子癇発作ってなに?原因・症状・治療法まとめ

良ければシェアをお願いします。

頭がいたい女性

体にさまざまな変化が起こる妊娠中の病気として「子癇発作」があります。場合によっては命にかかわる症状もあるとても恐ろしい病気です。それらの症状が「いったいどんなもので」「どんなことが原因で起きて」「どんな症状になって」「そしてどんな治療方法があるのか」を知っておくことで、冷静に慌てずに対処できることもあるでしょう。今回は妊娠の症状の一つである「子癇発作」についてご説明していきます。

スポンサーリンク

子癇発作とはけいれんのこと

横になる妊婦

「子癇発作」という名称は、あまり聞きなれないものだと思われます。これは「しかんほっさ」と呼びます。子癇発作を起こすと、けいれんしてしまったり意識が失われたりすることがあります。

この子癇発作は、妊娠中にもっとも起こりやすい症状です。しかし妊娠中~出産途中~産後、いずれの時期でも起きうるものであり、「この時期だから安心」という時期はありません。

けいれんや意識喪失などの非常に大きな異常が引き起こされます。そのため死亡率も高く、とても危険な症状です。医学の進歩とともに死亡率は下がっていっているという説もありますが、子癇発作が起きた場合の母体の死亡率は10パーセント程度、胎児の死亡率は30パーセント前後だと言われており、命の危険に直結する症状だと言えます。

このような恐ろしい症状ですが、子癇発作の起こる確率自体は決して高くありません。2500例に1件程度であり、ほとんどの人は子癇発作を体験しないで妊婦生活を終わることになります。

合わせて読みたい

妊娠初期・中期・後期で変わる、正しい食事の取り方
妊娠中に、おなかの赤ちゃんが元気に成長するためには、たくさんの栄養が必要です。ママは日々の食事から、赤ちゃんに必要な栄養素を十分に摂取することがとても大切になります。 妊娠中のママとおなかの赤ちゃんに必要な栄養をしっかりと摂るためには、正しい食生活がかかせません。1日3食の規則正しい食事はもち...

子癇発作の症状について

エコー写真

子癇発作は、「いきなり倒れる」「いきなり死亡する」というものではありません。ある程度段階を経て推移します。

子癇発作を起こす人の9割は、妊娠高血圧症を患っています(後述)。この妊娠高血圧症を患っている人が、頭痛や視野狭窄(しやきょうさく)などの症状が起きた場合は、子癇発作の予兆の可能性があると考えられます。この段階を放置していると、「誘導期」と呼ばれる状態になります。

このときには顔の色が真っ白になり、意識が失われます。顔にけいれんもみられます。

顔に起きていたけいれんが全身に広がってしまうと、さらに危険な状態です。場合によっては呼吸困難に陥って顔色が青ざめたあとに紫に変わっていきます。誘導期にしろこの段階にしろ、発作が起きている時間は決して長くはありません。長くても数十秒くらいであるため、初期対処が遅れる危険性が極めて高いといえます。

自分自身の筋肉を任意にコントロールできなくなるため、筋肉の緊張と弛緩がせわしなく繰り返されることになります。唇や目も開ける―閉じるのを繰り返しますが、これも自分では制御できません。

次の段階では、けいれんが止まります。しかしこれは「落ち着いた」「治った」ことではありません。けいれんがおさまった後は昏睡状態に陥り、いびきをかき始めます。目が覚めることもありますが、昏睡状態が継続してしまう人もいます。昏睡状態が継続すると、そのまま死亡してしまったり、重い後遺症を患ったりする人もいます。

合わせて読みたい

妊娠中の体重管理に効果的な食事法とは
妊娠中は、母体だけでなく赤ちゃんの分のエネルギーも摂取する必要があるため、お腹が空きやすくたくさん食べてしまいがちです。しかし、だからと言って体重管理をきちんとせずに気の赴くままに食べ続けてしまうと、どんどん体重が増え、難産になりやすい体になってしまいます。そうならないためにも、上手に体重管理を...

子癇発作はなぜ起こるか

STOP

このような非常に重くて危険な症状を起こす症状であるにも関わらず、子癇発作が起きる原因ははっきりとわかってはいません。脳血管や脳浮腫と関連があるのではないか、とも言われていますが、はっきりしたことはまだわかっていないのです。ただ、「妊娠高血圧症候群」を患っている人に起きやすいものであることは確かです。

妊娠高血圧症候群は、もともと病気を持っていた人や高齢妊娠(あるいは15歳以下の低年齢妊娠)、肥満状態の人、初産の人に起こりやすい症状であり、塩分のコントロールなどが必要になる症候群です。「妊娠高血圧症候群である」と判断された人は、「子癇発作が起きるリスク」と、「子癇発作が起きたときにどう対処すべきか」ということをしっかり学んでおかなければなりません。

