【妊娠33週】赤ちゃんの五感が完成?赤ちゃんの成長とママの体の変化まとめ

妊娠33週目

妊娠33週。妊娠9カ月も2週目に入り、赤ちゃんもかなり大きくなってきました。それに伴って、ママのお腹も体もどんどん変化しています。一体妊娠33週とは赤ちゃんとママにとって、どういう時期なのでしょうか。今回は妊娠33週の赤ちゃんの成長とママの体の変化、またこの時期のママにおすすめの過ごし方についてまとめていきます。

スポンサーリンク

妊娠33週の赤ちゃんの体の成長

まず始めに、妊娠33週の赤ちゃんの体の様子と、その頃の成長具合についてお伝えしていきます。妊娠33週の赤ちゃんは、徐々に脂肪がついて赤ちゃんらしく変化をしてきます。髪の毛や爪もできて、だんだん産まれたての赤ちゃんに近づいてきました。

妊娠33週の赤ちゃんの大きさは?

妊娠33週の赤ちゃんはだいたい42~45センチほど。体重は1,600~2,300グラムくらいです。平均すると白菜1株程度の重さまで成長をしています。このころになると、赤ちゃんの頭囲がかなり大きくなってくるので、赤ちゃんが下の方向を向きやすくなります。そのまま下向きで落ち着くと、逆子の心配がなくなってくるのです。

五感の機能が働くようになり感情が出てきます

妊娠33週の赤ちゃんは、すでに聴覚は大人と変わらないほどの機能を備えていますので、突然の大きな音にびっくりしてしまう事もあります。触覚もしっかりしており、触れたものの感覚や痛さも感じるようになります。味覚に関しては、羊水を飲んだ時の味を理解しています。赤ちゃんは真っ暗な世界にいるため何かを見るという事はできませんが、光を感じる事はできます。

寝たり起きたりを定期的に繰り返しています

妊娠33週の赤ちゃんは、ママのお腹の中で起床と睡眠を定期的に繰り返しています。目を覚ましている間は指をしゃぶって遊んだり、手足を動かしたりあくびをしたりして過ごし、寝ている間は丸くなって静かにしています。起床と睡眠の感覚はだいたい30分~40分程です。外からの大きな音などで起こしてしまうと、赤ちゃんがストレスを感じてしまう事になるので注意が必要です。

合わせて読みたい

本好きな子どもになる?胎教におすすめ絵本ベスト6!
胎教には胎児に対して絵本を読み聞かせるという方法もあります。お腹の赤ちゃんに優しく声をかけたいと思っても一方的に話しかけ続けるのは大変ですが、絵本ならママも楽しみながら赤ちゃんに声をかけ続けることができます。絵本の読み聞かせの効果についてと、お腹の赤ちゃんもこれからママになる妊婦さんも楽しめる絵...

妊娠33週のママの体の変化は?

妊娠33週のママのお腹はすでにかなり大きくなっています。お腹の張りも増え、陣痛の前段階のような痛みを感じる方も出てくるかもしれません。妊娠33週のママの体には一体どういう変化が起こっているのでしょうか。順番に確認していきましょう。

妊娠33週の子宮の大きさやママの姿勢

妊娠33週ではママのみぞおちの下ほどまでに子宮がきており、小学生用の小型のバスケットボール位の大きさになってきています。ママは大きいお腹を支えようと体勢が反りがちになるため、ずっと一つの姿勢でいる事が大変になってきます。体のいたるところに痛みを感じるようになってくるでしょう。お腹の出方にも個人差があるので、しっかり妊婦健診を受けているママは人と比べてお腹が大きいとか小さいなどと不安にならなくても大丈夫です。

妊娠33週はの感覚に変化が現れる

妊娠33週には、赤ちゃんが徐々にお腹の下側に下がってきます。一番重い頭の部分がママの骨盤の内側に入っていくために、赤ちゃんの活動範囲がせばまり、動きがグニーと押される感じに変わります。そのため、胎動が以前よりも減ったと感じるママもいるかもしれません。しかし、もし胎動がかなり弱々しかったり、全く赤ちゃんの動きを感じとる事ができなくなったりした時には、一刻も早く病院を受診する必要があります

妊娠33週のママは眠りが浅くなってくる

妊娠33週頃のママは、いよいよ大きくなってきたお腹に喜びと同時に出産への不安な気持ちが出てきます。さらに体のさまざまな箇所に痛みがあったり、赤ちゃんの動きで起きてしまったりと心と体の両方の側から夜の眠りが浅くなってしまう傾向にあります。何度も起きてしまって眠れない時は、深く呼吸をしたり、今眠れなくても昼間に眠ればいいやと楽に考えてみましょう。夜に何度も起きる事は産後の赤ちゃんのお世話の練習と思えば、気持ちも穏やかになるかもしれません。

