ヘルニアの症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

良ければシェアをお願いします。

ヘルニアの症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

スポンサーリンク

ヘルニアについて

腰痛1

物を持ち上げたときに、突然腰に激しい痛みが…ということはありませんか?急な腰痛のときには、安静にして無理に動かないことが大切です。ただし足のほうに響くような痛みやしびれなどを感じる場合には、椎間板ヘルニアの可能性があります。

椎間板ヘルニアとは、背骨の腰部の椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)が変性し、組織の一部が飛びだすことです。ヘルニアは腰痛の中でも最も多い症状とされています。このとき、飛びだした椎間板の一部が付近にある神経を圧迫し、腰や足に激しい痛みやしびれなどの症状を起こします。この症状を坐骨神経痛といい、椎間板ヘルニアの代表的な症状となっています。

俗に言うぎっくり腰はこれにあたります。ヘルニアはどんな人でもかかりうる、身近な病気です。ここではヘルニアの予防方法や診断基準、症状などを解説していきます。

ヘルニアの症状

腰痛2

ヘルニアの場合、通常の腰痛とは違い、せきやくしゃみでも腰に激痛がはしります。また、臀部から足にかけ、猛烈な激痛を訴える患者さんが多くいます。通常は片側の下肢痛ですが、ヘルニアが巨大な場合は両側に症状が出ることもあります。

他の一般的な症状としては腰から足先にかけてのしびれや痛み、感覚障害、冷感、筋力の低下、重度の場合は排尿障害や便秘、頻尿、インポテンツを引き起こすこともあります。

椎間板ヘルニアのの自覚症状は以下の通りです。

  • 立っているとすぐにつらくなる。
  • 15分くらいでも椅子に座っていることがつらい。
  • 30分以上歩くと腰が痛くなり、下肢にピリピリとした痛みがある。
  • 前かがみの姿勢で痛みが強くなる。
  • 下肢の一部に触っても感覚が鈍い。
  • 座った状態から立ち上がることがつらい。

これらの症状が見られたらヘルニアの可能性があるので、一度医院を受診するようにしましょう。

合わせて読みたい

骨盤腹膜炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
『骨盤腹膜炎』という病気を聞いたことはありますか?もしかすると「そもそも骨盤ってどういう役割かよく知らない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。骨盤とは腸や子宮などの内臓、生殖器を守るためにある骨のことを指します。これらは3つの骨から構成されており、人間の姿勢を保ったり、上体と下肢をつな...

ヘルニアの診断基準

カウンセリング

診断には問診や視診、触診が重要です。問診では神経の障害を調べるテストを行います。どこが痛いのか、どういった症状があるか、痛みの程度はどのくらいか、いつから症状が始まったか、ということを聞かれます。他には原因として考えられることがあるか、仕事内容はなにか、ということが問われることもあります。

触診では「下肢伸展挙上テスト(SLRテスト)」や「大腿神経伸展テスト(FNSテスト)」、「腱反射検査」が行われます。SLRテストでは、仰向けに寝ている患者さんの足をひざを伸ばした状態で持ち上げ、痛みについての検査を行います。FNSテストではうつぶせに寝ている患者さんの片方の足首を支えてひざを曲げた状態で、ももを持ち上げます。曲げた脚の太もも前面に痛みがおこったら、神経根に障害がおこっている可能性があると判断されます。

腱反射検査では、ゴム製の小さなハンマーでひざ下やアキレス腱を軽く叩いて反射を調べます。これは神経が正常に働いているかの判断材料となります。また、筆やピンなどで皮膚にふれて感触や痛みを調べ、神経が障害を受けていないかをみる感覚検査も行うことがあります。

視診検査では、画像検査を用い、X線検査とMRI検査が主体となります。X線検査は椎間板や神経は通常のX線検査では写らないので、腰椎椎間板ヘルニアの確定診断には不向きですが、骨の状態を診るには適しているとされています。

MRI検査は腰椎椎間板ヘルニアの診断に用いられる中心的な検査です。椎骨、椎間板、神経(神経根や馬尾)の情報が鮮明な画像で得られるため、病変部を詳細に把握することができ、有効な画像検査とされています。

ヘルニアになる原因

医師の説明

原因としては姿勢や動作などの環境要因、元来の体質や骨の形などによる遺伝要因、そして加齢が関係しているとされています。椎間板には、座る、立ったまま前屈みになるといった姿勢や動作でも体重の約2.5倍の圧力がかかるといわれ、こうしたことの繰り返しが、椎間板に変性をもたらし、椎間板へルニアに発展するものと考えられています。

日常生活の中では、中腰で重いものを持ち運んだり、腰を強くひねったりということが原因になることが多いようですね。オフィスワークなど、長時間の座り仕事や運転なども要因のひとつとされています。

