【医師監修】癒着胎盤の診断基準・症状・原因・治療・入院の必要性

監修医師プロフィール:清水なほみ 先生のイラスト 清水なほみ 先生

2001年広島大学医学部医学科卒業、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。

日本産科婦人科学会専門医、日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。

日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートします。

http://www.vivalita.com/staff.html


癒着胎盤
妊娠や出産にはさまざまな問題が付き物です。「癒着胎盤」も妊娠に伴う問題のひとつです。癒着胎盤を発症すると出産時に胎盤が正常に剥離しないというリスクがあります。胎盤がきちんと剥離しないと大量に出血してしまいます。今回はそんな癒着胎盤についてひとつずつ解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

癒着胎盤とは?

癒着胎盤とは
通常の場合、胎盤は産後30分以内に自然に剥がれて子宮外に出てきます。胎盤が剥離することによって子宮が収縮し、自然と出血が止まるシステムになっているのです。その胎盤が癒着してしまって剥がれず、産後も子宮内にたまってしまう状態を癒着胎盤と呼びます。胎盤が剥がれないということは自然に止血されることがないということなので、大量出血してしまいます。剥離しない場合には医師が人工的に胎盤を剥がすことになるため、激しい痛みと出血を伴うとされています。ひどい場合には出血性ショックを引き起こし、妊婦さんが死に至る可能性も。多くの場合は前置胎盤と合併しており、2500例のうち1例とされています。それ以外の胎盤では22000例に1例といわれているので極めてまれな確率となっています。

癒着胎盤の診断基準は?

癒着胎盤は分娩時まで確定診断を下すことができないとされています。前置胎盤の場合は超音波検査やMRIで分娩前診断が可能ですが、癒着胎盤の場合は分娩前診断が難しいといわれています。分娩時でも判断できるのは分娩後45~60分後です。約1時間たっても胎盤が剥がれない場合にようやく癒着胎盤の診断が下ります。

癒着胎盤の症状は?

出産後、通常30分以内に胎盤が剥離して体外に排出されます。しかし、分娩が終わっても胎盤が子宮筋から剥離されないで、とどまっている状態が癒着胎盤です。癒着胎盤といっても種類は一つではなく、「楔入胎盤」「嵌入胎盤」「穿通胎盤」の3つに分類されます。それぞれ絨毛の侵入具合によって呼び名が違うのです。
楔入胎盤は3つの中でも最も軽症で子宮の脱落膜にはくっついているものの、筋層には癒着していない状態を指します。
嵌入胎盤は子宮の脱落膜にも筋層にも癒着している状態です。穿通胎盤は最も重症で、脱落膜に癒着している他、筋層を通過して子宮しょう膜やぼうこうに癒着してしまっている状態のことです。
いずれも症状自体はほぼ同じで、胎盤の癒着と出血です。出血がひどい場合には出血性ショックや播種(はしゅ)性血管内血液凝固症候群を引き起こし、最悪の事態を招きかねません。大量出血をしている場合には医師が胎盤を手で剥がすか、さらに重篤な場合は子宮を摘出することになります。

合わせて読みたい

【医師監修】常位胎盤早期剥離の診断基準・症状・原因・治療・入院の必要性
【医師監修】常位胎盤早期剥離の診断基準・症状・原因・治療・入院の必要性
妊娠中の方でも、常位胎盤早期剥離という病気を耳にしたことがないという方が多いかもしれません。妊娠中というのは、体の中で毎日たくさんの...

癒着胎盤になる原因は?

癒着胎盤の原因
癒着胎盤になる原因は絨毛が子宮筋に入り込むことが原因ですが、おおもとの原因は脱落膜という膜がきちんと形成されないことにあります。脱落膜が正常に形成されない理由は子宮に傷がついているためです。子宮に傷がつく原因としては以下の事柄が考えられます。

  • 帝王切開手術
  • 人工中絶
  • 前置胎盤
  • 先天的子宮内膜形成不全
  • 多胎産
  • 粘膜下筋腫(子宮筋腫の1つ)
  • その他子宮手術の前歴がある

現在は帝王切開手術による出産が増加傾向にあり、全体の15%は帝王切開であるという報告がされています。帝王切開が増えるということは自然に癒着胎盤や前置胎盤の確率も高まっているということです。初産の場合、前置胎盤を発症していて癒着胎盤と合併する確率は1.14%です。それに対して帝王切開経験のある経産婦が前置胎盤を発症し、癒着胎盤と合併する確率は37.8%と極めて高くなっていることが特徴です。通常の発症率は全体の0.001%~0.002%と低い数値ですが、上記の経験がある場合には確率が上がります。特に前置胎盤の場合は癒着胎盤になる可能性が高いため注意が必要です。

合わせて読みたい

【医師監修】胎盤早期剥離の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
【医師監修】胎盤早期剥離の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
妊娠後期、予防が難しく赤ちゃんもママも命にかかわる症状のひとつに「胎盤早期剥離」があります。誰にでも起こりうる病気なので、万一に備え...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】癒着胎盤の診断基準・症状・原因・治療・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る