【妊娠糖尿病】誰でも発症する可能性がある?!赤ちゃんへの影響は?現役ナースの体験談あり

妊娠糖尿病
みなさんは妊娠糖尿病と聞いて、どのようなイメージを思い浮かべますか?現役ナースの私も実は第2子を妊娠中に妊娠糖尿病と診断されました。病名に「糖尿病」とつくので、標準体重で甘いものが苦手な自分には全く関係のない病気だと思い込んでいたせいか、実際に診断を受けたときは本当にショックでした。ここでは妊娠糖尿病の原因や治療法はもちろんですが、気になる赤ちゃんへの影響についてなども詳しく解説していきます。そして後半には実際に私が妊娠糖尿病を通して経験した内容なども載せていますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

妊娠糖尿病ってどんな病気なの?

妊婦さんの疑問
妊娠中はからだの中でさまざまな変化が起き、予想外のトラブルを起こしてしまうことがあります。妊娠糖尿病もそのひとつです。妊娠糖尿病は、今まで健康診断などで血糖値などの糖尿病関連の異常を指摘されたことがないのに、妊娠してから発見される糖の代謝が異常のことをいいます。妊娠前からすでに糖尿病と診断を受けている方の場合は「妊娠糖尿病」には含まれません。

妊娠糖尿病になると何が怖いの?

妊娠糖尿病により糖の代謝がうまくできず、血糖値が上がった「高血糖」の状態になると、お母さんのからだだけではなく、おなかの赤ちゃんも高血糖になるので、母子ともに悪影響が出る可能性が出てきます。例えば、お母さんのからだでは高血圧や羊水の量が増えすぎる羊水過多症になる危険性などがあります。またおなかの赤ちゃんも流産の危険性が高まり、奇形などの形態異常、赤ちゃんが大きくなりすぎてしまう巨大児などのリスクも考えなければなりません。
妊娠糖尿病の妊婦は、しっかりと血糖をコントロールして健康な赤ちゃんを産むことができるよう、産科医や助産師の他に内科の医師や栄養士のサポートが必要になります。

妊娠糖尿病の原因ってなに?

妊娠糖尿病の主な原因は、妊娠によるホルモンバランスの変化です。妊娠中、赤ちゃんはへその緒を通してお母さんから栄養をもらうのですが、その栄養源となるのが炭水化物や甘いものに多く含まれるブドウ糖です。食事の後、お母さん自身が全てのブドウ糖を吸収してしまわないように、糖の分解・吸収を促すインスリンの働きを抑え込むホルモンが分泌され、赤ちゃんにもブドウ糖が流れるようにからだが変化します。それによって、お母さんのからだは糖を分解しにくくなり、妊娠中は血糖値が上がりやすくなってしまうのです。
また、家族に糖尿病をわずらっている人がいる場合や、35歳以上の高齢出産、もともと肥満体形の妊婦などは妊娠糖尿病の発症のリスクが高いといわれています。

妊娠糖尿病の検査ってどんなことをするの?

病院の妊婦さん
検査と聞くと「痛いのかな?」「どれくらいの時間がかかるの?」と疑問に思う方もいると思いますので妊娠糖尿病の検査とは一体どんなことをするのかを詳しく説明したいと思います。検査についての理解を少しでも深めておけば、検査当日も心に余裕を持つことができて安心です。

尿検査

妊婦健診のたびに採る尿検査の中には、尿に含まれた糖の濃度を確認する「尿糖」という項目があります。食物からとった糖分が体内で消化吸収しきれず、尿で流れ出てしまうと尿糖が検出されます。妊娠中は特に尿糖が出やすい体質になることと、食べたものにも影響を受けるため、一度尿糖が出たくらいでは、すぐに妊娠糖尿病を疑わないことがほとんどですが、妊婦健診のたびに毎回尿糖反応が出る、尿糖の濃度が濃いなどの場合には妊娠週数に関係なく、血液検査で妊娠糖尿病かどうか詳しくみていくことになります。

血液検査1. 随時血糖検査

妊婦健診のときに、妊娠初期の段階で血液検査をして血糖値を確認します。これは血糖のみではなく、合わせて貧血やその他臓器の検査、感染症なども合わせて同時に採血することが多く、食事の制限もないので「知らない間に血糖の検査もしていた」という方がほとんどだと思います。血液検査の結果、血糖値:100mg/dl以上は高血糖と判断され、妊娠周期に関係なくすぐに血液検査③へ進み、再検査となります。

血液検査2.経口ブドウ糖負荷テスト(50gGCT)

妊娠初期の血液検査で異常がなくても、妊娠中期(24~28週)にもう一度血液検査をします。このときも食事制限はせず、ブドウ糖が50g含まれた甘いソーダ水などを飲んで、1時間後に採血をして血糖値をチェックします。血液検査の結果、1時間後の血糖値:140mg/dl以上は高血糖と判断され、血液検査③へ進み、再検査となります。

血液検査3.空腹時経口ブドウ糖負荷テスト(75g OGTT)

血液検査①や②で異常値が出てしまった場合には、再検査として今度は朝食を抜き、空腹の状態でブドウ糖が75g含まれた甘いソーダ水などを飲んで行う75gOGTTが実施されます。ソーダ水を飲む前の空腹時と合わせると合計3回血液を採取します。
高血糖と判断される基準は以下の通りです。

  • 空腹時血糖:92mg/dl以上
  • 1時間後:180mg/dl以上
  • 2時間後:153mg/dl以上

上記三つのうちひとつでも高血糖になっていると「妊娠糖尿病」の診断がついてしまいます。

合わせて読みたい

【レシピ付き】妊娠糖尿病になりやすい食べ物と予防となる食べ物
【レシピ付き】妊娠糖尿病になりやすい食べ物と予防となる食べ物
近年、妊娠糖尿病の検査が厳しくなり、妊娠糖尿病と診断される妊婦さんは少なくありません。妊娠糖尿病になることで、母体だけでなく胎児にもさま...

