大きいお腹が原因!妊娠中の体型変化でおこる4つの困ったこと

良ければシェアをお願いします。

困る妊婦さん

妊娠中には、経験してみなければわからないことがたくさんあります。しかし、情報を得ておけば、事前に良い心構え、準備ができます。妊娠で大変なのは、つわりだけではありません。お腹が大きくなるにつれ、困ることも増えていきます。
今回は、妊娠中の体型の変化とともに起こる4つの困ったことと、対処法をまとめました。

スポンサーリンク

妊娠線

妊娠中には、お尻や足など、お腹以外の体型も変化し、お腹が大きくなっていくのに皮膚がついていけず、皮膚の表面が裂けて、妊娠線ができることもあります。また、お腹だけでなく、太ももやお尻、バストなどにできる場合もあります。妊娠するとお尻が大きくなるのは、大きなお腹を支えるためです。お腹だけでなく、お尻まわりがきつくなって、妊娠前のパンツがはけなくなるかもしれません。けれど安心してください。太ったわけではなく自然な現象です。

妊娠線を予防するには

大きなお腹を支えるために、足の付け根が圧迫されて痛みを感じたり、足がむくんだりすることもよくあります。意識的に足を動かすようにしましょう。運動するのが難しい場合は、軽いストレッチや足浴をするのもよい方法です。妊娠線を予防するためには、保湿が大切です。妊娠5カ月、6カ月頃から、専用のクリームなどを使って、予防しましょう。クリームなどを塗りながらやさしくマッサージすると、リラックスした気分にもなれます。

合わせて読みたい

【男性編】妊娠中の夫婦仲を良くする5つの秘訣!
妊娠中の女性は、おなかの赤ちゃんの成長とともに、心と体にさまざまな変化が訪れます。ホルモンバランスの変化から精神的に不安定になり、感情のコントロールがうまくいかなくなることもあります。また、つわりや腰痛などがひどくなり、日常生活もままならないくらいに、ひどくなることもあります。このように、妊娠中...

体調の変化

腰痛

妊娠してお腹が大きくなってくると、体型の変化は体調にも影響を与えます。その症状を次にご紹介いたします。

腰痛

お腹が大きくなると、姿勢が悪くなり、腰や背中に負担がかかるようになります。それが腰痛の原因です。そして腰痛は、その他の不調も引き起こします。妊婦向けのマッサージや、体操やヨガを行うとよいでしょう。骨盤まわりの筋肉が鍛えられると安産につながりますし、運動はストレス解消にもなります。ヨガ教室などに参加すれば、ママ友を作る良い機会にもなります。

頻尿・便秘

子宮が大きくなると、膀胱や大腸を圧迫し、便秘や頻尿を引き起こすことがあります。どちらも自然な現象で、大抵の場合、産後には解消されます。出かけるときには、トイレ休憩も考慮に入れて、スケジュールを組みましょう。簡易トイレを車に積んでおくのもよいでしょう。便秘がひどくなると、痔になってしまう場合もあります。

家事が不便になる

家事の手伝い

お腹が大きくなるにつれて、前かがみの姿勢がつらくなり、家事がしづらくなります。お腹が大きくなると、こんなことが辛くなるという事例をあげたいと思います。

料理

料理台にお腹がつかえて、思うように料理できなかったりする場合もあります。また、料理中の臭いもかがなければいけません。長時間かかるものはなるべく避けて、休み休み行いましょう。

洗濯物

洗濯物を洗濯機にいれる段階から、お腹が邪魔をしてやりづらくなります。やっとの思いで、洗濯物を洗濯機にいれて、洗濯が終わっても、その洗濯物を取り出しさらには、干さなければいけないため、妊婦さんには重労働な家事となります。

ゴミ捨て

ゴミ捨ては、妊娠初期はつわりの影響でゴミの臭いをかげないかもしれませんし、妊娠後期には、ゴミ袋を抱えて階段を下りるのは危険になります。

お風呂掃除

前かがみにならなければいけないお風呂掃除は、大きなお腹では大変です。滑って転ぶ危険もあります。

そのほかにも、庭の手入れや、ちょっとしたゴミを拾うこと、大きな買い物なども、お腹の大きな妊婦さんには、大仕事です。できないことは、無理をせず、家族に協力してもらいましょう。

合わせて読みたい

【調査】妊娠中の夫婦間のトラブルとは?奥さんの本音を調査!
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 今回は、妊娠・出産経験をした女性100人に、妊娠中の旦那さんとのトラブルについて聞いてみました。全く喧嘩をしない夫婦の方が少ないとは思いますが、妊娠中となると、やはり奥さんとしては気遣ってほしいと願うものですよね。そのことから、トラブル...