合わせて読みたい

妊娠後期に訪れる腰痛の原因と6つの対策法
妊娠後期には、妊娠する前に腰痛がなかった人でも症状が現れることがあります。妊娠中は安易に薬を飲むこともためらわれるので、対処には頭をひねらせてしまいますよね。症状が続くとストレスも溜まってしまいますが、妊娠中にストレスは大敵です。今回は、ストレスをためてしまわないためにも、妊娠後期の腰痛...

妊娠33週のママはこう過ごそう

妊娠33週のママは、お仕事をしているママならそろそろ産休に入る時期、里帰り出産のママもそろそろ実家に帰る時期です。臨月はもうすぐですがまだ余裕もあるこの時期、ママはどのように過ごしたらよいのでしょうか。

妊娠33週のママはを決定しよう

妊娠33週に入ったら、大切な出産準備の一つであるバースプランを決めましょう。昨今、日本でもバースプランを考えて希望通りの出産をしようと考えるママが増加しています。ママの出産に関する希望をお医者さんや助産師さんに事前に伝えておく事で、安心して出産に臨むことができるでしょう。具体的には立ち会い出産の希望・無痛分娩・カンガルーケア・母子同室希望など多岐にわたります。病院によっては専用の用紙を用意してくれているところもあります。

妊娠33週のママは大幅な体重の増減に注意

妊娠33週の頃は、個人差はありますが食欲が旺盛になったり、逆に全く食べたくなくなってしまったりという体重の増減が起きやすい時期でもあります。急に体重が増えてしまうと、妊娠高血圧症候群というママとお腹の赤ちゃんの両方に心配な病気のリスクが高くなってしまいます。さらに急な体重の減少は赤ちゃんに栄養がいきわたりづらくなり、発育に不安が出てきてしまうという事も考えられます。

妊娠33週のママは保育園の準備も進めておきましょう

妊娠33週という臨月直前の時期は、保育園を選んでおくのに最適の時期です。体がまだ動く時期にいろいろと情報を集めたり、見学をしたりしておくと後で楽になります。出産後のママは想像以上に忙しいもの。赤ちゃんを連れての見学は母子ともに負担が大きいです。いつ保育園の募集が始まるのかなど、今のうちに必要な事を調べておくと産後の仕事復帰がスムーズになります。

おわりに

今回は妊娠33週の赤ちゃんの成長とママの体の変化についてお伝えいたしました。お腹も大きくなり、いよいよ出産に向けてのラストスパートが始まります。体調には十分気をつけて、穏やかな妊娠生活を送ってくださいね。

ピックアップ

肌の乾燥・冷えがつらい!妊婦さんの快適な冬の過ごし方
妊婦さんにとって冷えはよくないという事を聞いたことはありませんか?どうして妊婦さんにとって冷えはよくないのでしょうか?夏の暑い時の妊娠も大変ですが、冬の冷えは妊娠中にはとてもツライものです。 さらに冬は乾燥の季節でもあります。冷えと乾燥を防いで快適に妊婦生活を過ごしたいですよね。今回は冷え対策...
臨月前にやっておきたい、子宮口を柔らかくする3つの方法
いよいよおなかの赤ちゃんとのご対面ももうすぐ。でも、出産で長い時間痛い思いをしたくはないですよね。完全に楽なお産はないにしても体力的、気持ち的に多少なりともリラックスして出産に臨めたらどれだけ嬉しいでしょう。 そこで今回は子宮口を柔らかくして出産がスムーズに臨めるような方法をご紹介します。 ...
眠れない日々にさよなら!臨月に起こる不眠の原因と対処法
待ちに待った臨月へ突入。あと少しで赤ちゃんに会えると思うと毎日がドキドキですよね。今日は陣痛がくるかなという楽しみと共に、多くの妊婦さんが悩んでいるのが不眠についてです。大きくなったおなかを抱えて過ごす毎日は、妊娠前と比べ、とても疲れやすくなっています。 今回は、臨月に入り眠れなくなった人へ、...
二人の男の子の母です。もともと野球ファンでしたが、今は息子の影響ですっかりサッカー狂になりました。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【妊娠33週】赤ちゃんの五感が完成?赤ちゃんの成長とママの体の変化まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る