肌の乾燥・冷えがつらい!妊婦さんの快適な冬の過ごし方

良ければシェアをお願いします。

厚着をする妊婦

妊婦さんにとって冷えはよくないという事を聞いたことはありませんか?どうして妊婦さんにとって冷えはよくないのでしょうか?夏の暑い時の妊娠も大変ですが、冬の冷えは妊娠中にはとてもツライものです。

さらに冬は乾燥の季節でもあります。冷えと乾燥を防いで快適に妊婦生活を過ごしたいですよね。今回は冷え対策や肌の乾燥対策についてまとめてみました。

スポンサーリンク

寒い冬!妊婦さんに冷えは禁物!

妊娠中に体を冷やしてはいけないというのは聞いた事はあるけれどどうしてなんだろうと思った事はありませんか?体が冷えるとママだけではなくお腹の赤ちゃんも苦しくなってしまうのです。

妊婦さんは冷えやすい!どうして?

冷え症の女性も多いと思いますが、妊娠するとさらに冷えやすくなってしまいます。その原因は女性ホルモンの乱れや、つわりや睡眠不足からくる自律神経の乱れ、運動不足などです。

また女性ホルモンや自律神経はストレスでも大きく影響されるので注意しましょう。なるべくイライラせずゆったりした気持ちで妊婦生活を送りたいですね。

冷えが妊婦さんに悪いのはどうして?

ではなぜ冷えが妊婦さんにとってよくないのでしょう。まず体が冷えると妊娠初期の場合つわりがひどくなるといった症状がでます。そしてお腹も張りやすくなってしまいます。お腹が張ると赤ちゃんも苦しくなってしまうのです。

そして、腰痛や便秘も冷えからくる血行の悪さが原因の一つです。足がむくんだり寝ている時に足がつる!なんて事ありませんか?それも冷えが原因だったりするんです。妊娠中の悩みの多くは冷えが原因だなんて驚きですよね。

冷えがお腹の赤ちゃんにどんな影響を与えるのか?

お腹を触った時に冷たいと感じる事はありませんか?体の冷えが改善されずに続き、血液の流れが悪くなると羊水が冷たくなってしまう事もあるのです。羊水が冷たくなると赤ちゃんは温かい場所を求めて動き回ってしまい逆子になってしまう可能性があります。

といった危険性もありますし、低出生体重児で産まれてくる可能性もあります。これらは血流が悪くなったために上手くお腹の赤ちゃんに栄養が行き届かないという理由なのです。やはり冷え対策はしっかりしておきたいところですね。

合わせて読みたい

妊婦さんにおすすめな「シムスの体位」と仰臥位低血圧症候群を防ぐ寝方
妊娠中はホルモンバランスの変化や胎動により、通常よりも眠りが浅くなる時期。眠りたいのに眠れないということが毎日続くと、疲れたりイライラしたりしてしまう妊婦さんも多いことでしょう。お腹が大きくなってきても以前と同じ慣れたスタイルで寝ていると、恐ろしい病気を引き起こす危険性もあります。 そこで、妊...

妊婦さんにオススメの寒さ対策はこれ!

妊婦さんやお腹の赤ちゃんにとって冷えが良くないのは分かったけれどどうやって対策をすればいいのでしょうか。ここでは妊婦さんにオススメの食べ物やアイテムをご紹介したいと思います。毎日続く寒い日にはしっかり寒さ対策をしたいですね。

服装を見直しあったかアイテムを活用しよう!

最近の妊婦服はおしゃれなものも多くなり短い丈のスカートも目にします。しかし冬はもちろん夏でも素足で過ごさず靴下やタイツを一緒に履きましょう。ただ締め付けがきついタイツは血行を悪くしてしまうのでやめましょう。足の冷えには足用の貼るカイロやレッグウォーマーがオススメです。外出する時は首元を冷さないようにマフラーなどを必ずしていってください。

また腹巻きや毛糸のパンツもオススメです。可愛いものやおしゃれなものがたくさんあるのでぜひ探してみてくださいね。

軽い運動をして冷えを改善しよう!

