良ければシェアをお願いします。

妊娠後期のイライラの原因はなに?5つの対処法をご紹介!

良ければシェアをお願いします。

イライラする妊婦

「赤ちゃんとの対面まであと少しなのに、なぜか最近イライラする・・・」妊娠後期に入って、そんな戸惑いを感じている方も多いと思います。実は、妊娠後期のイライラは特別なことではなく、妊婦さんの大半が経験することなのですよ。今回は、妊娠後期のイライラの原因と5つの対処法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

妊娠後期のイライラの原因

妊婦

まずは、イライラの原因を知ることが重要です。妊娠後期にイライラを感じる主な原因をまとめました。

ホルモンの分泌

妊娠中は、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン卵胞ホルモン)という2つの女性ホルモンの分泌が活発化します。プロゲステロンには子宮を良好な状態に整え妊娠を維持する働き、エストロゲンには子宮や胎児の発育を促す働きがあります。どちらも妊婦さんには必要なホルモンですが、妊娠後期に入ると、これらの分泌量がさらに増えることで、ホルモンバランスが急激に乱れるため、イライラや情緒不安定を引き起こします。

妊娠後期になるとお腹もかなりの大きさになるため、思ったように動けなくなったり、肩こりや腰痛に悩まされたりと体の不調を感じることも多くなります。また、「体が重い」「呼吸が苦しい」「胎動が激しい」といった理由から睡眠不足に陥ることもあります。そのため、妊娠後期の体には疲労が蓄積しやすくなり、それらがストレスとなって、イライラを引き起こします。

また、「夫が自分の気持ちを察してくれない」「上の子供の世話が思うようにできない」など、家族への不満がイライラの原因となる場合もあります。

出産や産後の生活への不安

初めての出産の場合、「陣痛の痛みはどのようなものか」「どれくらい時間がかかるのか」「無事に産めるのか」など出産に対して不安に思うことがいくつも出てきます。また、赤ちゃんが生まれた後の生活についても分からないことが多く、気がかりなことは多いでしょう。そのような不安感が妊娠後期のイライラの引き金になることもあります。

イライラは赤ちゃんに影響する?

胎児

イライラがお腹の赤ちゃんに与える影響について詳しくは解明されていませんが、妊娠中のストレスが早産流産のリスクを高めるという研究結果もあります。ストレスを受けると血管が収縮し、子宮収縮や血流の悪化を招くことによって、胎児の発育が悪くなってしまう可能性があると言われています。

合わせて読みたい

妊娠中のストレスを解消する3つの方法
妊娠中は様々なストレスにさらされますが、特に初めての出産の場合はお腹にいる赤ちゃんのことを考えて、「自分はこの子にとって良い母親になれるのだろうか」という不安が一番大きなストレスになると思います。 誰もが抱えるストレスですが、ずっと解消されないままでいると、胎児にとっても自分にとっても悪影響を...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠後期のイライラの原因はなに?5つの対処法をご紹介!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る