生活が不便になる

横向きでねる妊婦

上述でご説明した、家事での不便な出来事のほかに、普段の生活において不便になることも、たくさん増えます。知っておくことで、トラブルを防ぐこともできるため、しっかりと覚えておくことをおすすめいたします。

靴や靴下・足の爪切り

自分で足の爪が切れなくなったら、無理をせず、家族に切ってもらいましょう。靴や靴下は、お腹がつかえて履きにくい場合と、足がむくんで履きにくい場合があります。いずれにしても、履きやすく、安全なものを選びましょう。

階段・和式トイレ

大きなお腹で足元が見えなくなると、階段を使うときに注意が必要になります。手すりなどを使って、ゆっくり上り下りしましょう。また、外出時はできるだけ洋式トイレのある場所を探すようにしましょう。和式トイレでは、足がむくんでいてしゃがみづらかったり、お腹が大きいと、バランスを取るのが難しかったりします。

仰向けで寝られなくなる

子宮が大静脈を圧迫して血液が心臓に戻りにくくなるため、仰向けで寝ると苦しくなります。また、仰向けで寝ると、死産のリスクが高まるという報告もあります。横向きの姿勢で、抱き枕を使うなど、寝やすい方法を探しましょう。

また、そのほかにも運転できなくなったり、重いものが持てなくなったりもします。起き上がったり、座ったり、という単純な動きもしづらくなります。あせらず、無理せず、ゆっくり行動するように心がけましょう。

おわりに

今回は、妊娠中の体型変化によって起こる困ったことと、その対処法をご紹介しました。以前のように動けなくなって、がっかりしたり、もどかしく思ったりすることもあるでしょう。しかし、元気な赤ちゃんが生まれるまでの、もう少しの辛抱です。この記事を家族と一緒に読んで、状況を理解してもらうとよいでしょう。妊娠・出産は、妊婦さん一人の問題ではありません。妊娠中の困難を、家族で乗り越えましょう。

ピックアップ

早産の一歩手前?切迫早産を引き起こす4つの原因
正期産と呼ばれる妊娠37週~42週頃まで、赤ちゃんはお腹の中で育つことは理想的であると言われています。しかし、何らかの原因によりそれ以前に赤ちゃんが生まれてしまう「早産」や、生まれそうな状態になる「切迫早産」になる妊婦さんもいます。 今回は、切迫早産はなぜ引き起こされてしまうのか、その原因につ...
妊娠しやすい人、しにくい人の特徴
子どもが欲しいと思っても、なかなか恵まれないと悩む女性は多くいます。特に妊活中は、それがストレスとなり、かえって妊娠しにくい環境を作り出してしまうこともあります。すぐに妊娠の兆候が見られる人と、見られない人には、どのような違いがあるのでしょうか。今回は、「妊娠しやすい人」と「妊娠しにくい...
妊娠後期の過ごし方におすすめ♪安産のための運動3選
妊娠中に運動をするのってどうなのだろう?という疑問を持ったことはありますか。 確かに、お腹はどんどん大きくなっていきますし、もしものことがあったら・・と考えると不安にもなりますよね。ただ結論から言えば、妊娠中の運動はするべきです。 前提として、妊婦さんには出産を乗り切るための体力が最低限必要...
28歳。A型。独身。
結婚についてよく聞かれるお年ごろ。専門知識に目がなく、探しものやコラムを書くのが好き。女性が安心して生活を送れるよう食品に含まれている添加物や成分について研究中。「食」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
大きいお腹が原因!妊娠中の体型変化でおこる4つの困ったこと
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る