【妊娠29週】お腹の張りが気になる!赤ちゃんの成長とママの体の変化まとめ

妊娠29週目

妊娠29週になると、赤ちゃんは子宮内に定位置を見つけ、ママの体は出産に向けて準備が始まっています。子宮の収縮が見られるようになり、お腹が張りやすくなるのが特徴です。お腹の張りを感じたら、体を休めるようにしましょう。そんな妊娠29週とはどのような時期なのでしょうか。赤ちゃんの成長とママの体の変化を見てみましょう。

スポンサーリンク

妊娠29週の赤ちゃんの様子とは

妊娠後期になった妊娠29週の赤ちゃんはどのように成長しているのでしょうか。この頃には、赤ちゃんの機能の発達もほぼ完了し、自力で生きていく力が出来上がっています。では、妊娠29週の赤ちゃん様子とはどのようなものなのでしょうか。

妊娠29週の赤ちゃんの成長とは

妊娠29週になった赤ちゃんは、身長40cm~42cm、体重1000g~1500gほどに成長しています。この頃になるとほとんどの赤ちゃんが1㎏を超え始め、大きく成長していきます。体の器官の機能面では、生まれてくるための準備が整い始めています。この時期からはさらに機能が成熟していきます。動きもより大きくなるため、ママを驚かせるかもしれません。

脳が発達し記憶することができます

妊娠29週の赤ちゃんの脳は、発達が活発的になり、脳細胞の表面にはたくさんのしわができてきます。そのため、この時期に情報処理をする能力が生まれていると考えられていますが、まだまだ未熟で、個人差もあります。子どもによってはお腹の中の記憶があるのは、この時期の脳の発達の差によって生まれるものです。

呼吸をするための練習が始まります

お腹の中にいる赤ちゃんは羊水の中で生きています。しかし、生まれると酸素を吸い、呼吸をする必要があります。妊娠29週頃から、その呼吸をするための練習を始めていると言われています。鼻や口の機能が発達し、筋肉量も増えているため、動かすことができます。口を開けたり閉めたりする動作などはこの時期に見られます。生まれたときの産声は、この練習の成果です。

合わせて読みたい

妊娠初期→中期→後期の臭いや色は?知っておきたいおりものの大切な役割
おりものとは、子宮内膜や膣などの粘液や分泌物を総合したものを指します。生理周期や生理の前後などで量や臭いの変化を感じる人も多いのではないでしょうか。そんなおりものには、重要な役割があります。おりものの変化は体の不調や病気のサインかもしれません。また、妊娠期間中のおりものの変化とはどのようなも...

妊娠29週のママの体の変化について

妊娠後期にあたる妊娠29週は、ママの体自体が出産に向けて大きな変化が見られます。今まで感じなかった体調の変化に戸惑うママも少なくありません。そんな妊娠29週のママの体の変化とはどのようなものでしょうか。

お腹の張りやの量が気になります

妊娠後期に入るとお腹の張りを頻繁に感じるようになり、おりものの量も増えます。妊娠中期から感じ始める人もいますが、妊娠後期には、ほとんどのママが感じるようになります。お腹の張りを感じたら体を休め、おりものにはおりもの用のナプキンを使用し、清潔さを保つようにしましょう。この時期はにかかりやすいため、注意が必要です。

股関節に痛みを感じるかもしれません

妊娠中のホルモンバランスにより、骨盤が緩くなっているなか、妊娠29週になると子宮が大きさを増し、より重たくなるため、股関節などに痛みを感じるママがいます。股関節の痛みは、骨盤ベルトを使用し、体を休めることで緩和していきましょう。また、あぐらなど楽な姿勢を見つけたり、マッサージをしたりするのも効果的です。体が疲れないようにお風呂にゆっくり入り、体をリラックスさせましょう。

赤ちゃんの激しい動きを感じます

赤ちゃんの筋肉が発達し、が今までよりも激しくなります。この時期の赤ちゃんは、睡眠サイクルができ始めていますが、20分寝て20分起きてという睡眠方法で、長時間睡眠を取るというようなものではありません。そのため、胎動は昼夜関係なく感じることになります。そのため、ママがその胎動で目を覚ますこともあるかもしれません。ママがリラックスしているときほど赤ちゃんが元気に活動しているのかもしれません。

