肺水腫の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

良ければシェアをお願いします。

肺の断面図

スポンサーリンク

肺水腫について

水たまり

肺は酸素を取り入れ、体内で生じた二酸化炭素を排出するために、肺胞(はいほう)と呼ばれる小さな袋状の構造物に空気を取り入れています。肺水腫とは、その肺に血液の液体成分が血管の外へ滲み出した状態をいいます。肺内で液体成分がたまるため肺のガス交換が障害されて、低酸素血症となり、呼吸困難が現れます。つまり、肺に液体が溜まった状態を肺水腫と言うのです。

正常な状態であれば酸素と二酸化炭素の交換がスムーズに行えるのですが、肺水腫になった場合、肺胞内に溜まってしまった液体が交換の邪魔をしてしまいます。それにより酸素をうまく体内に取り込むことができなくなってしまうのです。症状が悪化して重くなった場合、呼吸不全に陥ったりショック状態に陥ったりすることがあり、死に至る恐れもあると見られています。

肺水腫の症状

咳き込む女性

主な症状としては息苦しさや息切れなどの呼吸困難、喘鳴、咳や喀血、意識障害などが発生するとされています。呼吸困難の中でも特徴的なのは、仰向けに寝ていると息苦しくなるという症状が挙げられます。そのために横になっていられず起き上がったり、夜中に突然息苦しくなって目が覚めたりすることがあります。

喘鳴というのは、胸がゼーゼーすることを指します。その際に血の混ざった痰や、ピンク色の泡沫痰が出ることもあるとされています。症状が進行すると顔色が悪くなり、意識障害を起こしたり、皮膚や唇が紫色になったりことがあります。冷や汗が出て、ショック状態になることもあるとされており、この状態になったら症状がかなり進行しているので、早めに病院に行きましょう。

肺水腫の診断基準

聴診器

肺水腫の診断はX線検査や血液検査、内診などが基本となります。聴診器を使って患者の肺の音を聞き、医師は患者の状態を確認するとされています。肺水腫がある場合は胸部の聴診でブツブツというラ音が聞こえます。このとき、患者の病歴なども確認し、肺水腫の原因となっている症状が何かを調べます。

胸部X線検査では心臓が大きく写り、蝶が羽を広げたような影が認められるとされています。超音波や心電図検査も行われ、心臓の動きに異常がないかを確認します。最後に血液検査が行われ、低酸素血症の場合は肺水腫と診断されます。

合わせて読みたい

子宮筋腫の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
子宮筋腫は女性の病気の中でも、比較的発症率の高い病気とされています。成熟期の女性に多く、40歳前後の女性の4人に1人は子宮筋腫を持つと言われています。成熟期の子宮は鶏卵ほどの大きさで、平滑筋という筋肉でできています。その内部に子宮膣があり、この中で胎児が成長します。子宮の筋肉から発生する良性の腫...

肺水腫になる原因

心筋梗塞のイメージ

肺水腫の原因は、肺の毛細血管静水圧が上昇したために液体成分がもれ出るもの(静水圧性)と、肺毛細血管壁の病的変化により液体成分が滲み出したもの(透過性亢進型)です。

静水圧性肺水腫は、心臓弁膜症や心筋梗塞など、心臓の病気が原因となって起こることが多く、これらは心原性肺水腫と呼ばれています。肺水腫のほとんどが心原性肺水腫です。また、このタイプは肺から心臓へ血液を運ぶ肺静脈の閉塞でも起こります。

透過性亢進型肺水腫は、別名で急性呼吸窮迫症候群(ARDS)とも呼ばれ、誤嚥、重症肺炎、刺激性ガスの吸入、敗血症、多発外傷、膵臓炎など、さまざまな原因で起こります。薬の副作用によって発症することもあるとされており、アレルギーの場合には全身がむくんで肺水腫が引き起こされるということが主だった症状とされています。

薬が原因となる肺水腫は急激に症状が現れるものが多いとされています。一般的に薬の服用後、15分から数時間以内に発症すると考えられています。

肺水腫の治療法は?

