【妊娠32週】もうお腹がパンパン!赤ちゃんの成長とママの体の変化まとめ

妊娠32週目

ついに妊娠9か月に入りました!臨月まであと1か月・・・妊娠32週目に突入です。お腹が大きくなったことによる影響がますます出てくる時期です。これまで出来ていた運動も、少しつらくなってくるかもしれません。あまり無理をせず、疲労を感じたら休憩をとるようにしましょう。この先、臨月には体重がぐっと増えやすくなります。この時期に増え過ぎないように体重管理をしっかりとしましょう。

スポンサーリンク

小柄な赤ちゃんでも1.5kg程度まで成長

子宮内でぎゅうぎゅうになっている赤ちゃんは、1.4~2.2kg程度まで成長しています。この頃から、子宮内の羊水が徐々に減りはじめ、赤ちゃんの動きがお腹の外からも目視できる事もあるかもしれません。赤ちゃんは、以前のように子宮の中をくるくる動くのではなく、頭を下に足を上にした体勢でキックをしたりパンチをしたりします。赤ちゃんの力強いキックに、夜眠れなくなるママも少なくないようです。

ほとんどの器官が完成しています

一部の器官をのぞいて、ほとんどの器官が完成されました。1.5kgの体重を突破すれば、もし早産になってしまっても、障がいの残る確率はぐんと減ると言われています。しかし、未完成の部分も多いので、まだまだお腹の中で成長させてあげたいですね。早産やにならないように、ゆったりとストレスのない生活を心がけましょう。

皮下脂肪がつき、ますます新生児らしくなります

体全体に皮下脂肪が付き、さらにふっくらとしてきます。豊かになった表情を見ようとエコー写真を撮っても、脂肪が原因でピントが合いづらく、ぼやけた写真になってしまうかもしれません。皮下脂肪があることで、赤ちゃんも体力が付きます。また、体温調節のためにも皮下脂肪は欠かせません。着々と外に出るための身体づくりを進めていますね。

逆子赤ちゃんのママは帝王切開も提案されるかも

赤ちゃんが自力で逆子をなおすには、難しい時期に入りました。逆子体操の効果などが見られず、逆子のままだった場合、赤ちゃんの体勢によっては、お医者様に帝王切開を提案されるかもしれません。帝王切開に抵抗があるママも多いとは思いますが、お医者様とよく話し合い、どの出産方法が赤ちゃんと自分にとって安全なのかを考えましょう。

合わせて読みたい

赤ちゃんが逆子だったら・・・実践したい直し方5選
「やった!妊娠した!でも、赤ちゃんが逆子だった・・・」、「妊娠中に突然赤ちゃんが逆子になってしまった・・・」など、そんなとき、何か実践できることはないのでしょうか? 自然に任せているだけでは落ち着かない、何かしたいと考える方は多いでしょう。 今回は、赤ちゃんが逆子だった場合に実践したい直し...

子宮が大きくなり、体調不良の原因に

大きくなった子宮はママの様々な臓器を圧迫しています。妊娠8か月の後半あたりから出始めるお腹が大きいことによる体調不良は、ますますママを悩ませるでしょう。しかし、赤ちゃんが大きくなっている証拠です。がんばって過ごしましょうね。

いわゆる「後期つわり」に悩まされます

妊娠初期につわりがなかった人も、後期つわりには悩まされるでしょう。子宮が胃などを圧迫するので、胃痛や胸やけをはじめ、ゲップや吐き気などが症状として出てきます。食事を少しずつとるなどの工夫をしましょう。また、なるべく刺激の少ない消化の良い物を食べる事も大切です。食後は上体を起こし、楽な姿勢で過ごすようにすると良いですね。

動悸(どうき)や息切れがして、苦しいことも

少し歩いただけでも息切れがしたり、急に動悸が激しくなったりして戸惑うママも多いと思います。これは、子宮に肺や心臓も圧迫されているせいです。苦しいときは体を休めましょう。しかし、動くとつらいからといって運動を全くしなくなるのは、体力も衰えますのでおすすめできません。切迫早産などの診断がない場合は、掃除機をかける、散歩に行くなどの軽い運動は毎日取り入れるようにしましょう。