合わせて読みたい

胎動はいつから?さまざまな胎動の種類について
胎動を感じ始めると、お母さんになる喜びを実感するという声をよく耳にします。胎動は新しい命からお母さんへのメッセージなため、妊娠すると「早く胎動を感じたい」と胎動を心待ちにする方が非常に多いです。 そこで今回は、胎動はいつからわかるのか、どのような種類があるのかなど、胎動に関する基本知識をまとめ...

妊娠29週に気を付けておきたいこと

妊娠後期は、今までの体の変化よりも大きな変化があります。そのため、しっかり注意点を把握し、快適なマタニティライフになるようにしましょう。妊娠後期の妊娠29週には、出産に向けて本格的な準備と心構えが必要です。

リラックスした環境をつくりましょう

妊娠後期になると、赤ちゃんの胎動で寝不足になったり、体の疲れをより感じたりするようになります。そんなときこそ体を休め、リラックスしましょう。激しい胎動は赤ちゃんの元気の証です。ママがリラックスできているときほど赤ちゃんは活発に動くことができます。赤ちゃんとママは一心同体なのです。ママがストレスを抱えないようにしましょう。

膣内を清潔に保つよう心がけましょう

おりものの量が増える妊娠後期である妊娠29週は、ムレなどによる不衛生から感染症のリスクが高まります。そのため、膣内を清潔に保つよう心がけましょう。しかし、膣はとても敏感です。せっけんなどでゴシゴシ洗いをするのはやめて、ぬるま湯で優しく洗うようにしましょう。また日中はおりもの用ナプキンや下着をこまめに交換して清潔にしてください。

妊娠線予防は引き続き行いましょう

妊娠線予防は、妊娠中期から始めることが理想ですが、今からでも間に合います。妊娠29週頃になるとよりお腹が大きくなるため妊娠線ができやすくなります。しっかりケアしましょう。また、子宮が大きくなることで股関節に痛みを感じることもあります。この時期から痛みを感じる場合は出産のことも考え、骨盤ベルトを使用するなど、しっかりケアしましょう。

おわりに

妊娠29週は、出産準備を本格的に始めましょう。マタニティライフも終わりが見えてくる時期です。出産に向けて体の変化やそれに合わせてママの心構えや準備が必要です。体調管理や胎動に注意しながら、楽しいマタニティライフを過ごせるようにしましょう。

ピックアップ

妊娠線予防に効果があるのは妊娠線クリーム?オイルマッサージ?
赤ちゃんを授かることは、この上ない喜びに違いありません。しかし、その喜びも束の間、妊娠4~5ヶ月目からはじまる急激なお腹の膨らみや胸のハリによって妊娠線ができてしまうなんてことも。 「妊娠線ができないように予防したいけど、普段使いのボディクリームじゃダメ?」 妊娠線は一度できてしまうと消すの...
赤ちゃんが逆子だったら・・・実践したい直し方5選
「やった!妊娠した!でも、赤ちゃんが逆子だった・・・」、「妊娠中に突然赤ちゃんが逆子になってしまった・・・」など、そんなとき、何か実践できることはないのでしょうか? 自然に任せているだけでは落ち着かない、何かしたいと考える方は多いでしょう。 今回は、赤ちゃんが逆子だった場合に実践したい直し...
臨月にはどんな体調の変化がある?6つの症状まとめ
臨月になると赤ちゃんに会えるのも、もうすぐという楽しみがどんどん大きくなりますが、出産への不安も大きくなる時期ですね。気持ちとは別に臨月になると体にもいくつかの変化が出てきます。臨月とは一体どんな時期なんでしょうか?どういった体の変化が起きるのでしょうか?体に起きる変化を理解し、少しでも不安...
10,8,2歳の男の子のママです。賑やかすぎる毎日を子どもたちと一緒に過ごしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【妊娠29週】お腹の張りが気になる!赤ちゃんの成長とママの体の変化まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る