妊娠中に太ると起こってしまういろんなトラブルと対応策

スポンサーリンク

食事をする妊婦
妊娠中は、ついつい食べ過ぎて、ぽっちゃりしてしまいがちです。つわりで食べられなかった反動で食べてしまう、逆に食べづわりで食べずにはいられず、どんどん太ってしまうという方もいますね。妊娠中に体重を増やしすぎると、外見だけでなく、体や赤ちゃんにさまざまなトラブルも引き起こしてしまうといわれています。このトラブルについて、対応策も含めて考えてみませんか?

太りすぎで起こるトラブルとは?

ドーナツとチョコを持つ女性
妊娠中の太りすぎがよくないということは、現代では広く知られています。昔は、赤ちゃんの分までママは食べないといけないといわれていましたが、食べ過ぎはよくないようです。妊娠中に体重を増やしすぎると、どのようなトラブルがあるのでしょうか?

赤ちゃんの命にもかかわる「妊娠高血圧症候群」

肥満が原因の一つとされる妊娠中毒症は、現在では「妊娠高血圧症候群」と呼ばれています。妊娠20週以降、産後12週までに圧収縮期血圧が140mmHg以上か、拡張期血圧が90mmHg以上で、高血圧とされます。ひどくなるとママはけいれんや脳出血、肝臓や腎臓の障害が起きたり、赤ちゃんの発育に影響がでたり、子宮の壁から胎盤がはがれて赤ちゃんに酸素が届かなくなったりすることもあるのです。

将来にも影響がでる「妊娠糖尿病」

妊娠糖尿病は、妊娠してから初めて見つかり、明らかな「糖尿病」までには至らない軽度のものです。ママが高血糖だと、お腹の赤ちゃんも高血糖になり、ママには、前述の「妊娠高血圧症候群」や羊水の量異常、肩甲難産など、赤ちゃんには、形態異常、巨大児、心臓の肥大、低血糖、多血症、黄疸(おうだん)など、さまざまな合併症が起こる可能性がでてきます。

脂肪のせいで出産に時間がかかってしまう

太りすぎることで膣にも脂肪がつくと、その分産道が狭くなってしまいます。そのため、赤ちゃんが通りにくく出産に時間がかかってしまうのです。出産時間がかかるとママがつらいだけでなく、赤ちゃんにとって悪い影響がでることがあります。出産が長引くことのストレスで赤ちゃんが普段は出さないはずの便をしてその羊水を飲んで呼吸状態が悪化し、危険な状態になってしまうこともあるのです。

合わせて読みたい

本当は怖い?食べつわりの注意点と四つの対策術
妊娠中のつわりは、人によってさまざまですが、症状が重い人には本当に大変です。吐きつわりもかなり苦しいですが、食べつわりもきちんと対策を練...

トラブルを減らすために自分でできること

妊婦さん
妊娠するとただでさえさまざまなトラブルが起きやすいのに、太りすぎると、さらにトラブルの原因を増やしてしまうことになります。難産になってしまったり、出産後にもトラブルが残ってしまったりと、後悔することのないように妊娠中にできることはやっておきましょう。

「足つり」「肉離れ」「腰痛」について気をつけること

体重の増加で足腰に負担がかかり、「足つり」や「肉離れ」、「腰痛」になることがあります。体が重くて動かないでいると血行不良で体が冷えて足の筋肉が固くなり「足つり」を起こしやすくなります。「足つり」や「腰痛」を防ぐために体重の管理と共にストレッチなどをしたり、食べ物にも気をつけたりして血行をよくし体を冷やさないようにしましょう。

注意したいのが、軽微な場合には「足つり」と間違いやすい「肉離れ」です。「足つり」が筋肉の異常収縮・けいれんなのに対し、「肉離れ」は筋肉が断裂している状態です。あまり痛みが長引くようなら「肉離れ」の可能性があります。ストレッチをするとかえって悪化させてしまいますのでまずは安静にしてください。「肉離れ」が疑われるときは、整形外科で適切な治療を受けるようにしましょう。

太りすぎで妊娠線がくっきり?できると消えにくい

妊娠線は、多くの妊婦が経験しているものです。お腹が大きくなってくるとできる、波状の線のことですが、お腹や太もも、乳房などにでて、できてしまうとなかなか消えてくれません。原因の一つとしては、急激に太ることによる皮膚の急激な伸びが考えられます。しっかり保湿をすることでかなりの予防になりますので早いうちからの予防を忘れないようにしましょう。

個人で違う体重管理、よく相談して

体重は毎日いつも同じ時刻に測るのがポイントです。妊娠期間全体を通しての推奨の体重増加は、痩せ気味の人で9~12kg、標準の人で7~12kg、元々太っている人は5kgなど個別に違ってきます。また、急激に増えることがさまざまなトラブルを引き起こす大きな要因となっているので産科医等の指導の元に努力を続けていきましょう。

合わせて読みたい

【レシピ付き】妊娠糖尿病になりやすい食べ物と予防となる食べ物
近年、妊娠糖尿病の検査が厳しくなり、妊娠糖尿病と診断される妊婦さんは少なくありません。妊娠糖尿病になることで、母体だけでなく胎児にもさま...
小学生男の子と女の子二人のママです。育児を楽しみながら毎日過ごしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠中に太ると起こってしまういろんなトラブルと対応策
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠初期(~4カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る