【医師監修】【妊娠中期】出血の原因、症状、対処法

監修医師プロフィール:清水なほみ 先生のイラスト 清水なほみ 先生

2001年広島大学医学部医学科卒業、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。

日本産科婦人科学会専門医、日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。

日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートします。

http://www.vivalita.com/staff.html


考える女性
妊娠中に出血があると「赤ちゃんは大丈夫なの?」と心配になってしまいますよね。今回はそんな妊娠中期の「出血」に焦点を当てて解説いたします。問題のない出血、身体からのSOSサインである出血など原因や症状、対処法などを併せてご紹介いたします。

妊娠中期の出血原因と症状

軽い出血
出血原因はさまざまですが、病気や流産、早産などのサインである出血や問題のない出血があります。ここでは問題のない出血と危険な出血に分けて、原因や症状を解説していきます。

問題のない出血

子宮頸管(けいかん)ポリープ

これは子宮の入り口付近にできる粘膜組織が増殖し、膣内に垂れ下がっているイボのようなものの総称です。悪性の確率は極めて低く、妊娠・出産に与える影響はありません。出血しやすいものなので、激しい運動をしたり、触診をしたりする際に血が出ることがあります。特に問題のないポリープですが、出血頻度が多い場合には切除しても良いでしょう。

子宮膣部びらん

これは病名ではなく、症状の名称です。女性ホルモンの乱れなどにより、膣内が赤くただれて見えるような状態のことを子宮膣部びらんと呼びます。生理的なものなので特に問題はありません。妊婦さんの半数が経験している症状で、膣内部が充血していて柔らかいため、出血しやすい状態になっています。特に気にする必要のない状態で、妊娠中に治療もできないため基本的にはそのままにしておきます。性行為などによる物理的な刺激で出血しやすくなるので、びらんからの出血がある人は妊娠中の性行為は控えた方がいいでしょう。

茶褐色の出血

茶褐色の血は身体の中にたまった古い血とされており、心配ないものもあります。ただし、少量の出血でも感染や子宮口が開いているサインである可能性もあるので、出血の状況をメモしておき、医師に伝えるようにしましょう。

合わせて読みたい

【医師監修】妊娠初期から臨月まで!問題ある出血と問題ない出血の見極め方
【医師監修】妊娠初期から臨月まで!問題ある出血と問題ない出血の見極め方
妊娠中に何かトラブルが起きた場合、自覚症状として現れるのは出血とおなかの張りや痛みです。このうちおなかの張りや痛みを伴わない出血は、...

危険な出血

切迫流産による出血

妊娠22週未満の場合、切迫流産になってしまうことがあります。流産とは違い、妊娠状態が続けられる可能性もあると言われています。茶褐色の出血が継続的にあったり、血が塊となって出ていたりする際には切迫流産の確率が高いです。直ちに病院に行くようにしましょう。

切迫早産による出血

妊娠22週~37週の間に赤ちゃんが生まれてしまうことを早産と呼びます。切迫流産と同じように、妊娠状態を続けられる可能性があるのが切迫早産です。おなかの張りを伴う出血が見られた場合には切迫早産の前兆であるため、医師の診察を受けるようにしましょう。

前置胎盤・低置胎盤による出血

前置胎盤とは胎盤が通常よりも低い位置にあり、子宮口にかぶってしまっている状態です。低置胎盤は前置胎盤ほどではないものの、胎盤が低い位置にある状態を指します。胎盤が剝がれることにより、鮮血が大量に出ることが特徴です。放置しておくと母体は貧血になり、赤ちゃんに栄養が伝わらなくなるため病院に行きましょう。

子宮頸管無力症による出血

子宮頸管無力症(しきゅうけいかんむりょくしょう)とは、子宮の出口にある子宮頸管の筋力が弱くなってしまうことにより、開きやすくなってしまう状態になる症状のことを指します。自覚症状が少なく、出血によって自覚することもあるようです。出血をしたらまず子宮頸管無力症の可能性を疑いましょう。

常位胎盤早期剥離による出血

胎盤は本来分娩(ぶんべん)後に剝がれるものですが、常位胎盤早期剥離の場合、体内に胎児がいるにも関わらず胎盤が剝がれてしまいます。体外に出血をすることは少ないのですが、子宮内で大量出血をしている可能性があります。目視できる出血は少しでも、子宮では大量出血していることも考えられますので、腹痛を伴う出血をしていたら病院へ行きましょう。

合わせて読みたい

妊娠中は不安でいっぱい!旦那?医者?誰に相談すればいいの?
妊娠中は不安でいっぱい!旦那?医者?誰に相談すればいいの?
慣れない妊娠中は心配なことがたくさん出てきます。また、今後の育児はどうすればいいかなども漠然と気がかりでしょう。悩みごとは適切な相手に相...
33歳。B型。既婚。 妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】【妊娠中期】出血の原因、症状、対処法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中期(5カ月~7カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る