妊娠初期から要注意!流産の種類と原因について

スポンサーリンク

考える妊婦
妊婦さんにとって、もっとも気をつけなければならないこと。それは流産の可能性です。
「流産」という不吉な事柄について、「考えたこともない」という妊婦さんは多いと思います。しかし、最悪の結末を回避するためにも、「流産にはどういう種類があり、なぜ起こるのか?」を知っておくことは重要なことです。多くの場合、流産は先天的な原因によって発生しますが、中には対策をとることで予防できるものもあるからです。
ここでは、そんな妊婦さんの流産対策のために、流産の種類や原因をご紹介します。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

切迫流産

切迫流産は、正確には「流産しかかっている状態」のことをいいます。一般的な「流産」のイメージというと、「胎児が死亡してしまっている」状態のことを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、切迫流産の場合はあくまで「未遂」の状態であり、早急に対処を行うことで、妊娠を継続し、出産できる可能性が高くなります。

症状

切迫流産は多くの場合、下腹部に痛みが走ったり、出血が発生したりします。妊娠中には同様の症状が起こることも多く、判別は難しいかもしれません。しかし、最悪の場合を考え、下腹部の痛みや出血があった場合は、すぐに医師に相談するようにしましょう。

原因

切迫流産の原因は、子宮筋腫などの子宮に関係する病気や、子宮内の炎症、身体の冷えやストレスであると考えられています。

対策

切迫流産を避けるためには、妊娠中にストレスを感じないよう心がけることが重要です。
合わせて読みたい

切迫流産と切迫早産の違いってなに?時期や症状は?
切迫流産と切迫早産の違いってなに?時期や症状は?
「赤ちゃんは十月十日で産まれてくる」と昔から言われているように、およそ10カ月の間母体の中で育つことが理想的であると考えられています。し...

稽留流産

稽留流産は、「赤ちゃんが死亡した状態のまま、胎内に残っている状態」のことをいいます。稽留流産かどうかを判断するには、エコー検査などを行うしかありません。稽留流産後は、赤ちゃんを子宮から取り出す手術を行わなければなりません。その後、新たに妊娠できる身体が作られるまで、半年程度の時間が必要だといわれています。

症状

特にこれといった症状がなく、妊娠中特有の症状(「つわり」など)も続くため、流産に気づかない場合がほとんどです。

原因

稽留流産の主な原因は、染色体異常などの先天的要因が大部分だといわれています。このほかにも、子宮の代謝が良くないことが原因で、うまく胎盤が作れず、赤ちゃんが育ちにくい環境になってしまっていることも原因の一つだと考えられています。

対策

妊娠初期に軽い運動を行い、血行をよくすることで、稽留流産を予防することができるといわれています。代謝が活発化するためことで、赤ちゃんが育つ身体の環境を作りやすいと考えられているからです。掃除や洗濯、軽いウォーキングなどは、身体への負担も少なく、妊娠初期の運動に向いているでしょう。
合わせて読みたい

切迫流産で自宅安静に…生活範囲はどこまで制限される?
切迫流産で自宅安静に…生活範囲はどこまで制限される?
妊娠中には、思いもよらないトラブルが生じる場合があります。その一つが、切迫流産です。切迫流産とは妊娠22週未満で流産しかかっている状態の...
22歳。B型。既婚。 現在妊娠9ヶ月。妊娠中の食欲が増す、太りやすくなるを完全になめきっていたため、妊娠前とくらべて20kg近く体重が増加しました。 妊娠の経験を活かし、妊娠中の注意点、妊娠中に必要な基礎知識の記事を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠初期から要注意!流産の種類と原因について
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る