良ければシェアをお願いします。

糖尿病の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

糖尿病の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

生活習慣病のひとつでもある『糖尿病』。よく耳にする病名ですが、実際はどのような病気かご存知ですか?糖尿病とは血糖値という血液中の糖分(ブドウ糖)の濃度の値が高くなる病気です。

国民の5人に1人が患者かその予備軍と言われています。一度発症したら完治することはありません。

しかし、血糖値を正常なレベルに保つことでコントロールは可能となります。糖尿病とは私たちの身近に存在しています。まずは糖尿病について知り、原因や予防法について学んでいきましょう。

スポンサーリンク

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

糖尿病とは

インスリン

糖尿病には種類があり、大きく分けて2つのタイプがあります。それは1型・2型と呼ばれています。糖尿病になると体内のインスリンの作り方や使い方に問題が起き、摂取した食物エネルギーを正常に代謝できなくなります。

インスリンとは体内の血糖を上手に正常な範囲でコントロールしてくれている存在です。これが不足してしまうと高血糖、つまり糖尿病になってしまいます。

1型糖尿病はそのインスリンの分泌不全とインスリン抵抗性による病気です。1型の患者さんの場合、インスリンの量が十分に作られず、作られたとしても上手に作用しません。1型糖尿病は日本国内で10万人に約2~3人と言われている極めてまれなケースです。

それに引き換え2型糖尿病は誰にでも発症の可能性がある、一般的な糖尿病です。患者さんのうち10人に9人以上はこのタイプと診断されています。

20代でも発症の可能性はありますが、多くの場合は40代前後とされています。糖尿病になるかどうかは遺伝の関係もあり、必ずしも肥満が原因とは言い切れないようです。

合わせて読みたい

妊娠中に気をつけるべき4つの病気とその予防対策とは?
妊娠をすると、ホルモンバランスの変化などにより、体調が不安定になります。そのため、普段ならすぐに治ってしまうような病気でも、重い症状になってしまい、赤ちゃんにまで影響を及ぼしてしまうこともあります。妊娠中にどのような病気に気をつければよいか?正しい知識をもって、正しく対策することが大切です。今回...

糖尿病の症状

疲労感

一般的とされている2型糖尿病は初期の段階では自覚症状がありません。症状はゆっくりと少しずつ現れるとされています。主な症状としては疲労感、乾燥による皮膚のかゆみ、手足の感覚の低下やチクチクとした痛み、頻尿や目のかすみなどが挙げられます。

より症状が進行した場合は尿の量が増え、疲れやすくなり、手足のこむらがえり、さらに意識障害になることもあるようです。またこれらの症状の出る2型糖尿病の方は以下の人が多く当てはまるとされています。

40歳以上の人、肥満体型、著しい運動不足、4㎏以上の赤ちゃんの出産をした、病気やケガなどのストレスがある人などです。

一方で1型糖尿病の人は若いうちに発症することが多いことが特徴ですが、年齢に関係なく発症が見られます。こちらの主な症状は、普段よりのどが渇く、急な体重減少、頻尿などが挙げられます。

糖尿病の診断基準

血糖値

糖尿病が疑われる場合、朝食前の空腹時の血糖値、食後2時間目の血糖値を検査します。具体的には空腹時血糖が126(mg/dl)以上、75グラムのブドウ糖を飲み2時間後の血糖が200以上、随時血糖200以上、ヘモグロビンA1c6.5%以上の場合に糖尿病と診断されます。

また、過去に糖尿病と診断された人で、現在は血糖値が落ち着いている場合でも糖尿病と診断され、定期的に経過観察する場合もあるようです。

合わせて読みたい

妊娠初期・中期・後期で変わる、正しい食事の取り方
妊娠中に、おなかの赤ちゃんが元気に成長するためには、たくさんの栄養が必要です。ママは日々の食事から、赤ちゃんに必要な栄養素を十分に摂取することがとても大切になります。 妊娠中のママとおなかの赤ちゃんに必要な栄養をしっかりと摂るためには、正しい食生活がかかせません。1日3食の規則正しい食事はもち...

糖尿病になる原因

すい臓

1型糖尿病の原因は正確な調査がされていません。関係する要因として挙げられることは以下の2つとされています。1型糖尿病にかかりやすい体質を持っている、何らかの原因により、インスリンを作っている部位であるすい臓の一部が破壊されている、ということです。

2型糖尿病の発病はインスリンの量が不十分で起こる糖尿病と、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなるためにブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こる糖尿病があります。

食事や運動といった生活習慣に関係しており、主な原因は内臓脂肪の増加や運動不足による肥満であると言われています。肥満以外にも遺伝や環境、ストレスや味覚障害なども原因とされています。上記のように、遺伝といった可能性もあるため2型糖尿病の患者さんがいるご家族は一度検査を受けられることが推奨されています。

漢方薬にハマっている21歳。昨年友人が出産したことをきっかけに、育児のお役立ち情報をリサーチしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
糖尿病の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る