【医師監修】母子ともにつらい!一人目が切迫早産だった場合二人目も早産のリスクは高くなる?

監修医師プロフィール:清水なほみ 先生のイラスト 清水なほみ 先生

2001年広島大学医学部医学科卒業、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。

日本産科婦人科学会専門医、日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。

日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートします。

http://www.vivalita.com/staff.html


切迫早産
一人目が切迫早産だった場合、二人目も早産になってしまうのではないかと考えて、不安いっぱいになってしまうママが多いのではないでしょうか?なぜ切迫早産になってしまうのか、主な原因は何なのか、防ぐ方法はないのかといろいろ気になりますよね。今回は切迫早産の原因や対応の仕方、切迫早産になりやすい人、予防の仕方などについてご説明します。

切迫早産の原因となりやすい人とは

二人目を妊娠した女性
妊娠22週~36週の出産を早産といい、切迫早産は早産の一歩手前の状態です。一人目の出産が切迫早産であれば、二人目も早産を繰り返す確率が高くなります。どんな人が切迫早産になりやすいタイプなのでしょうか?

切迫早産になってしまいがちな人とは

  • 前回の妊娠で早産と診断された
  • 子宮頸部(けいぶ)の円すい切除の経験がある
  • 妊娠する前から痩せすぎ
  • 妊娠中に体重増加が少ない
  • 喫煙者である
  • 多胎妊娠である
  • 羊水過多症である
  • 子宮の異常がある
  • 細菌性膣症である
  • 細菌性膣炎である
  • 絨毛(じゅうもう)膜羊膜炎や尿路感染、肺炎等の感染症である
  • 歯周病である
  • 20歳以下、または40歳以上の妊娠である
  • 薬物使用者である 

などのさまざまな要因があります。

中でも特に切迫早産になってしまいがちなタイプ

特に切迫早産になってしまいがちだといわれるのは、妊娠期間中に無理をしやすい「働いているプレママ」や「家に子どもがいる二人目、三人目を妊娠中のママ」です。仕事をしていると、ずっと家にいるよりはどうしても運動量や立ち上がるという動作が多くなってしまい、安静が保ちにくくなります。また、経産婦さんの場合は子宮の出口が開きやすかったり、子宮収縮が起きやすい場合があるうえに、上の子のお世話(特に抱っこなど)によって必要な安静が保てないという可能性があります。

最も一般的な、原因の一つである感染症

疲労やストレスなどがなかったとしても、一般的な原因の一つに絨毛膜羊膜炎(じゅうもうまくようまくえん)と呼ばれる感染症があります。膣内環境のバランスが乱れることで異常細菌が増殖し、赤ちゃんや羊水を囲っている膜(卵膜)にまで細菌が達することで起こります。子宮を収縮させてしまう物質を作って子宮口を出産時と同じように広げたり、炎症を起こしている組織が卵膜を破くことで破水させたりして、早産を引き起こしてしまうのです。

合わせて読みたい

切迫流産 の原因・症状・対処法・費用まとめ【医師監修】
切迫流産 の原因・症状・対処法・費用まとめ【医師監修】
流産は妊娠21週6日までの時期に何らかの原因で胎児が育たなかったり、子宮外に出てきてしまったりすることをいいます。対して 切迫流産 とは...

切迫早産の原因とはどのように付き合う?

切迫早産で入院をする妊婦
切迫早産の最も一般的な原因だといわれている絨毛膜羊膜炎や、その他のさまざまな要因と、どのように向き合っていけば切迫早産を避けることができるのでしょうか?ここでは主に絨毛膜羊膜炎の検査方法や治療、切迫早産に対応できる薬について触れます。

絨毛膜羊膜炎の検査方法について

血液検査や膣の分泌物検査、羊水検査などを行い、炎症の値が出た場合は、軽い方から膣炎や頸管(けいかん)炎や絨毛膜羊膜炎などの診断を受けます。分泌物検査は膣の中を麺棒でこすって検査し、陽性なら膣内に炎症がみられ、膣炎や頸管炎があるということになります。切迫早産で入院する多くの人は、この検査で陽性反応が出ることが多いようです。炎症が頸管内だけでなく、子宮全体に広がっている場合には絨毛膜羊膜炎と診断されます。白血球の値が高いことで分かります。

絨毛膜羊膜炎の治療方法について

頸管炎を治療するには、膣内に薬を入れる処置を毎日行います。2週間をめどに再検査をして、陰性になっていれば治癒したということです。頸管炎より炎症がひどい絨毛膜羊膜炎の治療は、膣内の薬だけでなく抗生物質を点滴で投与します。子宮収縮などの切迫早産の症状が出てきた場合には、子宮収縮抑制剤を処方され、絶対安静となります。

切迫早産への対応「デュファストン」

切迫早産は妊娠期間の後半に起きてくるものなので、通常は黄体ホルモンが充分に分泌されている時期ですが、不足している場合に薬で補うことがあります。その薬が「デュファストン」です。女性ホルモンの一つである黄体ホルモンを補い、妊娠後の胎盤形成など子宮内環境を整える作用があります。子宮の緊張を和らげ子宮の収縮を抑えることにより、切迫早産のリスクを回避できます。

合わせて読みたい

【医師監修】切迫流産と切迫早産の違いってなに?時期や症状は?
【医師監修】切迫流産と切迫早産の違いってなに?時期や症状は?
「赤ちゃんは十月十日で産まれてくる」と昔から言われているように、およそ40週間の間母体の中で育つことが理想的であると考えられています...
12歳サッカー小僧とうさぎ×2とハムスター×1のママです。毎日もふもふ癒されています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】母子ともにつらい!一人目が切迫早産だった場合二人目も早産のリスクは高くなる?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る