妊娠後期に訪れる腰痛の原因と6つの対策法

腰痛の妊婦

妊娠後期には、妊娠する前に腰痛がなかった人でも症状が現れることがあります。妊娠中は安易に薬を飲むこともためらわれるので、対処には頭をひねらせてしまいますよね。症状が続くとストレスも溜まってしまいますが、妊娠中にストレスは大敵です。今回は、ストレスをためてしまわないためにも、妊娠後期の腰痛の原因と対策法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

妊娠後期の腰痛の原因と注意点は?

まずは、妊娠後期に何が原因で腰痛になってしまい、対策を行う時に何を注意していけばいいのかを紹介していきます。妊娠前から腰痛対策を行っていた人は、妊娠中に行うと危険な場合もあるので特に注意してください。

妊娠後期の腰痛は体制の変化が原因

妊娠後期の腰痛の原因は、体勢の変化が原因によって引き起こされます。妊娠してお腹回りが目立つようになってくると、妊娠前に比べて体にかかる負荷は増加しています。常に数キロの重さをお腹に抱え続けている状態になるため、一瞬も休まる暇がなくなってしまうのです。これによって背骨には負荷がかかり続けて、腰痛の症状が起こってしまいます。

ホルモンバランスやストレスでも腰痛は引き起こされる

妊娠後期にはホルモンバランスが変わっていきますが、それも腰痛の原因となります。妊娠後期には産道を広げるための、リラキシンというホルモンの一種が分泌されますが、これはじん帯等を緩める効果があるので、骨盤が広がり負荷が強くかかってしまいます。また、ホルモンバランスの変化によってストレスがたまると、些細なことでもイライラしてしまいます。そして、ストレスが溜まっていると筋肉の収縮などが強く出るため、これも体に負荷をかけてしまいます。

妊娠中の腰痛対策にはどんな注意点があるのか?

妊娠中には腰痛対策を行っていくにも注意が必要です。まず、薬を使って対策を行っていくのは、出来るだけ避けたほうが良いものです。市販の薬であっても妊娠中は赤ちゃんへ与える影響があるので、お医者さんに相談せずに服用してはいけません。また、見落とされがちではありますが、湿布を利用していくのも控えるようにしましょう。薬と同じで赤ちゃんへ悪影響を与えてしまうことがあります。

合わせて読みたい

妊婦さんがなりやすい恥骨痛って?原因と3つの対処法
妊娠をすると、体にさまざまな変化が起きます。その変化のなかには、「痛み」をもたらすものもあります。もちろん個人差があるのですが、人にとっては、下半身の痛みに悩まされることもあるでしょう。 今回は、そんな下半身の痛みのなかから、「恥骨痛」を取り上げます。 恥骨痛とはどんなものか 恥骨痛(...

妊娠後期の腰痛に効く具体的な対策は?

薬を使うのを控えなければいけないのであれば、妊娠後期の腰痛対策には何があるのでしょうか。ここでは、妊娠中であっても行うことが出来る対策を紹介していきます。過ぎに始めることが出来るものもあるので、一つずつ確認していきましょう。

準備なしで始めることが出来る対策

なんの用意もなく始めることが出来るものとしては、単純ではありますがストレッチが有効です。腰痛の原因の一つに筋肉の収縮がありますが、それを解消するためにはストレッチが有効です。無理のない範囲で体を動かしていくことによって、体凝りをほぐしていくことが腰痛の解消につながります。手軽にできるものとしては、ほかにもマッサージなどがありますが、その際はおなかに負担をかけるようなものは行わないようにしましょう。

適度に体を動かして行う腰痛対策

筋肉の収縮をほぐすためには、体を動かすことも必要です。もちろん激しい運動などはできませんが、マタニティヨガやスイミングなどであれば、妊娠中でも安心して行うことが出来ます。体を動かすことは筋肉をほぐすだけでなく、ストレスの解消にも役立ちます。楽しみながら行っていくことが出来ればさらに効果は上がるので、自分が楽しく続けられるようなものを見つけていきましょう。