薬

肺水腫の治療法は大きく分けて3つあります。薬物療法と手術療法、そして人工呼吸器を用いての治療です。

薬物療法は肺胞に溜まった液体を取り除くために利尿薬を用いたり、肺の炎症を抑える薬を用いたり、心臓の症状を軽減するための薬を用いたりと症状に合わせた薬を使うと言われています。

手術療法では、胸部を開き、肺に溜まってしまった液体を取り除くといった手術が行われます。重症の場合には、人工呼吸器を使って肺に直接酸素を送り込むなどして、気道の中の圧力を正常に保つ治療が行われることもあります。症状の程度によっては、酸素マスクを用いるだけ(口や鼻を酸素マスクで覆う)の簡単な治療で済むこともあるようです。

合わせて読みたい

腹膜炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
腹膜炎は強い腹痛を引き起こすだけではなく、放置しておくと命に関わる恐ろしい病気です。ところで、そもそも「腹腔」とは何だかご存知ですか?私たちの腹部内蔵は臓器を守るために、腹部内蔵が腹壁によって囲まれて保護されています。この腹壁で囲まれた空間を「腹腔」と呼びます。そしてその腹腔の内側や腹腔内蔵器を...

肺水腫の予防について

注射器

肺水腫には確実な予防法がありません。ですが、肺水腫になるリスクを軽減する方法があるとされています。それはワクチン接種と生活習慣の見直し、定期健診の受診です。

肺水腫を引き起こす可能性があると見られる病気には、心不全や心臓の疾患、肺炎などがあると言われています。これらの病気を予防することが、肺水腫の予防にもつながるのではないかと見られています。そのため、肺炎やインフルエンザのワクチンを摂取することが肺水腫を防ぐために有効な方法と言われています。心臓に異常がある場合、高齢者の場合は特に注意が必要とされており、これらの病気を防ぐことが重要と見られているようです。

肺水腫を予防するためには、その原因となり得る心臓疾患を予防することが有効になります。この心臓疾患を防ぐ、あるいは早い段階で発見するためには、医師の診察を定期的に受けることも重要です。定期健診だけではなく、「もしかして…」と思い当たる症状がある場合には医師に相談することをおすすめします。

最後は生活習慣の見直しです。これはすべての病気に当てはまることですが、健康的な生活は肺水腫を防ぐためにとても有効です。タバコはなるべく控え、適度な運動と食事をすることを心がけましょう。

肺水腫の入院の必要性は?

肺水腫の治療では、基本的に体への負担を考えて、入院して絶対安静が原則となります。そして肺水腫の治療で重要なのは、肺水腫を起こしている原因疾患に対する治療を行うことです。心原性肺水腫であれば、心臓の働きを助ける強心薬を使用します。呼吸状態が安定していない場合は酸素吸入をしますが、特に困難な場合は人工呼吸器治療法に則り、人工呼吸器を装着します。

おわりに

肺水腫を確実にピンポイントで予防することはできません。しかし生活習慣の見直しをすることで未然に防ぐことはできます。不健康な生活をしていると自覚のある方はまずその習慣を改め、健康的な生活を心がけるようにしましょう。

ピックアップ

糖尿病の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
生活習慣病のひとつでもある『糖尿病』。よく耳にする病名ですが、実際はどのような病気かご存知ですか?糖尿病とは血糖値という血液中の糖分(ブドウ糖)の濃度の値が高くなる病気です。 国民の5人に1人が患者かその予備軍と言われています。一度発症したら完治することはありません。 しかし、血糖値を正常な...
イレウス(腸閉塞)の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
腸閉塞とは、お腹が張る膨張感による痛み、吐き気や嘔吐を引き起こす病気です。腸閉塞の前兆は胃から腹部にかけて膨らんでくることが特徴です。これは腸の中で食べ物が詰まっていることが原因とされています。口から摂取した飲食物は胃から小腸、大腸を通って消化・吸収され、便となって肛門から排泄されます。 また...

https://tamagoo.jp/ninkatsu/hyperprolactinemia-symptom/

33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
肺水腫の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る