【医師監修】前置胎盤の診断基準・症状・原因・治療・入院の必要性

監修医師プロフィール:清水なほみ 先生のイラスト 清水なほみ 先生

2001年広島大学医学部医学科卒業、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。

日本産科婦人科学会専門医、日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。

日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートします。

http://www.vivalita.com/staff.html


前置胎盤の診断
お母さんの栄養をおなかの中の赤ちゃんにつないであげるパイプの役割をしている胎盤。実は妊娠・出産においては胎盤に関するトラブルがたくさんあります。今回は出産時に赤ちゃんがおなかから出てくる際に邪魔をしてしまう、前置胎盤についてご紹介いたします。出産前の妊婦さんはぜひご一読くださいね。

前置胎盤とは?

前置胎盤のポイント
そもそも胎盤とは何かご存じですか?胎盤は胎児に栄養を送るために、子宮と胎児のへその緒をつないでいるものです。着床後すぐに生成され、妊娠16週目くらいに完成します。胎盤は普通子宮の上部につくられるのですが、それが子宮の下部にできてしまい、子宮口をふさいでしまうことがあります。これを前置胎盤といいます。この状態だと赤ちゃんがおなかから出ることが困難になり、多くの場合は帝王切開の処置がとられるため、とてもリスクの高い出産となってしまうのです。前置胎盤になる確率は全体の0.3~0.6%と低いですが、そのうちの5~10%は胎盤が子宮に癒着してしまい剝がれていかない前置癒着胎盤になる可能性もあるとされています。

前置胎盤の診断基準は?

前置胎盤は妊娠中期から確認することができます。ただし、妊娠15~19週に前置胎盤と判断されても、8割は出産までに胎盤があるべき位置に動くとされているので心配はありません。妊娠後期になっても胎盤の位置が下から動かなかったときに初めて前置胎盤と診断されます。前置胎盤であると診断された後、分娩時にも前置胎盤のままである確率は、妊娠24~27週が49%、妊娠28~31週が62%、妊娠32~35週が73%となり、後期になるほど確率が上がります。
前置胎盤の検査には経腟超音波検査が行われます。この検査は妊娠31週までに実施されます。前置胎盤確定後は前置癒着胎盤の可能性も確認するため、MRIなどの精密検査が実施されます。

前置胎盤の症状は?

無症状であることが多いとされていますが、膣からの出血がみられることがあります。これは子宮の収縮に伴い、子宮口を覆っている胎盤が圧迫されて胎盤の血管が断裂することが原因とされています。腹痛を伴わない出血が妊娠28週目以降、頻繁に起こるようになります。初めは少量ですが、妊娠33~34週になると少量の出血から多量の出血へと変化します。大量の出血でなくても何らかの出血がみられた場合にはすぐに病院へ行きましょう。出血が止まらない場合には母体も赤ちゃんも危険な状態になるため、緊急帝王切開の手術が行われることもあります。

合わせて読みたい

【医師監修】【妊娠中期】出血の原因、症状、対処法
【医師監修】【妊娠中期】出血の原因、症状、対処法
妊娠中に出血があると「赤ちゃんは大丈夫なの?」と心配になってしまいますよね。今回はそんな妊娠中期の「出血」に焦点を当てて解説いたしま...

前置胎盤になる原因は?

前置胎盤の原因
前置胎盤になる確実な原因は現在でも解明されていません。何らかの理由で子宮内膜が傷つくことにより、起こりやすくなるのではないかという仮説が立てられています。
前置胎盤になる原因は明瞭ではありませんが、なりやすい人の例はいくつか挙げられています。

1.過去に前置胎盤になった経験がある

前回の妊娠で前置胎盤と診断された妊婦さんの場合、再度前置胎盤を引き起こす可能性は、通常の8倍といわれています。前置胎盤になったことのある方で、2回目以降の妊娠の際には注意が必要です。

2. 流産や人工妊娠中絶の経験がある

以前に流産や中絶の経験がある方は、前置胎盤になる可能性があります。手術の際に子宮内膜が傷つき、炎症を起こしていると前置胎盤を引き起こす確率が高まるためです。

3.前回の出産で帝王切開をしている

過去に帝王切開による出産をしている方の場合、子宮内膜が手術によって傷つき、前置胎盤になりやすいとされています。帝王切開は回数を重ねるごとに前置胎盤の可能性が高まり、3回目以降のリスクは4.1%という数値が公表されています。また、帝王切開経験者の方の多くは癒着胎盤になりやすい傾向にあるため、分娩後も注意を怠ってはいけません。

4.出産人数の影響

双子の妊娠や2回目以降の妊娠の場合、通常以上に子宮が拡大し、前置胎盤を引き起こす可能性が高まるとされています。5回目以降の出産の場合は2.2%のリスクが伴うとされています。

5.高齢出産の影響

20~35歳未満の女性よりも35歳以上の女性の方が前置胎盤になる可能性が高いとされています。35歳以上では4.7倍、40歳以上で9倍というデータが報告されています。

6.喫煙者

喫煙は前置胎盤以外のさまざまな妊娠に関する問題を引き起こします。妊娠を希望したら喫煙は絶対にNGです。受動喫煙の恐れのある場所にも行かないように心がけましょう。

合わせて読みたい

【医師監修】常位胎盤早期剥離の診断基準・症状・原因・治療・入院の必要性
【医師監修】常位胎盤早期剥離の診断基準・症状・原因・治療・入院の必要性
妊娠中の方でも、常位胎盤早期剥離という病気を耳にしたことがないという方が多いかもしれません。妊娠中というのは、体の中で毎日たくさんの...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】前置胎盤の診断基準・症状・原因・治療・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中期(5カ月~7カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る