イレウス(腸閉塞)の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

良ければシェアをお願いします。

イレウス(腸閉塞)の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

腸閉塞とは、お腹が張る膨張感による痛み、吐き気や嘔吐を引き起こす病気です。腸閉塞の前兆は胃から腹部にかけて膨らんでくることが特徴です。これは腸の中で食べ物が詰まっていることが原因とされています。口から摂取した飲食物は胃から小腸、大腸を通って消化・吸収され、便となって肛門から排泄されます。

また、唾液や胃液などの消化液が胃腸のなかに分泌されますが、これも小腸や大腸で吸収されて残りは便とともに排泄されます。これらの食べ物や消化液の流れが小腸や大腸で滞った状態が腸閉塞です。腸が拡張して張るため、お腹が痛くなり、腸の内容物が逆流して吐き気を催し、嘔吐することも。腹痛に関しては突発的で、刺すような深い痛みが特徴的とされています。

腸閉塞はよく耳にする一般的な病気ですが、放置しておくと死に至ることもある大変な病気です。まずはイレウスの症状から見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

イレウス(腸閉塞)の症状について

腹部が膨満して強い痛み

上記したように、イレウスの症状は突発的なことが特徴として挙げられます。食べたものが腸につまり、突然腹部が膨満して強い痛みと吐き気が起こります。痩せている人の場合は腸が膨張している様子が外側から見えることも。痛みに関しては激痛が続く場合と、強い痛みの後、しばらくすると少し和らぎ、またそれを繰り返すという疝痛発作が続く場合があります。

吐物は初め、胃液や胆汁ですが、進行すると小腸や大腸から逆流してきた腸の内容物となり、下痢の際の便のような色合いで便臭を伴うようになります。これはいわゆる吐糞症と呼ばれるものです。嘔吐の直後は腹痛や吐き気が一時的に収まることもあるようです。

また、より症状の重い腸閉塞の場合では、激しい腹痛が休まることなく続き、時間と共に顔面蒼白、冷や汗や冷感も見られ、脈や呼吸にも影響が及び、ショック状態になることもあります。

イレウス(腸閉塞)の診断基準

X線、超音波、CT検査を用いた診断を行います。腸間膜が圧迫されたり、ねじれたりする、

絞扼性腸閉塞と区別することが重要とされていますが、これはとても困難だとされています。万が一、絞扼性腸閉塞と診断された場合には手術療法が用いられることになります。

合わせて読みたい

妊娠超初期症状と生理前症状の3つの違い
「いつもと違う、これは妊娠初期症状かも」と思っていても、生理が来てしまいガッカリ・・・なんてことありませんか?妊活中の方は、とくに妊娠初期症状に敏感で、症状が少しでも当てはまっていたら妊娠の可能性を信じてしまいがちです。 妊娠初期症状と生理前症状は、実はとてもよく似ています。ちょっとした違...

イレウス(腸閉塞)になる原因

高齢の女性では大腿ヘルニアと呼ばれる脱腸のひとつも腸閉塞の原因

イレウスの場合、症状の原因が腸の外側にある場合と内側にある場合があります。外側に原因がある場合とは、腸が圧迫されたり、ねじれたりしている場合です。腹部を切る手術(開腹手術)をしたことのある場合、腸と腹壁、腸同士の癒着に原因があることも。最も一般的な場合は、癒着の部分を中心に腸が折れ曲がったり、ねじれたり、癒着部分でほかの腸が圧迫されたりして腸が詰まってしまうようです。

また、高齢の女性では大腿ヘルニアと呼ばれる脱腸のひとつも腸閉塞の原因となりかねます。

さらに、腸自体が圧迫されたり、ねじれたりするだけでなく、腸に酸素や栄養分を送る血管が入った膜(腸間膜)も圧迫されたり、ねじれたりして血流障害を起こしたものを「絞扼性腸閉塞」と呼びます。

これは早期に手術を行わないと死に至る、おそろしいケースです。腸の内側に問題がある場合ですが、大腸がんによる閉塞があり、高齢者で便秘傾向の方では硬くなった便自体も腸閉塞の原因となるようです。

イレウス(腸閉塞)の治療法は?

