危険!妊娠後期の出血の原因と病気についての基礎知識

良ければシェアをお願いします。

ソファに座る妊婦

妊娠中は不安なことがたくさんありますね。中でも心配なことは「出血」です。今回は妊娠後期に起きる出血に焦点を当てて解説していきます。「この出血は大丈夫なの?それとも危険なの?」という疑問を徹底解決!「私は大丈夫かな?」と不安に思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

妊娠後期の出血原因は?

横たわる妊婦

妊娠後期とは妊娠28週以降の時期のことを指します。この時期以降に出血があった場合には以下の項目に当てはまる可能性があると考えられます。

1.切迫早産

早産とは妊娠22週0日~妊娠36週6日までの出産のことです。切迫早産とは早産になってしまうひとつ手前の状態のことを指します。早産の場合は生まれてきた赤ちゃんに障害があったり、発達が遅いことがあったりすることもあるとされています。

早産や切迫早産の症状は継続的な腹痛やお腹の張り、出血などが挙あげられます。出血量としては生理時と同じくらいの量が出るとされています。出血がない場合もあるので、腹痛が続いたり、お腹の張りが治まらなかったりした際には医師の診察を受けるようにしましょう。切迫早産や早産の場合の出血は、通常の出産時に起きる卵膜が剥がれて起きる場合と、子宮頚管・子宮が菌に感染することにより、炎症を起こして起きる場合があるとされています。

2.常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)

常位胎盤早期剥離とは出産前に胎盤が剥がれてしまうという症状です。通常胎盤は赤ちゃんが生まれた後に剥がれますが、この症状が出ると先に剥がれてしまいます。胎盤は赤ちゃんに栄養や血液を届ける以外にも、酸素を届ける役割も担っています。そのため、出産前に胎盤が剥がれてしまうと赤ちゃんは酸素不足に陥ってしまい、最悪の場合死に至ってしまうとされています。

常位胎盤早期剥離が起きると母体は大量出血し、血の塊が出ることもあります。この場合、お腹の赤ちゃんだけではなくお母さんも危険な状態になります。茶色っぽい血液が出るとされ、「下着に血がついている」程度ではなく、「トイレに行かなければならない」レベルのことが多いとされています。実際に膣から出る血の量が少なくても、子宮に溜まっている血液の量はとても多いため、自覚がなくても危険な状態ということになります。また早産・切迫早産の症状と同じように、腹痛やお腹の張りを感じることもあると言われています。早産・切迫早産の腹痛と違う点は継続的に激痛が続くという特徴があります。

3.前置胎盤

前置胎盤とは胎盤があるべき位置よりも下がってしまい、子宮の出口に覆いかぶさってしまっている状態のことを指します。子宮の出口が塞がってしまっているということは、赤ちゃんの出口がないということ。つまり出産時は帝王切開を強いられます。通常胎盤があるところでは妊娠周期が進んでも出血することは少ないですが、胎盤が下がり、子宮口近くに位置していると子宮が大きくなるので、胎盤が剥がれやすくなり、出血をする可能性が高まります。

前置胎盤の症状として代表的なものは、突然の痛みのない出血です。量は少量のこともあれば多量なこともあります。少量出血は「警告出血」とも呼ばれ、大量出血の前兆であるともされています。出血の他にはお腹の張りがあることもあるようです。

合わせて読みたい

妊娠後期の腹痛はなぜ起きる?原因・症状・対処法
妊娠28週を過ぎると、お腹も大きくなり、しっかりとした胎動を感じられるようになります。赤ちゃんの成長をうれしく感じる方も多いことでしょう。その反面、妊娠後期は腹痛などのマイナートラブルも増える時期です。その多くは生理的な腹痛ですが、中には、緊急性の高い腹痛もあるので注意が必要です。今回は妊娠...

病気以外の出血原因はあるの?

グレーのカーディガン

妊娠後期の出血には病気以外の原因がある場合もあります。それはおしるしというものです。おしるしとは少量の出血を伴うおりもののことです。出産直前になると子宮口が開き、子宮の収縮によって卵膜が剥がれることによってまれに出血をすることがあります。

ピンクまたは茶色でドロッとしていることが特徴とされています。おしるしがあった数日後には陣痛が始まるとされています。しかし、必ずしも陣痛の前におしるしがあるわけではなく、妊娠経験者のうち半数はおしるしがなかったというデータも出ています。

合わせて読みたい

破水から陣痛!初めての出産で知っておきたい破水の原因
初めての出産を迎えるにあたり、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。特に妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ますます気になってくるのが「破水」や「陣痛」といった出産のサイン。場合によっては突然破水してしまい、パニックに陥ってしまうといったケースも多く見られます。 そこで今回は、初めての出産...

出血の種類を見分けるには?