安定期に入りお腹の張りなどがなければウォーキングから始めてみてはどうでしょうか。ウォーキングは気軽に始められ、安産にもつながると言われているのでおススメです。最初は10分くらいから始めてみましょう。ウォーキングじゃ物足りない!という方にはマタニティヨガやマタニティスイミングもオススメです。

マタニティヨガはお腹に負担が少ないポーズばかりですし、マタニティスイミングは泳げない人でも大丈夫です。水中を歩くだけで十分効果があり、水中で歩く方が足や腰にかかる負担も軽減されます。

体をあたためる食材を積極的にとろう!

積極的にとりたい野菜は根菜です。体を温める食材代表の生姜はもちろん、ごぼうや人参、ねぎなどがいいですね。冬が旬の野菜の大根や白菜も体を温めると言われています。野菜はサラダなどの生野菜では体を冷やしてしまうので温野菜にしましょう。

飲み物も冷たい物より温かい方がいいですね。控えたいのは白砂糖です。白砂糖は体を冷やしてしまうのでハチミツなどで代用してみてください。体を温める野菜を使って和食中心の料理を心がけましょう。

合わせて読みたい

臨月の胎児、体重や大きさは?週ごとの状態を記録しよう!
妊娠10ヵ月、つまり妊娠36~39週の4週間のことを「臨月」と言います。この時期は、もう出産間近となり、出産への期待と不安でドキドキする日々を過ごしている妊婦さんが多いのではないでしょうか。いつ陣痛が来て出産になってもいいように、入院の準備を整えておくべき時期でもあります。 胎児も同じように、...

教えて!妊娠中の乾燥の原因や対策

妊娠すると様々な体の変化が起こりますが、妊娠中に肌トラブルになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。妊娠中は肌が乾燥しやすいうえに冬になるとさらに乾燥してしまいます。ここでは乾燥の原因や対策についてお話します。

どうして妊娠中は乾燥しやすいの?

ただでさえ冬で乾燥しやすいのに妊娠中ではさらに乾燥しやすいです。妊娠中に乾燥しやすくなる原因としてはまずホルモンバランスの変化が考えられます。妊娠すると女性ホルモンが増加するのですが、その女性ホルモンの影響で乾燥しやすくなってしまいます。

次に考えられる理由としては水分不足による乾燥です。妊娠中は水分をお腹の赤ちゃんに送るため体の水分が不足してしまいます。体の水分が足らず肌も乾燥してしまうという訳なのです。

冬の乾燥を防ぐにはどうすればいい?

冬は暖房などで部屋が乾燥しがちです。部屋が乾燥すると肌も乾燥してしまいますので加湿を心かげてください。加湿器があれば使用し、加湿器がなければ洗濯物を部屋に干すなどしてみるのも加湿の方法の一つです。暖房器具ですが、エアコンは空気が乾燥しやすくなるので床暖房やホットカーペットで足元から温まる方が冷えの改善にもなります。

水分もこまめにとりましょう。冬は寒いのでトイレも近くなります。さらに妊娠中だとトイレに行く回数も増え体の水分が不足しがちです。そんなときは冷たい飲み物ではなく、温かい飲み物で水分補給しましょう。

乾燥で肌が痒い!そんな時どうする?

