妊娠後期に風邪をひいたら赤ちゃんに影響する?正しい対処法3選

スポンサーリンク

妊娠後期に風邪をひいたら赤ちゃんに影響する?正しい対処法3選

妊娠中は、女性にとって非常にデリケートな時期となります。普段ならば自分のことだけを考えれば良いようなときでも、お腹の子供のことを考えなければなりません。例えば自分の体調のことも、自分だけの問題ではなくなってしまいます。

そんな体調に関して、考えなければならないのが「風邪」です。妊娠中は通常に比べて免疫力が低下してしまっている状態になっていることが多く、通常よりも風邪をひきやすくなってしまっていることが多くあります。

ただ、通常ならば風邪は薬を使えばそれほど時間をかけずに治せるものですが、問題は妊娠中の場合、薬が子供に影響を懸念があることです。そこで妊娠後期に風邪をひいた場合の対処法を三つ、ご紹介します。

1.かかりつけの産婦人科にかかる対処法

産婦人科

妊娠中に風邪をひいてしまった場合、まず考えられる対処法は普段検診に使用している産婦人科で診療を行ってもらうことです。

妊婦の体調管理についても産婦人科の仕事の範囲であるため、風邪であれば十分対処してもらうことが可能です。当然、普段受診していることで妊娠中であることが伝わっているため、妊娠中であることを伝える必要がありません。

基本的には、風邪とは言え自分だけで判断することは難しいため、まずは一度産婦人科を受診し、どのような状態であるのかを確認しておくようにしましょう。

それほど問題がないということが分かれば、それで安心して治療を進めることができます。

合わせて読みたい

妊娠後期に頭痛が激しくなる原因って?三つの対策と解消方法
女性の体は、妊娠をすることで大きな変化をします。妊娠中にはそうではない時には考えられないような体調に悩まされることも少なくありません。 ...

2.その他の病院にかかる対処法

母子手帳

では、普段使っている産婦人科医院が物理的に離れているなどの事情がある場合はどうするのが良いでしょうか。

風邪の疑いがあるときにあまり長距離を移動するのもかえって体に良くないため、その場合には、別の病院で診療を受けるという方法を考えることができます。

風邪の診療であればおおむねどの診療科の病院であっても対応してもらうことができるため、最寄りの病院を利用するので十分でしょう。

ただし、この場合注意しなければならないのは、自分が妊娠中であることを明確に伝えることです。

妊娠後期となるとお腹も大きくなっており、分かってもらえる場合が多いですが、人によっては見た目にでにくい場合もあり、妊娠中であることが分かってもらえない場合もあります。

妊娠中に飲むと胎児に悪影響がでてしまう薬もあるため、そういったものを避けて薬の処方を受けることができるように、ちゃんと母子手帳を出して妊娠中であることを伝えて治療してもらいましょう。

とは言え、妊娠中には全ての薬を使うことができないというわけではありません。一部の薬さえ避けていれば、特に問題なく治療を行うことができます。

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠後期に風邪をひいたら赤ちゃんに影響する?正しい対処法3選
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る