妊婦さんは歯医者に行ける?歯科治療についての基礎知識4つ

スポンサーリンク

治療

人間の体には、自然治癒能力があります。それによって、ちょっとした切り傷やかすり傷、風邪などは自然に治っていくのです。ただ、この「自然治癒能力」が及ばないところもあります。それが「歯」です。歯は、一部のごくごく軽いものを除けば、虫歯が自然に治るということはありません。歯医者での治療が必要になります。しかし、妊婦さんは歯医者での治療は受けられるのでしょうか?

妊娠すると、使えない薬が出てくる

薬

よく知られていることですが、妊娠すると使える薬に制限がでます。私たち大人にとっては副作用の感じにくい薬であっても、胎児の場合はそうではないからです。頭痛・生理痛に効果があるロキソニンの服用は勧められない、と医師に言われたという妊婦さんもいます。このようなことから、かつては、「妊娠すると歯医者に行けない」「子どもができると歯医者に通えなくなるから、虫歯などは早めに治しておけ」と言われていました。現在はどのような考えになっているのでしょうか?

このようなことから、かつては、「妊娠すると歯医者に行けない」「子どもができると歯医者に通えなくなるから、虫歯などは早めに治しておけ」と言われていました。現在はどのような考えになっているのでしょうか?

合わせて読みたい

妊娠さんの歯痛に注意!妊娠性歯痛の原因・症状・対処法
女性は妊娠をすると、体のさまざまな部分に変化があらわれます。この影響は子宮のあるお腹の付近にとどまるものではなく、一見すると妊娠とは関係...

妊婦さんが虫歯になりやすいそのわけは?

歯痛

「妊娠をすると、歯のトラブルは起こりやすくなる」としている歯医者もいます。これは、女性ホルモンの影響によると言われています。女性ホルモンは、妊娠をしたり、妊娠を維持したりするために必要なホルモンですが、これが「歯の組織の炎症」の原因の一つになっている、と考える向きもあります。この説はまだまだ研究途上のところもありますが、見方の一つとして広く知れ渡っています。

また、つわりの悪化によって、食事がとれなくなる…というのはよく聞きます。これがひどくなると、「口のなかに物をいれること」自体がつらくなってしまうということです。当然ハブラシもダメなので、口内環境になかなか気を使えなくなってしまいます。この結果として、妊娠中は、妊娠前に比べて歯のトラブルが起きやすくなると考えられているのです。

また、つわりの悪化によって、食事がとれなくなる…というのはよく聞きます。これがひどくなると、「口のなかに物をいれること」自体がつらくなってしまうということです。当然ハブラシもダメなので、口内環境になかなか気を使えなくなってしまいます。この結果として、妊娠中は、妊娠前に比べて歯のトラブルが起きやすくなると考えられているのです。

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊婦さんは歯医者に行ける?歯科治療についての基礎知識4つ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠初期(~4カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る