さらに、椎間板は20歳を過ぎた頃から、だんだんと弾力性が欠けてゆくと言われています。これが進行することで、ちょっとした動作による衝撃や圧迫に耐えられず、髄核が突出しやすくなります。これにより、先に述べた日常生活での動作が引き金となり、椎間板ヘルニアが引き起こされる原因となるのです。

合わせて読みたい

妊婦さんにおすすめ!運動しない安全な3つのダイエット法
まず始めにお伝えしたいことは、妊娠中のダイエットは痩せて美しくなるためのものではなく、赤ちゃんが安全に生まれてくるまでに必要な環境を整えるためのものです。 お腹の中に赤ちゃんが育っているため、妊娠中の体重増加は自然なことですが、増えすぎると子宮や産道にも脂肪がついて難産の原因に繋がります。それ...

ヘルニアの治療法は?

手術

椎間板ヘルニアの治療法は、保存療法と手術療法があります。ヘルニアは、自然治癒することもあるため、まずは、保存療法から治療が進められます。

  • 神経ブロック…激しい痛みを抑えるために、局所麻酔やステロイド薬を注射し痛みを和らげます。注射の部位によっては、入院が必要な場合もあります。
  • 薬物療法…非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋弛緩薬を使って痛みを抑えます。
  • 理学療法…痛みが落ちついたあと、筋肉を強化するための体操や、専用の器具で身体を「牽引」することなどが行われます。

次に行われるのが手術療法です。保存療法を行っても痛みが治まらない場合や、足に麻痺がある場合、「排尿・排便障害がある場合」には、48時間以内に緊急の手術を受けるように勧められています。

  • 後方椎間板切除術…患部を背中側から切開し、ヘルニアを切除します。
  • 椎間固定術…金属などで骨を固定する方法で、とくに腰痛がひどい場合に、後方椎間板切除術と同時に行われます。
  • 経皮的椎間板療法…背中を切開せずにヘルニアを切除する新しい手術法です。ただし適応するヘルニアのタイプが限られています。

合わせて読みたい

産後ダイエットで美しい体へ!骨盤矯正で痩せる3つの方法
出産を経験したことのある人であれば、産後、以前の体型へ中々戻らないというストレスを抱えたことがあるのではないでしょうか。妊娠中は、赤ちゃんに栄養を行き渡らせるため、水分や脂肪を蓄えやすいよう体質が変化しています。一般的に10kg近く体重が増加しますが、その時に起こる現象が骨盤の歪みです。この骨盤...

ヘルニアの予防について

快活な女性

先にも述べたように、ヘルニアの多くの要因は日常生活にあります。重いものを持ち上げるときの姿勢や動作などは特に大きくかかわってきます。腰への負担を日頃から減らすように工夫し、腰痛の発作の回数を減らすことは、椎間板ヘルニア発症を防ぐ方法につながります。また、腰を痛めないためにも普段から腹筋や背筋を鍛え、ストレッチをする、体重の増加に気を付けるなども必要です。

ヘルニアの入院の必要性は?

保存療法の場合には基本的に入院の必要性はありません。ただし、手術療法を行った場合には約1~2週間の入院が必要とされています。

おわりに

ヘルニアは老若男女関係なく発症の可能性のある病気です。重いものを持つときは、きちんとかがんでから持ち上げるなど、少しの動作でも予防に努めるようにしましょう。また、ストレッチなどにより、体を鍛えておくことも大切です。

ピックアップ

糖尿病の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
生活習慣病のひとつでもある『糖尿病』。よく耳にする病名ですが、実際はどのような病気かご存知ですか?糖尿病とは血糖値という血液中の糖分(ブドウ糖)の濃度の値が高くなる病気です。 国民の5人に1人が患者かその予備軍と言われています。一度発症したら完治することはありません。 しかし、血糖値を正常な...
イレウス(腸閉塞)の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
腸閉塞とは、お腹が張る膨張感による痛み、吐き気や嘔吐を引き起こす病気です。腸閉塞の前兆は胃から腹部にかけて膨らんでくることが特徴です。これは腸の中で食べ物が詰まっていることが原因とされています。口から摂取した飲食物は胃から小腸、大腸を通って消化・吸収され、便となって肛門から排泄されます。 また...
子宮内膜症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
女性にとって子宮の病気とは恐ろしいものであり、無縁でありたい存在ですね。今回スポットを当てる「子宮内膜症」もそんな子宮の病のひとつ。病名は知っているけれど、実際はどのような病気かということはご存知ですか? 子宮内膜症とは、本来子宮内腔にしか存在しない、子宮内膜や子宮内膜様の組織が卵巣や仙骨子宮...

参考サイト

http://hernia.lumbar.jp/symptom.html

33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
ヘルニアの症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る