良ければシェアをお願いします。

エコノミークラス症候群の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

飛行機

スポンサーリンク

エコノミークラス症候群について

血栓

飛行機や車などの狭い空間で、長時間体を動かすことのできない時に発症する病気として「エコノミークラス症候群」が挙げられます。飛行機のエコノミークラスで狭いところに何時間も座っていて血栓が作られ、歩き出したタイミングで血栓が剥がれて流れていき、引き起こる事からエコノミークラスという名前がついています。

震災時など、避難場所での限られたスペースで多数の患者が出ている、ということもニュースなどで耳にしたことがある方も多いはずです。実は帝王切開など、分娩後に発症することもあり、妊婦さんにも注意が必要とされています。妊娠中は帝王切開などの大量出血に備えて、血が固まりやすい状態を身体が作っています。これにより、血栓ができやすくなっているのです。血栓が身体のあらゆる場所に達すると、心筋梗塞や肺梗塞などの命に関わる病気を引き起こすとも言われる、恐ろしい症状なのです。

エコノミークラス症候群の症状

エコノミークラス症候群の場合、自覚症状がないことがほとんどです。血栓が小さければ小さいほど、自覚症状はなくなります。足などの細い血管の中で血の塊ができて血管に詰まることを、深部静脈血栓症と呼びます。深部静脈血栓症の症状は下腿が赤くなり、はれ・痛みなどがあらわれて血栓周囲のだるさやむくみが生じるようになります。血栓が小さい場合には病院で簡単な処置を受けますが、重症の場合はすぐに心停止してしまうこともあるとされています。

合わせて読みたい

つわり中の頭痛とめまいがひどい!症状を和らげる5つの方法
妊娠初期のつわりは、ほとんどの方が経験すると言われています。つわりと聞くと、吐き気や食欲不振といったイメージがありますが、頭痛やめまいの症状に悩まされるケースも多々見られます。通常の頭痛であれば鎮痛剤を飲むことで緩和されることが多いですが、妊娠中は鎮痛剤をむやみに飲むことができないため、なかなか...

エコノミークラス症候群の診断基準

診断は内診から始まります。しかし、エコノミークラス症候群は特有の症状がなく、自覚症状のみです。そのため診断を下すことがとても困難とされています。重症の場合は突然失神や、心停止が生じるため診断はさらに困難を極めるとされています。また、似たような症状が出る循環器系の病気が多くあるため、まずは病名を絞り込むことが重要です。

エコノミークラス症候群になる原因

一般的によく知られている原因は「長時間同じ体勢でいる」ということですが、実は特に気を付けるべき対象は妊娠している方だということをご存知ですか?

妊娠中は血管壁を柔らかくするホルモンが原因で、血液の流れがゆっくりになってむくみやすくなります。足に血栓ができた状態で長時間座っていて、急に立ち上がると一気に体中に血液が循環します。このときに足に出来ていた血栓が流れて肺に到達してしまい、体全体の血管を詰まらせてしまう、ということがエコノミークラス症候群になる原因なのです。

多くの場合、もともと血液が固まりやすい、血塊ができやすい体質や遺伝による要因が大きいとされています。その場合、同じ体勢で動かない、ということをしなかった場合でも血栓ができやすく、流産してしまうこともあります。また、脱水で血液が濃くなることでも血栓は出来やすくなるとされています。飛行機に乗らなくても、入院などで寝たきりの状態が続くと足に血栓が生じてしまうためです。また、骨粗しょう症の薬の一部などは血栓が出来やすくなってしまうものもあるため、担当のお医者様に相談してみましょう。

漢方薬にハマっている21歳。昨年友人が出産したことをきっかけに、育児のお役立ち情報をリサーチしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
エコノミークラス症候群の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る