【妊娠30週】ママの体重増加が止まらない!赤ちゃんの成長とママの体の変化まとめ

妊娠30週目

妊娠8カ月の3週目にあたる、妊娠30週目。この週数まで来ると、胎動で赤ちゃんがどのように体を動かしているのか分かるママもいるくらい、赤ちゃんが大きくなっています。また、働くお母さんにとっては、いよいよ産休1カ月前ですね。しかし、しばらく休むからといって無理は禁物です。体と相談しながら日々を過ごしましょう。

ますますおなかが大きくなる体の変化

幸せな夫婦
だいぶおなかが重たくなってくるこの時期。赤ちゃんが大きくなったので、これまで下腹部で診ていたエコーもおへそ周りで診るようになります。この頃のママには妊娠中期には見られなかった体の変化がありますので、戸惑うことも多そうです。

ついに妊娠線が出始めるかもしれません

おなかの下の方がかゆい場合、妊娠線ができているかも知れません。ヒリヒリしたかゆさで、かいてもかいても治まりません。あまりひどい場合は、病院でかゆみ止めの軟こうなどを処方してもらいましょう。おなかが出ていて、下腹部が見えにくい時期。出産後、やっと見えた下腹部に想像以上の妊娠線があってショックを受けるママも…。妊娠線の原因は乾燥といわれています。普段から乾燥しないように保湿クリームを使用しましょう。

手足がむくんだり、静脈瘤(りゅう)ができたりすることも

心臓から離れている手足は血液の流れが悪く、むくみやすくなっています。ひどい場合は足に血管が浮きだして静脈瘤が見られることも。おなかが大きいとあまり体を動かさなくなるので、なおさらむくみがひどくなるといいます。おっくうでも散歩などで体を動かすようにしておきましょう。また、あまりにむくみがひどい場合は「妊娠高血圧症候群」も疑われますので、病院で相談しましょう。

この時期の尿もれは誰もが通る道です

大きくなった子宮がぼうこうを圧迫するので、頻尿になります。トイレにはよく行くのに、くしゃみをした勢いで尿もれをしてしまったというママはたくさんいます。こればかりは仕方がないので、パンティライナーなどを利用して対策をとりましょう。恥ずかしいと思うかもしれませんが、妊娠経験者なら誰しもが通る道。気にしなくて大丈夫です。

合わせて読みたい

妊娠線予防に高い効果を発揮する、専用オイルの正しい選び方
妊娠線予防に高い効果を発揮する、専用オイルの正しい選び方
赤ちゃんがスクスクと成長するのと同時に大きくなっていくおなか。大きくなればなるほど、おなかのなかの赤ちゃんがいとおしく感じるものです。し...

食生活の乱れが体に出て来るかも

果物
つわりが終わってから、好きなだけ好きなものを食べていたママはその影響が出てきているかもしれません。体重増加や妊娠中毒症など、食べ過ぎによるリスクははかり知れません。赤ちゃんのためにも、我慢できることは我慢してがんばりましょう。

もうすでに体重が10kg増加しているママは要注意

体重の増加はやせ型や標準体形の人でも12kg程度までといわれています。この時期すでに10kg増加している場合、30週から生まれるまでの赤ちゃんの体重増加が1kgちょっとと考えると、ママの体重はあと1kg程度までしか増やせません。今からでも食生活を見直し、体重管理をしっかり行いましょう。それが安産へとつながる方法です。

糖分や塩分のとり過ぎに気を付けて

食事は量や栄養と同じように、糖分や塩分のとり過ぎにも気を使いましょう。「妊娠糖尿病」や「妊娠中毒症」にかかってしまう恐れがあります。これらは安全な出産にも影響を与えますので、絶対に避けましょう。ジャンクフードやお菓子ばかりを食べる様な食生活はせずに、バランスのとれた食事をしましょう。外食もラーメンなど塩分の多いものではなく、ヘルシーなメニューがあるお店や和食が食べられるお店を選ぶと良いです。

胸やけがして食欲のないママもいます

赤ちゃんが大きくなり、胃を圧迫するので食事がしづらくなるママも少なくありません。胃痛がしたり、常に胸やけがしたり、吐き気がしたりと、まるでつわりが戻ってきたかのような感覚になります。そういった場合は、食事の回数を増やし、1回1回の食べる量を少なくするなどして対応しましょう。上半身を少し起こした体勢をすると多少楽かもしれません。あまりにつらい場合は、病院で相談すると良いでしょう。

合わせて読みたい

【レシピ付き】妊娠糖尿病になりやすい食べ物と予防となる食べ物
【レシピ付き】妊娠糖尿病になりやすい食べ物と予防となる食べ物
近年、妊娠糖尿病の検査が厳しくなり、妊娠糖尿病と診断される妊婦さんは少なくありません。妊娠糖尿病になることで、母体だけでなく胎児にもさま...
30代後半。家族構成は夫、長女8歳、次女6歳です。職歴はIT系企業でのWEBサイト制作、製造業企業でのECサイト運営補佐を経験。ライター以外にも、夫の仕事を在宅で手伝っていますので、あまり家事をする時間がありません。子どもたちには、自分のことはなるべく自分で出来る様に教えています。ただ、お勉強については、いっしょに出来る様に時間を確保しています。子どもたちには毎日の生活とお勉強で、考える力をしっかりと身につけて欲しいと思っています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【妊娠30週】ママの体重増加が止まらない!赤ちゃんの成長とママの体の変化まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る