頻尿・尿もれ・便秘・痔のトラブル

膀胱が圧迫されることから、頻尿や尿もれに悩まされます。パンティライナーなどを利用すると清潔さを保てるので良いですね。さらに、腸も圧迫されますので便秘になるママもいます。トイレが近くなるからと、水分補給を怠るのも便秘の原因になります。便秘が続くと痔にもなりやすいので、適度な水分補給は欠かさずするように心がけましょう。

合わせて読みたい

【つわり特集】妊娠初期、中期、後期それぞれのつわりの症状を解説!
つわり、と聞くと妊娠初期の不快症状を思い浮かべる人が多いと思いますが、つわりは妊娠初期を過ぎた安定期以降の妊娠中期~後期にも症状が現れることがあります。妊娠初期から臨月まで一貫してつわりが続く妊婦さんもいますし、症状が出たり引っ込んだりを繰り返す妊婦さんもいます。妊娠の段階別につわりの症状や...

早産になりやすい時期だと言われています

妊娠32週から、早産になりやすいと言われています。少しでも異常を感じた場合は、病院に相談しましょう。切迫早産の診断を受けたママはもちろん、そうでないママもゆったりとストレスのない生活を送り、体がつらくて出来ないことは家族を頼るようにするといいですよ。くれぐれも、無理をしないようにしましょうね。

出血などのトラブルがあればすぐに病院へ

内診や性交による刺激でごく少量の出血をする場合が多いかと思います。しかし、刺激を受けた覚えがない場合は、なるべくすぐに病院へ相談しましょう。この時期の出血には様々な理由があります。前置胎盤おしるし、早産の場合もありますし、出血が多いなら、常位胎盤早期剥離など急を要する状態になっている場合もあります

胎動?痛む間隔をはかりましょう

早い人で、この時期に前駆陣痛を感じるママもいるそうです。前駆陣痛はある人もいれば、ない人もいますし、前駆陣痛から本陣痛の間も、すぐの人もいれば1か月先の人もいます。また、赤ちゃんの力強い胎動を前駆陣痛と勘違いするママも少なくありません。もし、下腹部に強い痛みを感じた場合は、痛みと痛みの時間の間隔をはかりましょう。間隔がどんどん狭くなるようであれば、本陣痛かもしれません。すぐに病院に連絡しましょう。

お腹の張りが増える時期でもあります

この時期になると、狭い空間にいる赤ちゃんから受ける胎動が中から押すような感じになっています。それが原因となって、1日に数回程度、お腹が張ることが多くなります。お腹に張りを感じたら、体を休めて安静にしましょう。もし、安静にしても張りがおさまらない場合や出血した場合は、病院に相談することをおすすめします。

おわりに

いよいよ正産期まであとわずかとなりました。体にトラブルの少ない妊娠中期に比べ、後期つわりなど体調不良が続く日々に戻ってしまいましたが、マタニティ生活もあとわずか。気持ちを切り替えて楽しみましょう。体調の良い時間に安産体操などをして、ママも出産の日に備えましょう。入院準備や出産後の生活に必要な準備も終わらせておくと安心ですよ。

ピックアップ

臨月でも運動するべき?オススメの室内運動6選
臨月でも運動するべき?オススメの室内運動6選 寒い季節になると、大きなおなかの妊婦さんは外出が億劫になってしまいます。スムーズなお産のために、外を歩いたりして体力をつけておくのが望ましいといわれています。しかし、出産に向けて家の中でも手軽にできる運動もあります。今回は、臨月の方が生活の中で...
マタニティビクスで運動不足を解消!得られる4つの効果
妊娠中のよくある悩みごとに、「運動不足」や「体重管理」が挙げられます。そうした悩みの解消のために積極的に外出したり、食事に気を遣ったりと工夫されている方も多いようです。 妊娠中に激しい運動をすることには抵抗がありますが、「マタニティビクス」なら妊婦さん向けのプログラムや動きで、自分のペースに合...
妊娠後期に訪れる腰痛の原因と6つの対策法
妊娠後期には、妊娠する前に腰痛がなかった人でも症状が現れることがあります。妊娠中は安易に薬を飲むこともためらわれるので、対処には頭をひねらせてしまいますよね。症状が続くとストレスも溜まってしまいますが、妊娠中にストレスは大敵です。今回は、ストレスをためてしまわないためにも、妊娠後期の腰痛...
5歳と7歳の女の子の母です。今は次女のお受験の準備でバタついています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【妊娠32週】もうお腹がパンパン!赤ちゃんの成長とママの体の変化まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る