良ければシェアをお願いします。

赤ちゃんが逆子だったら・・・実践したい直し方5選

逆子

「やった!妊娠した!でも、赤ちゃんが逆子だった・・・」、「妊娠中に突然赤ちゃんが逆子になってしまった・・・」など、そんなとき、何か実践できることはないのでしょうか? 自然に任せているだけでは落ち着かない、何かしたいと考える方は多いでしょう。
今回は、赤ちゃんが逆子だった場合に実践したい直し方を5つご紹介します。どれも簡単に始められることばかりです。逆子と聞いても気を落とさず、色々試してみてください!

スポンサーリンク

逆子はどのような状態を指す?

妊婦

逆子とは、子宮内で赤ちゃんの頭が子宮口を向かない状態のことを指します。お尻や足が子宮口を向いた状態です。これは体位異常で、正式には骨盤位という名称があります。

赤ちゃんの姿勢によって、逆子は4種類に分類されます。

1.単殿位:体がV字に曲がり、両足は頭の方へ上げた状態
2.複殿位:頭を上にして膝を曲げ、体操座りをした状態
3.膝位:膝立ちをし、膝小僧が子宮口に向いた状態
4.足位:足を伸ばし、立っているような形で足先が子宮口を向いた状態

合わせて読みたい

逆子にも種類がある?なりやすい時期と原因とリスク
逆子と聞くと、出産時に危険を伴うイメージを持つ方が多いでしょう。できるだけ逆子は避けたいと願っていても、妊娠後期になって一度は逆子と診断される妊婦さんは意外とたくさんいます。そうなった時に大きなショックを受けることがないように、逆子についての基礎知識を持っておくとよいでしょう。 そこで今回は、...

逆子はどうして起きる?

エコー写真

妊娠初期の場合、子宮内は空間が大きく、赤ちゃんはくるくる回っていることがあります。たまたま逆子の状態のときにエコー写真に写ってしまう、というケースがあるようです。しかし、妊娠後期になっても逆子のままである場合、色々な原因が考えられます。医学的には解明されていませんが、逆子の原因が母胎にある場合があります。

  • 狭骨盤
  • 胎盤や子宮の異常(子宮奇形子宮筋腫卵巣嚢腫など)
  • 羊水過多
  • 母体がストレスを感じている、無理をしている

上記のような原因が挙げられます。小柄な女性の場合、骨盤が小さ過ぎて逆子になるケースがあります。また、逆子の原因が赤ちゃんにある場合もあります。双子など多胎妊娠の場合や、赤ちゃんの発達が遅れる子宮内胎児発育遅延の場合です。子宮内のスペースに余裕がない状況だと、姿勢が正しい位置に戻りにくくなります。双子や三つ子の場合は、このケースにあたります。

ここからは、普段の生活のなかで逆子が治る方法をご紹介しましょう。

逆子の直し方その1【体を温める】

足浴

妊娠28週までの方は、自分で逆子を直す努力をしてみましょう。自分の体調をみながら、医師と相談して行ってください。まず試してほしいのが、体を温めるということです。それだけ?と思われる方もいるかもしれませんが、大事なことなのです。

赤ちゃんは、母胎で自由気ままにくるくる動き回ります。しかし、母胎が冷えてしまうと動きたくなくなる環境になってしまいます。

服装を厚着にする

下半身はなるべく肌を露出せず、厚着の服装を心がけましょう。素足はやめて、レッグウォーマーなどで足首を温めるアイテムを活用してください。

足浴を約20分する

足浴も体を温めるのに効果的な方法です。お湯を足しながら、うっすら汗ばむ程度の温度で足浴してみてください。リラックス効果にもなるはずですよ。

足指体操をする

簡単な足指体操をするだけでも、体を温めることができます。足指でグー・チョキ・パーを作ってみたり、足首を回してみたりして、筋肉を動かします。安定した格好で、遊ぶ感覚でやってみましょう。

合わせて読みたい

必見!逆子を治す3つの逆子体操!
出産が近づけば近づくほど、気になることや心配ごとが増えてきます。そのひとつとして「逆子」が挙げられます。妊娠30週の時点で2割ほどの赤ちゃんが逆子と診断され、32週までに直らない場合は帝王切開の準備が進められるケースが多いようです。逆子の場合は自然分娩が難しいため、どうにかして治したいと考える方...

逆子の直し方その2【姿勢を正しく】

姿勢

妊娠後期になると、猫背気味になる傾向があります。この姿勢は胃をつぶし、消化不良や吐き気の原因になるのです。赤ちゃんにとっても動きにくい窮屈な環境となるため、正しい姿勢を心がけましょう。ポイントは3つです。「胸を張る」のではなく、少しあごを引く程度に真っ直ぐ背筋を伸ばすこと、硬めのイスに座って、姿勢が崩れにくいようにすること、そっくり返らないようにすることが大切です。

胸を張り過ぎると腰に負担がかかり、腰痛の原因になる可能性があります。急に背筋を伸ばしたりせず、ゆっくりあごを引いて徐々に伸ばしてみましょう。フワフワしたソファは姿勢が悪くなりやすくなるため、なるべく避けましょう。

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
赤ちゃんが逆子だったら・・・実践したい直し方5選
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る