【妊娠35週】臨月目前!赤ちゃんの成長とママの体の変化まとめ

妊娠35週目

赤ちゃんの体に脂肪がつき、外見は新生児と変わらなくなってくるのが妊娠35週。内臓も完成に近づいてくるので、早産になっても生存率は正産期とほぼ同じです。が、さまざまなリスクを伴います。「ママのおなかの中の1日はおなかの外の10日」といわれるほど、おなかの中での発育は著しいものがあります。この1週間で赤ちゃんの体の機能が整うので、ママのおなかの中で赤ちゃんをしっかりと育てましょう。

赤ちゃんの発育は最終ステージへ!

成長
ママの体が日々つらくなってくるのは、赤ちゃんがどんどん発育している証拠です。羊水量が減るので、赤ちゃんは子宮の中であまり動けなくなります。狭い空間で赤ちゃんはどのように発育しているのかを知ると、ママも頑張れて、赤ちゃんに会う日が楽しみになることでしょう。

赤ちゃんは大きくても小さくても個性です

妊娠35週の赤ちゃんの大きさは頭から足までで44~47cm、体重は2,000~2,500gです。皮下脂肪がつくので、ふっくらとして、手首や足首にくびれが出てきます。病院の先生から赤ちゃんの状態に問題がないといわれているのならば、大きさや体重の標準値にこだわる必要はありません。個人差はあって当然!個性としてとらえ、出産まで妊娠生活を楽しみましょう。

臨月に向けて体も脳も完成に近づきます

妊娠35週になると肺呼吸ができるようになるなど、胃腸も少しずつ機能し始めたりと、内臓器官は完成に近づきます。ただし、体脂肪が不十分なことから外の温度に適応できないので、この週に生まれると体温調整が必要となります。脳も発達し情報伝達はどんどんスピーディーになりますが、脳が大きくなりすぎると生まれるときに産道を上手に通れなくなることから、完成した脳で生まれることはありません。脳については生まれてからも完成に向けて発達し続けます。

胎動は減るはずなのに減らないのはなぜ?

ママのおなかの空間が狭くなって、赤ちゃんの動きを感じることが少なくなるのが妊娠35週です。時折赤ちゃんの足や手が動いて、飛び出た形で洋服の上からも見えることがあります。ママだけでなく周りの人にとっても赤ちゃんの存在を目で確認できるうれしい瞬間ですね。この時期は胎動が減るはずなのに、おへそのあたりで動いているのを感じるママもいるのではないでしょうか。心配はいりません。赤ちゃんのしゃっくりなので、大丈夫ですよ。

合わせて読みたい

ゆっくり休める?里帰り出産のメリット・デメリットを考える
ゆっくり休める?里帰り出産のメリット・デメリットを考える
産後は、自分の体力の回復と赤ちゃんのお世話があり、心配なことがたくさんあります。そのため里帰り出産を考えている妊婦さんも多いのではないで...

安心して臨月を迎えるための大切な35週目

仲のいい親子
妊娠9カ月の最後の週となる35週目は、誕生前の赤ちゃんを育むためにママの体には大変な負担がかかります。おなかは日々大きくなり、赤ちゃんは下がってくるので、おなかを支えるために背中や腰に痛みを感じる場合もありますし、足のむくみがひどくなる場合もあります。体調管理も必要になり、出産準備に時間をとられることもありますが、もう少しで臨月なので、出産を楽しみにこの1週間を大切に過ごしましょう。

成長する赤ちゃんはママの胃腸や心臓を圧迫します

妊娠35週目で子宮底長は29~37cmとなり、子宮は妊娠前より約800倍の大きさで重さは約20倍になります。大きくなった子宮はみぞおちに達するため、胃を圧迫し、つわりのような症状に苦しむママもいます。胃腸の具合が悪いようなら消化の良いものを少しずつ、何回かに分けて食べるようにしましょう。また、心臓や肺の圧迫で動機や息切れがひどくなる場合があります。無理をせずに休みながら過ごすようにしましょう。

体が思うように動かないときに悩ましいのが体重管理

妊娠35週目から出産予定日までに赤ちゃんは約1㎏増えるので、ママの体重も当然増えますが、増えすぎは難産につながります。このころになるとママは疲れやすく、体の動きも少なくなるので、カロリーオーバーによる体重増になりがちです。気持ちが悪くて食事を分けてとっているうちに食べ過ぎて太ってしまうと、体をいたわるつもりが出産に不安の種を残すことになってしまいますよ。

貧血気味なら早急に改善しましょう

ママの血液は出産のために造られて血液量は増えますが、赤血球数は増加しません。それに加えて、血液は赤ちゃんに酸素を運ぶために子宮に回り、ママの脳に十分な血液が届けられなくなります。そのために血液が増えているにもかかわらず、貧血になるママが多くなります。赤ちゃんは必要な鉄分をママの体から吸収するので、ママは赤血球を増やす必要があるのです。貧血になるとふらふらして、転倒する恐れがあります。おなかの赤ちゃんを守るためにも貧血対策は早急に行いましょう。病院で鉄剤を処方してもらえるので、貧血気味なら先生に相談してみてくださいね。そして、牛肉やほうれん草などの鉄分を多く含む食品を意識してとるようにしましょう。

合わせて読みたい

戌(いぬ)の日にはかかせない!妊婦さんにおすすめの腹帯6選!
戌(いぬ)の日にはかかせない!妊婦さんにおすすめの腹帯6選!
つわりが落ち着き安定期に入る頃になると双方の両親や周囲から「戌(いぬ)の日」「腹帯」という言葉が頻繁に出てくるようになるものです。それは...
22歳と18歳の二人の子どものママです。その時にやりたいことを楽しんでやる、楽しい毎日を過ごしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【妊娠35週】臨月目前!赤ちゃんの成長とママの体の変化まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る