点滴による栄養補給

腸閉塞といっても種類はさまざまで、それによって治療法も変わってきます。まず、癒着性腸閉塞や麻痺性腸閉塞の場合は、保存療法という方法が用いられます。

手術療法もありますが、外科手術を行うと、再び癒着を起こすリスクが高まるからです。保存療法では点滴による栄養補給を行いながら、絶飲食で腸閉塞の回復を待ちます。

状況によっては鼻からチューブを入れて腸の内容物を排出し、腸管内の圧力を下げることもあるようです。保存療法を1週間程度続けても効果が無く、再発を繰り返す場合は手術の検討も想定されます。

いっぽう腸がねじれてしまっている、絞扼性腸閉塞の場合は、腸の壊死が進まないうちに手術を施し、原因を解消します。すでに壊死が起きてしまっている場合にはその部分を切除します。なお、腫瘍による腸閉塞の可能性もあり、その場合は可能な限り切除手術を施します。

上記のように、基本的に絞扼性腸閉塞でない限りは保存的治療を行います。おならや便が出れば、腸の通過障害は治ったと認められます。しかし再発の可能性も残っているので、治療がひと段落したからといって病院に行かなくなる、というようなことはしないようにしましょう。

合わせて読みたい

妊娠の兆候はいつから?13の妊娠超初期症状をチェック!
妊娠超初期症状とはどんな症状があるのだろう・・・いつごろからわかるのだろう・・・など、妊娠したかどうかについての症状は誰もが気になることだと思います。いち早く妊娠を迎える準備をしたいと思っている方に、妊娠初期症状より先に分かるとされる様々な妊娠超初期症状13のチェックリストをご紹介します。 ...

イレウス(腸閉塞)の予防について

整腸作用がある漢方薬や下剤の内服も効果的

腸閉塞の予防において最も大切なことは、腸を詰まらせないことです。その大前提として、便を詰まらせないよう、規則正しい排便習慣を身につけましょう。そのためにはまず食事の栄養バランスに気を配ることが大切です。乳酸菌を含むヨーグルトなど、整腸作用のある食べ物を積極的に摂取しましょう。

食物繊維を摂ることも有効ですが、高齢者の場合は食物繊維の摂りすぎはかえって腸を詰まらせる原因にもなりかねます。加齢にともない、腸の働きが衰えると便秘気味になることもあるので、食生活には十分注意するようにしましょう。

頼りすぎは禁物ですが、整腸作用がある漢方薬や下剤の内服も効果的と言えるでしょう。ただし、ご存知の方も多いとは思いますが、下剤の副作用は強いものがほとんどです。常用をすることで、腸の働きが弱まり、下剤を使用しないと排便ができなくなってしまうこともあるので、使い過ぎには気を付けてください。

先に述べたように、食事のバランスに注意することは腸閉塞を防ぐ一番の近道です。そのためには水分をこまめに取り、消化の良いものを選ぶように心がけましょう。実際、再発予防の際にも食事療法は有効とされています。ゴボウ、セロリ、ゼンマイ、たけのこなどの不溶性食物繊維は、腸に負担がかかるので食べ過ぎには注意です。

イレウス(腸閉塞)の入院の必要性は?

腸閉塞の場合、入院は必要不可欠です。社会医療法人財団慈泉会相澤病院が公表した結果によると、腸閉塞で入院した患者の平均的な入院日数は13.3日となっています。治療法により入院期間は異なりますが、平均して10~15日程度と言えるでしょう。

参考:社会医療法人財団慈泉会相澤病院

おわりに

腸閉塞は自然治癒できる病気ではありません。少しでも予兆が見られた場合にはすぐに病院に行きましょう。また、暴飲暴食や過度なストレスは腸閉塞の原因になります。バランスよく規則正しい食事を心がけ、適度に息抜きをして予防に努めましょう。

ピックアップ

排卵→受精→着床→妊娠までの流れと日数
妊活という言葉ができ、妊娠に向けて夫婦で頑張っている人達も少なくありません。妊娠までの流れは大きく4つのステップに分かれており、全てクリアしてやっと赤ちゃんを授かることができます。 受精卵が着床して妊娠が成立するまで、体の中で起こっている変化を正しく知ることは妊活の第一歩です。ここでは排卵から...
妊娠しやすい人、しにくい人の特徴
子どもが欲しいと思っても、なかなか恵まれないと悩む女性は多くいます。特に妊活中は、それがストレスとなり、かえって妊娠しにくい環境を作り出してしまうこともあります。すぐに妊娠の兆候が見られる人と、見られない人には、どのような違いがあるのでしょうか。今回は、「妊娠しやすい人」と「妊娠しにくい...

https://tamagoo.jp/ninkatsu/woman-or-man-sex-selection/

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
イレウス(腸閉塞)の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る