妊娠糖尿病の治療ってどんな内容?

妊婦さんの食事
妊娠糖尿病の診断がつくと、基本的にはクリニックなどの小規模施設での通院・出産は困難になります。妊娠中の血糖コントロールは内科で行われることと、出産後に赤ちゃんが低血糖を起こしていないかなど小児科医の診察が必要になるからです。

小規模施設での出産を予定していた妊娠糖尿病患者は、主治医に紹介状を書いてもらい、産科・内科・小児科が併設された総合病院などへの転院が必要となります。診断がついてからは通常の妊婦健診に加え、糖尿病の治療として内科通院と栄養士からの栄養指導を受けながら出産まで過ごすことになります。それでは実際に、妊娠糖尿病の方にはどんな治療が行われるのかを紹介していきたいと思います。

毎日の血糖チェックで治療の内容を決める

妊娠糖尿病患者は毎日の血糖チェックが必須になります。回数は朝食前と毎食後2時間で1日4回チェックする人もいれば、朝食後2時間の1回のみという人など、妊娠糖尿病の進行状況や主治医の見解によってさまざまなようです。
血糖を測定する専用道具を病院から借りて、自宅でセルフチェックしていきます。ペンタイプの器具の先に小さい針をつて指先に刺し、少しだけ血液を出して専用のチップに付着させ血糖を測ります。うまくできるか心配な方もいると思いますが、道具を借りるときに看護師がしっかりと指導してくれるので心配はいりません。毎日の血糖値は、支給される糖尿病ノートに記録し、内科受診のたびに医師にチェックしてもらいます。医師は毎日の血糖値の状態から食事の量やインスリンの量、血糖チェックの回数などを調整していきますので、とても重要な指標になります。

食事制限で血糖のコントロールをする

食事の内容で血糖値の上昇は大きく変わっていきますので、妊娠中はどういった食生活をしていけばよいのか指導を受けます。病院に常在している栄養士の方から栄養指導を受けることが多いのですが、看護師から指導を受ける場合もあります。一般の糖尿病患者とは違い、妊娠糖尿病の方は血糖の上昇を抑えつつ、おなかの赤ちゃんのためにもしっかりと栄養を摂る必要があります。
ですから、血糖値の状態だけではなく、妊婦の体重、妊娠週数、赤ちゃんの大きさなどを網羅して食事内容を細かく提案されます。特にご飯や麺類などの炭水化物は、血糖の上昇を促進させてしまうので、少ない量で設定されることになります。栄養指導は出産するまで継続して行われ、厳重に管理されます。

インスリンで血糖の上昇を抑える

食事制限をしても血糖がうまくコントロールできず、血糖値の上昇が目立つ場合には薬剤を使う治療が行われます。通常の糖尿病患者の場合には、血糖値が上がりすぎないようにまずは血糖値を下げる飲み薬を使うことが多いのですが、妊娠糖尿病の場合には一般的に、おなかの赤ちゃんへの影響を考えて飲み薬は使わず、ホルモン剤であるインスリン注射での治療を行います。
インスリンは血糖を抑える作用があり、「朝食前」「夕食前」など医師から指示されたタイミングで毎日自己注射をします。自分で注射をすると聞くと不安になる方が多いと思いますが、注射器はペンタイプになっており、薬がすでに入っているので難しい操作はありません。一度に使用する量もとても微量で、使う針も短くて細いものです。おなかや太ももなどに刺しますが、おなかの赤ちゃんまで針が届くことはありませんので安心してください。

入院をして食事管理やインスリン治療を受ける

妊娠糖尿病と診断がついたら、「まずは入院をしましょう」といわれることも少なくはありません。食事内容やインスリンの使い方などを指導する目的で「教育入院」ともいわれています。教育入院の入院期間は、一般的に一週間程度です。また、教育入院以外でも食事管理やインスリン療法をしているにも関わらず、血糖が安定しない場合などは入院をして血糖管理を徹底していく「管理入院」が必要になる場合もあります。その場合は教育入院より入院期間が長く、場合によっては出産まで入院したままということもあります。

教育入院

患者本人が病気の治療や療養方法について正しい知識を得ることや生活習慣の見直しをすること

管理入院

何らかのトラブルや経過観察の必要があるため出産予定日よりも前に入院すること

合わせて読みたい

10人に1人はなると言われる妊娠糖尿病の原因・治療法
10人に1人はなると言われる妊娠糖尿病の原因・治療法
妊娠すると、妊娠前には考えられない症状に見舞われます。症状が現れない人もいますが、まず体験するのは「つわり」ですよね。そしてつわりが終わ...
30代後半の看護師。整形外科、消化器内科を経て現在は小児科クリニックで管理職を担う。プライベートでは夫と長女(4歳)、次女(0歳)を家族に持つワーキングママ。子育てポリシーは「他人と比べない」こと。正解のない育児に日々、奮闘しながら親も子どもと一緒に成長していきたいと考えている。看護師の経験を活かした医療系の記事を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【妊娠糖尿病】誰でも発症する可能性がある?!赤ちゃんへの影響は?現役ナースの体験談あり
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る