧血があります。なんと、全妊婦の約20%に貧血が発症するといわれているのです。そもそも女性は男性に比べ貧血になりやすくなっていますが、妊娠するとその傾向がさらに高まります。 なかでも特に多い時期が、妊娠中期です。正しく対処しなければ、おなかの...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【妊娠中期】腰痛の原因、症状、対処法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中期(5カ月~7カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る