骨盤ベルトを巻くようにしていく

妊娠中に骨盤ベルトを巻くことは、体への負荷を軽減させるものなので、腰痛の原因を根本から減らしていくことが出来ます。特に何をする必要もなく、腰に巻いておくだけなので対策としては一番簡単です。ただし、骨盤ベルトは自分の状況に合わせたものを正しい位置でつけないと効果が発揮されないので、お医者さんに相談しながら選んでいきましょう。

合わせて読みたい

妊婦さんはしんどい!腰回りのマッサージで癒やしてあげよう
妊娠中は赤ちゃんの成長に伴い、ママの体重もどんどん増えていきます。妊娠後期になれば平均で10kg前後、多ければ20kgほど体重が増加するママもいるほど。 そうなると、負担がかかってくるのが腰や足です。妊婦さんの多くが腰痛に悩まされていると言われており、そのつらさは男性ではわからないものかもしれ...

普段の生活から症状を改善するには?

いくつかの妊娠後期の腰痛対策を紹介していきましたが、時間や場所の関係で実際に行うことが出来ないものもあったかもしれません。ここでは、普段の生活の中から症状を改善していくためのポイントを紹介していきます。

手軽にできる趣味を見つけていく

妊娠中はとにかく精神的に不安定になりやすいものです。妊娠中はストレスの発散方法も制限されるので、精神的にもつらく、腰痛もつらい状態になってしまいます。そのため、手軽にできる趣味を普段の生活に取り入れていくのが症状を改善するポイントとなります。一日の中の10分や20分の時間でも、趣味の世界に入ることが出来る時間を作っていくとストレスの解消に役立ちます。

重いものを持たず体勢に気を付ける

普段の生活の中から症状を改善していくには、負担の解消も大切ですが、負担そのものをなくしていくことが重要です。そのためには、出来るだけ重いものは持たないようにしたり、楽な体制をとり続けるように気を付けましょう。横になっているときなどはシムスの体位などを行っていくようにすると、負担の少ない生活を贈ることが出来ます。

体を冷やさず暖かい状態を保ち続ける

妊娠中以外でもそうですが、腰痛に体の冷えはよくありません。出来るだけ暖かい恰好をしながら、汗をかいてしまった場合はすぐに着替えることを心がけていきましょう。汗をかいて着替えずにいると服を着こんでいても体は冷えていきます。体を冷やしてしまうことは、腰痛だけでなく、お腹の中の赤ちゃんにも影響が出てしまうことがあるので、十分に注意が必要です。

おわりに

妊娠後期の腰痛は、精神的にも肉体的にもつらいものです。しかし、対策さえしっかりと行っていくことが出来れば、そのつらさは軽減することが出来ます。自分のつらさが減っていくことは、最終的にはおなかの中の赤ちゃんの安全にもつながります。我慢をするのではなく、積極的に対策を行っていき、赤ちゃんを迎えてあげましょう。

ピックアップ

動悸を感じて寝苦しい!妊娠後期に動悸が起こりやすい理由
妊娠中、女性の体には様々な変化が起こっています。子宮内で胎児が生育していくことによる影響と、その状態を維持するために人体が変化していることによる影響があるためです。 妊娠中にどのような症状が発生しやすいのかをよく知らないと、実際にはそれほど問題がないことであっても、大きな不安を感じてしまうこと...
妊娠中に冷え性になりやすい3つの理由
冷え性は体質的に女性がなりやすい症状ですが、特に妊娠中に冷え性になる方が多いようです。体の冷えはお腹の赤ちゃんに良くない影響を与えてしまう恐れがあると言われていますが、なぜ妊娠中は冷え性になりやすいのでしょうか? 今回は、妊娠中に冷え性になりやすい3つの理由と、冷え性による影響や対策につい...
大きいお腹が原因!妊娠中の体型変化でおこる4つの困ったこと
妊娠中には、経験してみなければわからないことがたくさんあります。しかし、情報を得ておけば、事前に良い心構え、準備ができます。妊娠で大変なのは、つわりだけではありません。お腹が大きくなるにつれ、困ることも増えていきます。 今回は、妊娠中の体型の変化とともに起こる4つの困ったことと、対処法をまとめ...
姪達に囲まれて生活しているライター兼編集者です。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠後期に訪れる腰痛の原因と6つの対策法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る