子癇発作が起きた時にはどうするべきか

救急車

今ままでにお話した通り、子癇発作が起きた時は状態が急変します。そのため、悠長に構えている暇はありません。子癇発作が起きた時は、何はなくともすぐに救急車を呼びます。そして、気道をまずは確保しましょう。顔を左側に向けて寝かせてください。これは、食べ物や唾液といったものが、誤って気管に入り込まないようにするための措置です(「誤嚥防止」と呼ばれます)。騒音などが響かない暗い部屋に移動させることも大切です。

子癇発作を起こして病院に運ばれた場合は、安静にするように求められます。眩しい光や騒々しい音が響かない病室に移動させられ、けいれんを収めるための薬などがとられます。命を守るための措置として帝王切開が行われることもありますが、これらは状態を見て判断されます。

おわりに

子癇発作は非常に危険なものです。母子ともに、その命を危険にさらす症状であるため、決して楽観視はできません。たしかに起こる可能性は低いのですが、その分、一度起きてしまったときのリスクが非常に高いのです。妊娠高血圧症だと判断された場合は、医師や家族と協力して、その改善に努めましょう。

ピックアップ

後期流産の原因や症状・確率まとめ
妊娠中、いちばん流産しやすい時期である妊娠初期を過ぎても安心してはいけません。流産には妊娠初期に起こるものと中期以降に起こる「後期流産」があります。ここでは、後期流産の症状や原因などについて解説していきます。 後期流産とは 妊娠中期の12~22週に起きてしまう流産のことを「後期流産」とい...
高齢出産とダウン症の相関関係とは
「子どもを授かる喜びに年齢は関係ない」とはいえ、高齢出産となれば、様々なリスクの確率が上がるという不安もあるでしょう。そのひとつに、「ダウン症」になるというリスクが挙げられます。ここでは、高齢出産とダウン症の関係性について解説していきたいと思います。ダウン症になる原因、その確率、治療法や出生...
妊婦さん必見!便秘の原因と解消法まとめ
妊娠すると、体にさまざまな変化が現れます。便秘もそのひとつで、妊娠前は便秘じゃなかったのに、妊娠したら便秘になってしまったという妊婦さんは多いようです。しかも、妊娠中に薬を服用することは基本的に良くないため、なかなか解消しづらいことが大きな難点です。 そこで今回は、妊娠中に起こる便秘の原因や解...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
子癇発作ってなに?原因・症状・治療法まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中期(5カ月~7カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

妊娠中期(5~7ヶ月)の悩みについて・・・あわせて読みたい

妊娠中の旅行はいつまで平気?気をつけておきたい3つのこと
妊娠中ずっと家にいてばかりだとストレスが溜まり、気晴らしがしたくなります。ただ、妊娠中の旅行はママの体や赤ちゃんに負担をかけてしまうのではないかと心配なことも多いです。 確かに環境が変わると普段より疲れが溜まりやすくなるため、妊婦さんは特に体調に気をつけなければなりません。ですが、万全の体調で...
女の子or男の子?赤ちゃんの性別が判断できるのはいつ?
妊娠してまず気になることは、赤ちゃんの性別ではないでしょうか。昔は妊娠中に性別を判断する術がなかったため、お腹の形や母体の顔つきの変化などで推測するしかありませんでした。しかし、近年は超音波機器の発達により、妊娠中に赤ちゃんの性別を判定することができるようになったのです。では、実際にいつ頃から性...
胎動はいつから?さまざまな胎動の種類について
胎動を感じ始めると、お母さんになる喜びを実感するという声をよく耳にします。胎動は新しい命からお母さんへのメッセージなため、妊娠すると「早く胎動を感じたい」と胎動を心待ちにする方が非常に多いです。 そこで今回は、胎動はいつからわかるのか、どのような種類があるのかなど、胎動に関する基本知識をまとめ...
安定期とはいつからいつまで?知っておきたい4つのこと
「安定期」という言葉は、妊娠中は耳にする機会の多い言葉だと思いますが、「安定期」についてよくご存じの方は案外少ないのではないでしょうか。「妊娠何ヶ月目から何ヶ月までを安定期と呼ぶのか」など、なかなか知識を得られる機会の少ない「安定期」について、詳しく知っておきたい4つのことをご紹介します。 ...
子癇発作ってなに?原因・症状・治療法まとめ
体にさまざまな変化が起こる妊娠中の病気として「子癇発作」があります。場合によっては命にかかわる症状もあるとても恐ろしい病気です。それらの症状が「いったいどんなもので」「どんなことが原因で起きて」「どんな症状になって」「そしてどんな治療方法があるのか」を知っておくことで、冷静に慌てずに対処でき...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る