大きいおなかが原因!妊娠中の体形変化でおこる、四つの困ったこと

スポンサーリンク

困る妊婦さん

妊娠中には、経験してみなければわからないことがたくさんあります。しかし、情報を得ておけば、事前によい心構え、準備ができます。妊娠で大変なのは、つわりだけではありません。おなかが大きくなるにつれ、困ることも増えていきます。
今回は、妊娠中の体形の変化とともにおこる四つの困ったことと、対処法をまとめました。

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

妊娠線

妊娠線

妊娠中には、お尻や足など、おなか以外の体形も変化し、おなかが大きくなっていくのに皮膚がついていけず、皮膚の表面が裂けて、妊娠線ができることもあります。また、おなかだけでなく、太ももやお尻、バストなどにできる場合もあります。妊娠するとお尻が大きくなるのは、大きなおなかを支えるためです。おなかだけでなく、お尻まわりがきつくなって、妊娠前のパンツがはけなくなるかもしれません。けれど安心してください。太ったわけではなく自然な現象です。

妊娠線を予防するには

大きなおなかを支えるために、足の付け根が圧迫されて痛みを感じたり、足がむくんだりすることもよくあります。意識的に足を動かすようにしましょう。運動するのが難しい場合は、軽いストレッチや足浴をするのもよい方法です。妊娠線を予防するためには、保湿が大切です。妊娠5カ月、6カ月頃から、専用のクリームなどをつかって、予防しましょう。クリームなどを塗りながらやさしくマッサージすると、リラックスした気分にもなれます。

合わせて読みたい

【男性編】妊娠中の夫婦仲をよくする五つの奥の手!
妊娠中の女性は、おなかの赤ちゃんの成長とともに、心と体にさまざまな変化が訪れます。ホルモンバランスの変化から精神的に不安定になり、感情の...

体調の変化

腰痛

妊娠しておなかが大きくなってくると、体形の変化は体調にも影響を与えます。その症状を次にご紹介いたします。

腰痛

おなかが大きくなると、姿勢が悪くなり、腰や背中に負担がかかるようになります。それが腰痛の原因です。そして腰痛は、そのほかの不調も引き起こします。妊婦向けのマッサージや、体操やヨガを行うとよいでしょう。骨盤まわりの筋肉が鍛えられると安産につながりますし、運動はストレス解消にもなります。ヨガ教室などに参加すれば、ママ友を作るよい機会にもなります。

頻尿・便秘

子宮が大きくなると、ぼうこうや大腸を圧迫し、便秘や頻尿を引き起こすことがあります。どちらも自然な現象で、大抵の場合、産後には解消されます。出掛けるときには、トイレ休憩も考慮にいれて、スケジュールを組みましょう。簡易トイレを車に積んでおくのもよいでしょう。便秘がひどくなると、痔(じ)になってしまう場合もあります。

29歳。A型。独身。 結婚についてよく聞かれるお年ごろ。専門知識に目がなく、探しものやコラムを書くのが好き。女性が安心して生活を送れるよう食品に含まれている添加物や成分について研究中。「食」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
大きいおなかが原因!妊娠中の体形変化でおこる、四つの困ったこと
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る