気を付けていても乾燥してしまって体が痒い時にはどうすればいいのでしょうか。まずお風呂の温度に注意です。寒いから熱いお風呂に入りたいと思うかもしれませんが、熱いお湯に入ると余計に体が痒くなってしまうので40度くらいのぬる目のお風呂がいいでしょう。体を洗う時もゴシゴシ洗うのではなく、石鹸をしっかり泡立てて優しく洗いましょう。

お風呂から出たら保湿を忘れずにしてください。保湿効果の高いベビーローションや馬油がオススメです。赤ちゃんのスキンケアにも使えます。

おわりに

妊娠中は冷えやすく乾燥しやすいものですが、冬になるとさらに冷えや乾燥がひどくなってしまいます。冷えは妊婦さんやお腹の中の赤ちゃんにとっては良くないことなのできちんと対策したいですよね。乾燥も妊婦さんにとってはストレスになってしまうので防ぎたいところです。ここでご紹介した対策で冷えや乾燥から妊婦さんやお腹の中の赤ちゃんが守れたらと思います。

ピックアップ

妊娠後期の吐き気はなぜ起きる?原因と対策
妊娠初期のつわりが終わって一安心し、比較的安定的な中期を過ごしていたと思ったら・・一転、頭痛や吐き気に襲われるということがあります。 これは後期つわり、いわゆる「第二のつわり」とも呼ばれており、妊娠後期に突入し、ホルモンバランスに変化が起こることで引き起こされます。 今回は、この後期つわりが...
妊娠後期の過ごし方におすすめ♪安産のための運動3選
妊娠中に運動をするのってどうなのだろう?という疑問を持ったことはありますか。 確かに、お腹はどんどん大きくなっていきますし、もしものことがあったら・・と考えると不安にもなりますよね。ただ結論から言えば、妊娠中の運動はするべきです。 前提として、妊婦さんには出産を乗り切るための体力が最低限必要...

https://tamagoo.jp/pregnant/pregnancy-latter-period-fart-cause/

33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
肌の乾燥・冷えがつらい!妊婦さんの快適な冬の過ごし方
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

妊娠後期(8~10ヶ月)の悩みについて・・・あわせて読みたい

眠れない日々にさよなら!臨月に起こる不眠の原因と対処法
待ちに待った臨月へ突入。あと少しで赤ちゃんに会えると思うと毎日がドキドキですよね。今日は陣痛がくるかなという楽しみと共に、多くの妊婦さんが悩んでいるのが不眠についてです。大きくなったおなかを抱えて過ごす毎日は、妊娠前と比べ、とても疲れやすくなっています。 今回は、臨月に入り眠れなくなった人へ、...
妊娠後期の過ごし方におすすめ♪安産のための運動3選
妊娠中に運動をするのってどうなのだろう?という疑問を持ったことはありますか。 確かに、お腹はどんどん大きくなっていきますし、もしものことがあったら・・と考えると不安にもなりますよね。ただ結論から言えば、妊娠中の運動はするべきです。 前提として、妊婦さんには出産を乗り切るための体力が最低限必要...
臨月の胎児、体重や大きさは?週ごとの状態を記録しよう!
妊娠10ヵ月、つまり妊娠36~39週の4週間のことを「臨月」と言います。この時期は、もう出産間近となり、出産への期待と不安でドキドキする日々を過ごしている妊婦さんが多いのではないでしょうか。いつ陣痛が来て出産になってもいいように、入院の準備を整えておくべき時期でもあります。 胎児も同じように、...
破水から陣痛!初めての出産で知っておきたい破水の原因
初めての出産を迎えるにあたり、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。特に妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ますます気になってくるのが「破水」や「陣痛」といった出産のサイン。場合によっては突然破水してしまい、パニックに陥ってしまうといったケースも多く見られます。 そこで今回は、初めての出産...
妊婦さんにおすすめな「シムスの体位」と仰臥位低血圧症候群を防ぐ寝方
妊娠中はホルモンバランスの変化や胎動により、通常よりも眠りが浅くなる時期。眠りたいのに眠れないということが毎日続くと、疲れたりイライラしたりしてしまう妊婦さんも多いことでしょう。お腹が大きくなってきても以前と同じ慣れたスタイルで寝ていると、恐ろしい病気を引き起こす危険性もあります。 そこで、妊...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る