おしるしとその他の病気の出血を判断するには3つのポイントがあります。

1.血の形状

おしるしの場合はおりもの状のドロッとした血液が出ますが、病気の場合は鮮血が出ます。

2.血のサラサラ度

血のサラサラ度も大切な判断材料です。サラサラしている場合には破水しかかっている可能性もあるので十分に注意しましょう。

3.出血日数

おしるしの場合、何日も出血するということはあまりありません。一方病気の場合には継続的に出血することが多いとされています。

上記の「鮮血」「サラサラ度」「継続的」の3点がそろった場合にはただちにかかりつけの医院を受診してください。

おわりに

妊娠後期の出血には大丈夫な出血とそうでない出血があることをご紹介しましたが、基本的に妊娠中は出血しないものです。「これはおしるしの症状に当てはまっているから大丈夫だろう」と憶測だけで、出血を放置しておくことは大変危険です。出血を確認した場合は、大事を取って一度医師に相談することをおすすめします。赤ちゃんとの会える日まであともう少し!出産するまで気を抜かずに過ごしていきましょう。

ピックアップ

妊娠後期のイライラの原因はなに?5つの対処法をご紹介!
「赤ちゃんとの対面まであと少しなのに、なぜか最近イライラする・・・」妊娠後期に入って、そんな戸惑いを感じている方も多いと思います。実は、妊娠後期のイライラは特別なことではなく、妊婦さんの大半が経験することなのですよ。今回は、妊娠後期のイライラの原因と5つの対処法をご紹介しましょう。 ...
妊婦さんのアトピーは赤ちゃんに影響する?妊娠中にできる3つの対策
妊婦さんにとってお腹の赤ちゃんが無事に産まれてきてくれることが何よりの望みです。妊婦さんがアトピー性皮膚炎だった場合、もしかして赤ちゃんに遺伝するのではないか?と心配になってしまうのではないでしょうか。自分がアトピー性皮膚炎で辛い思いをしたからこそ同じ思いはさせたくないですよね。ここでは妊娠...
妊娠後期の過ごし方におすすめ♪安産のための運動3選
妊娠中に運動をするのってどうなのだろう?という疑問を持ったことはありますか。 確かに、お腹はどんどん大きくなっていきますし、もしものことがあったら・・と考えると不安にもなりますよね。ただ結論から言えば、妊娠中の運動はするべきです。 前提として、妊婦さんには出産を乗り切るための体力が最低限必要...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
危険!妊娠後期の出血の原因と病気についての基礎知識
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

妊娠後期(8~10ヶ月)の悩みについて・・・あわせて読みたい

眠れない日々にさよなら!臨月に起こる不眠の原因と対処法
待ちに待った臨月へ突入。あと少しで赤ちゃんに会えると思うと毎日がドキドキですよね。今日は陣痛がくるかなという楽しみと共に、多くの妊婦さんが悩んでいるのが不眠についてです。大きくなったおなかを抱えて過ごす毎日は、妊娠前と比べ、とても疲れやすくなっています。 今回は、臨月に入り眠れなくなった人へ、...
妊娠後期の過ごし方におすすめ♪安産のための運動3選
妊娠中に運動をするのってどうなのだろう?という疑問を持ったことはありますか。 確かに、お腹はどんどん大きくなっていきますし、もしものことがあったら・・と考えると不安にもなりますよね。ただ結論から言えば、妊娠中の運動はするべきです。 前提として、妊婦さんには出産を乗り切るための体力が最低限必要...
臨月の胎児、体重や大きさは?週ごとの状態を記録しよう!
妊娠10ヵ月、つまり妊娠36~39週の4週間のことを「臨月」と言います。この時期は、もう出産間近となり、出産への期待と不安でドキドキする日々を過ごしている妊婦さんが多いのではないでしょうか。いつ陣痛が来て出産になってもいいように、入院の準備を整えておくべき時期でもあります。 胎児も同じように、...
破水から陣痛!初めての出産で知っておきたい破水の原因
初めての出産を迎えるにあたり、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。特に妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ますます気になってくるのが「破水」や「陣痛」といった出産のサイン。場合によっては突然破水してしまい、パニックに陥ってしまうといったケースも多く見られます。 そこで今回は、初めての出産...
妊婦さんにおすすめな「シムスの体位」と仰臥位低血圧症候群を防ぐ寝方
妊娠中はホルモンバランスの変化や胎動により、通常よりも眠りが浅くなる時期。眠りたいのに眠れないということが毎日続くと、疲れたりイライラしたりしてしまう妊婦さんも多いことでしょう。お腹が大きくなってきても以前と同じ慣れたスタイルで寝ていると、恐ろしい病気を引き起こす危険性もあります。 そこで、妊...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る