胎児がおなかの中でしゃっくりをするって本当?いつ頃から始まる?

スポンサーリンク

胎児のしゃっくり

妊娠中、赤ちゃんがおなかの中で元気に動いているのを感じると、何ともいえない安心と幸せを感じるものです。ママを幸せな気持ちにしてくれる胎動に、なんだかいつもの動きとはとは違うものを感じたことがある人も多いのではないでしょうか。例えるならそれは、ぴくっぴくっとしたけいれんのような動き。赤ちゃんに何かあったのかと心配にすらなりますよね。でも大丈夫、これは赤ちゃんがしゃっくりをしているんです。今回は、赤ちゃんがおなかの中でしている、しゃっくりについて調べてみました。

そもそもしゃっくりってどうして起きるの?

寝ている新生児
誰もが経験したことがあるしゃっくり。このしゃっくりが起きる仕組みや理由を知っていますか?しゃっくりは自分でコントロールできず、また出るタイミングもまちまちで、時にはこんなときにしゃっくりが出るなんて!と困ってしまうこともありますよね。まずはこのしゃっくりのメカニズムについて調べてみました。

しゃっくりがおこる仕組みと理由

しゃっくりは医学的には「しゃっくり(きつぎゃく)」といい、異常呼吸の一種です。こう聞くとなんだか怖い感じもしますが、特別な現象ではなく誰にでも起こりうる生理現象です。なんらかの刺激で、胸とおなかの間にある横隔膜という大きな筋肉がけいれんし、そのけいれんは声帯へと連動して声帯を収縮させます。狭くなっている声帯を空気が通るときに、あの独特の「ひっくひっく」という音がでます。早食いしすぎたり、満腹になりすぎたり、急に冷たい空気を吸ったりなどの刺激でおこりますが、時にしゃっくりの背後に病気がかくされていることも。あまりにも頻繁だったり、長く続いたりするしゃっくりのときは医師に相談してみるとよいでしょう。

胎児のしゃっくりはまた違う理由でおこります

しゃっくりの直接的な原因は横隔膜のけいれんです。けいれんを誘発するものとしては飲食や飲酒、それから空気の吸い込みなどです。しかし、おなかの中の赤ちゃんはまだ肺呼吸はしていませんし、もちろん食事もしていません。ではなぜしゃっくりが起きるのでしょう?実はまだ胎児のしゃっくりについて明確な原因は明らかではないのですが、いくつかの仮説としてその理由が説明されています。おなかの中で赤ちゃんは、羊水の中に浮かんでいて、肺の中は肺水で満たされ、その肺水を吐き出したり、羊水を飲み込み吐き出したりしています。その際に羊水の中にゴミなどが混じっていて、それを吐き出そうとする反応としてしゃっくりをしているといわれています。

産まれる前から、呼吸の練習をしている!?

また、おなかの中の赤ちゃんがしゃっくりをするもうひとつの理由として考えられているのが、〘肺呼吸の練習をしているというもの〙です。肺の中の羊水を体外に出すために、まるで息をするときのように胸を動かしている胎児の様子が確認されており、これを呼吸様運動といいます。赤ちゃんは生まれると同時に肺呼吸をはじめますが、その際には肺胞は開き、気管・気管支や肺に空気が入ります。そして、それを吐き出すため胸郭や横隔膜の筋肉が動きます。この一連の動きの練習を、おなかの中でしているというのです。何ともけなげで、いとおしい話ですね。

合わせて読みたい

子宮底長を目安に胎児の発育状況を知ろう!
子宮底長(しきゅうていちょう)という言葉を聞いたことはありますか?妊婦さんでもちょっと聞いたことがあるという程度かもしれません。しか...

いつ頃からしゃっくりをはじめるのでしょう

指を握っている新生児
おなかの中の赤ちゃんは、いったいいつ頃からしゃっくりをしはじめているのでしょうか。その答えは、胎児の成長を理解することでみえてきそうです。しゃっくりをするためには、肺や横隔膜の機能が出来上がっている必要があります。それはいつ頃なのか、調べてみました。

胎児の呼吸器が完成するのはいつ頃?

おなかの中の赤ちゃんの肺は、妊娠19週頃までには、ガス交換をするところを除いた主要な部分が完成します。しかし仮にこの時期に産まれてしまったとしても、肺呼吸はまだできません。妊娠26週頃までには肺胞のもとができ、血管も豊富になります。そのため、この時期の出産の場合は、集中治療下での呼吸が可能とされています。妊娠32週頃には、肺胞が膨らむのを助け、またその状態を保つために必要な肺サーファクタントが産生されはじめます。そして妊娠34週にはこの肺サーファクタントが十分な量となり、機能的に成熟します。つまり妊娠34週以降は、おなかの外で自力での肺呼吸が可能ということです。ですが本格的な肺機能の成熟は産まれた後に完成をみます。

しゃっくりができるようになるのは妊娠20週頃から

おなかの中の赤ちゃんがしゃっくりをするときに行っている呼吸様運動は、超音波検査で妊娠16週頃から観察されはじめます。そしてそれ以降、妊娠週数がすすむにつれ、それは活発になっていきます。妊娠20週頃からはしゃっくりしはじめ、妊娠30週以降には1日のうち10~50%も呼吸様運動を行っています。赤ちゃんのしゃっくりは、妊娠がすすむにつれて増えてくるということですね。

ママが胎動として感じるようになるのはいつ頃?

おなかの中で赤ちゃんがしゃっくりをしはじめるのは、妊娠20週目頃。ではそれを胎動としてママが感じるのはいつ頃からなのでしょうか。あるアンケートによると妊娠中期から感じはじめるママが最も多いという結果でした。具体的には妊娠22~24週から感じはじめた人がいちばん多く、次いで妊娠19週~21週という結果に。赤ちゃんが呼吸様運動をはじめる時期と、見事に一致していますね。

合わせて読みたい

妊婦が胃腸炎にかかったときの対処法3選!胎児への影響は?
妊娠中、気を付けなければならないのは胎児の健康ばかりではありません。母体の健康が直接胎児に影響を及ぼすことになるため、母体の健康も当然気...
ひょうきん者の3歳の息子と日々楽しくやってます。仕事と子育ての両立に大奮闘中!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
胎児がおなかの中でしゃっくりをするって本当?いつ頃から始まる?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中期(5カ月~7カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る