良ければシェアをお願いします。

赤ちゃんへの感染もありうる?妊娠中のカンジダ感染症には要注意!

お腹に触れる妊婦さん
カンジダ、皆さんは聞いたことはありますか?これは妊娠中になりやすく、出産までに治療できていないと赤ちゃんにも移ってしまう注意の必要な感染症です。でもカンジダって一体どんなものなのでしょう。そもそも症状は?赤ちゃんにもし感染しちゃったらどうなるの?そんな疑問を解消して、万全な体制で出産を迎えたいですね。

スポンサーリンク

先ずはカンジダ感染症について知ろう

そもそもカンジダとは真菌というカビの一種で、常在菌です。その保菌率は非妊婦で約15%、妊婦で約30%です。どうして妊婦の方が高い保菌率なのでしょう。それは妊婦になるとカンジダのエサとなる膣内のグリコーゲンという糖分が、妊娠中のホルモンの影響によって増えるためです。また抵抗力も弱くなってしまうため発症しやすいのです。それでは増えてしまったカンジダについて詳しく見ていきましょう。

主な症状は外陰部のかゆみと粥状の

カンジダ感染症の症状は外陰部のかゆみと独特なおりものです。おりものは粥状や酒かす状、ヨーグルト状、豆腐のかすのようなおりもの、といった表現がされています。おりものの様子がいつもと違っていて、分泌量も増えていたら要注意。また外陰部の軽度の発赤、腫れもみられるのが特徴です。カンジダは常在菌であり、妊婦の半数以上がなるとも言われています。

参考書籍:ベネッセコーポレーション「妊娠・出産新百科」

症状があったらどうすれば良い?

症状として先に変化が現れるのはおりものです。おりものに変化があったら先ずはとにかく医師に相談しましょう。かゆみは症状として出てしまうと我慢ができない程と言います。かいてしまうと炎症がおき、下着のこすれなどで痛みが生じることもあります。デリケートな部位ですし、カビと言われると若干抵抗もありますが、早めに対応する事が大切です。

治療方法は何?どのくらいで良くなるの?

主な治療方法は抗真菌薬の膣座薬です。診察時に行われる膣洗浄の後に膣座薬が入ります。1度入れれば1週間効果が持続するそうですが、症状によっては毎日自分で挿入する膣座薬が処方される場合も。かゆみに対しては塗り薬も処方されます。大部分は数日で軽快するようですが、再発を繰り返す場合もあるので疲れで抵抗力が下がる事がないように、睡眠をしっかりとるなどを心掛ける必要があります。

参考書籍:医療情報科学研究所「病気がみえる」

合わせて読みたい

カンジダって性感染症なの?症状や治療法など知識まとめ
膣の病気にはさまざまな種類があり、カンジダもその1つです。疲れていたり免疫力が低下していたりするとかかりやすい病気と言われていますが、クラミジアなどのように性行為で感染することはあるのでしょうか。ここではカンジダが性感染症なのかどうかについて触れながら、その症状や原因、治療法などカンジダの基礎知...

カンジダ感染症、赤ちゃんへの感染経路は?

もし妊娠中の自分が感染症にかかっていたと分かったら、まず心配になるのは赤ちゃんへの影響ですよね。カンジダ感染症はどうなのでしょう。実はカンジダ感染症も赤ちゃんに感染し、影響が出てしまうことがあります。その感染経路は分娩時の産道感染です。

分娩時に生じる産道感染とはなんぞや

産道感染とは、お母さんが菌やウイルスに感染してしまっている場合に、その病原体が分娩時、赤ちゃんが産道を通る時に血液や粘膜を介して感染してしまう事です。赤ちゃんは破水するまでは抗菌作用のある羊水に守られて無菌状態で育っています。ですから破水する事によって初めて感染の危険が出てくるのです。破水がおこったらお風呂に入ったりシャワーを浴びたりする事をしないように指導があるのはこのためです。

出典:yc-tsu.jp

お産までに治療しておけば大丈夫!

カンジダ感染症は上記のように分娩時、赤ちゃんが産道を通る時に感染するものです。ですから分娩する時までに治しておけば赤ちゃんに移る事もなく、また治らないまま出産を迎えてしまっても、カンジダ感染症では帝王切開になる事はありません。生死に関わるような疾患ではなく、また必ずしも赤ちゃんに感染するとは限らないためのようです。

感染症は早期発見、早期治療が大切

カンジダ感染症は妊婦健診時に医師がした時や、患者自身の自覚症状の申告によって発覚します。適切な治療を受ければ治るまでに時間はさほどかからず、お産までに治せば問題はないため、早期発見早期治療が大切です。カンジダ感染症かもと思ったら早めに医師に相談しましょう。また症状が良くなっても自己判断で薬の使用を止める事はせず、医師の指示に従うことが重要です。

合わせて読みたい

世の中は感染症だらけ?妊婦が特にかかってはいけない感染症を徹底解説
妊娠中は風邪をひいても薬が飲めないので妊婦さんは大変です。そんな中でも、かかってしまうと母親だけではなく、胎児に悪影響を及ぼしてしまう怖い感染症があります。普段は大丈夫でも妊娠中は気を付けなければいけないので、どんなもとがあるのか知っておきましょう。今回は妊婦が特にかかってはいけない感染症に...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
赤ちゃんへの感染もありうる?妊娠中のカンジダ感染症には要注意!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中期(5カ月~7カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る