え、ハゲや薄毛も?おじいちゃん、おばあちゃんから受け継ぐ隔世遺伝とは

スポンサーリンク

隔世遺伝

うちの子パパやママにはあまり似ていないけど、おじいちゃんにそっくり!そんな話をきいたことはありませんか?これは隔世遺伝のなせる技です。孫が自分によく似ているというのはおじいちゃん、おばあちゃんにとっては嬉しいことですよね。でもこの隔世遺伝、好ましいところだけが似るわけではないようです。今回は隔世遺伝の不思議や、どんなことが隔世遺伝しやすいのかについて調べてみました。

そもそも遺伝ってどういうことだろう?

見た目や体質など、子どもが両親に似たり、家族の誰かに似るのはすべて遺伝子によって決められています。そんな遺伝について、知っているようで知らないことがいっぱいありますよね。ここでは簡単に遺伝とはどういう現象なのかについてご紹介します。

遺伝の仕組み、不思議について知ろう!

遺伝とは、ひとことでいえば「親の形質が子に伝わる現象」です。先人たちはこの遺伝について遠い昔から様々な研究・実験を重ねてきました。その中でも、実験結果を統計的に整理し、そこに法則性を見出したのが、かの有名なメンデルです。メンデルは親から子に伝わり、形質発現のもとになる「遺伝子」を見つけました。遺伝子は染色体上に一定の位置を占めていて、それ自体で自己増殖し親から子に伝えられる単位です。染色体の成分は蛋白質と核酸で、核酸はDNAとRNAで構成されています。遺伝子の本体がこのDNAであることから、核酸が生命現象のすべてのカギを握るといっても過言ではありません。DNAは遺伝情報を持つ遺伝子そのもの、RNAは蛋白質を合成しながら主にDNAの遺伝情報を転写・伝達する役割を担っています。メンデルは遺伝子研究の中で法則性を発見しました。それが「メンデルの法則」です。

「メンデルの法則」ってなんだろう?

メンデルは、「優性の法則」、「分離の法則」、「独立の法則」を発見しました。「優性の法則」というのは、両親がそれぞれ持っている形質の中で子どもに発現しやすいものとそうでないものが同時にある場合に、発現しやすい方が遺伝するというもの。発現しやすい方は優性遺伝、発現しにくい方は劣性遺伝といい、優性遺伝の例として二重瞼があります。二重は優性、一重は劣性の遺伝なので、一重と二重の両親からは二重の子どもが産まれやすいということですね。次に「分離の法則」。これは優性の法則に従ってパパママ世代には発現しなかった劣性遺伝子が、一世代飛んでその子どもの代に出てくるといったものです。両親が二重なのに子どもが一重という場合などがこれにあたります。最後は「独立の法則」。これはパパママのそれぞれ対立する異なる遺伝子形質が、いづれも3:1で互いに関係なく独立し、分離し、自由に組み合わさって子どもに遺伝していくという法則です。中々奥深いですね。

隔世遺伝ってなに?なぜ起こるの?

遺伝の仕組みが分かったところで、隔世遺伝について考えてみましょう。隔世遺伝とは、祖父母には発現していたが、親世代では発現しなかった病気や身体的特徴が、一世代とんで子どもの代に発現していることをいいます。これが起こる仕組みは、メンデルが発見した「分離の法則」を考えるとわかりやすいですね。パパママ世代では優性遺伝子によって隠れていた劣性遺伝子が、その子ども、おじいちゃんおばあちゃんにとっては孫にあたる世代で現れてくるということです。このことは、優性の法則はその人が持っている遺伝子がすべて発現するわけではないことの証明にもなります。メンデルの法則にそって、様々な遺伝が説明できるというわけです。

合わせて読みたい

隔世遺伝も関係あり?子どもの背の高さはやっぱり遺伝?
子どもの背の高さで悩んでいることはありませんか?特に、子どもの身長が低い場合は、親の遺伝かな?と諦めてしまう人もいるかもしれませんね...

隔世遺伝しやすい特徴ってあるの?

隔世遺伝がメンデルの法則によって起こってくることがわかりました。遺伝は先祖代々脈々と受け継がれるもので、いろいろなところが親や祖父母に似ても不思議ではありません。でも特に隔世遺伝しやすい体質や身体的特徴などはあるのでしょうか?そのカギは性別を決定する染色体にありそうです。

隔世遺伝しやすいのはズバリ・・・

隔世遺伝で代表的なものは、なんとハゲや薄毛です。なんとも衝撃的な結果に、思わず自分のおじいいちゃん、おばあちゃんはどうだったかな?なんて考えてしまいますね。かといっておじいちゃん、おばあちゃんがハゲや薄毛だったからといって絶対にその孫たちがそうなるというわけでもないのです。そこが遺伝の不思議かつ神秘的な部分です。しかし、ハゲや薄毛には、遺伝的な因子だけでなく、男性ホルモンや生活習慣なども関係しているということも忘れてはいけません。ハゲは全部おじいちゃんのせい!ということではないのですね。

ハゲや薄毛はどんな仕組みで遺伝するの?

その答えは性別を決める染色体にあります。性別を決定する染色体は性染色体といわれXとYの2種類。女性はXX、男性はXYです。ママからX染色体、パパからXまたはY染色体をもらい、子どもの性別が決定されます。ハゲや薄毛に関する遺伝の情報はX染色体に存在することが研究によりわかっています。例えばパパがハゲていても、子どもが男の子場合はパパから受け継いでいるのはY染色体なのでハゲの遺伝形質は遺伝しません。子どもが女の子の場合はパパからX染色体を受け継いでいるのでハゲの遺伝形質も遺伝します。しかし女の子の場合はハゲや薄毛にはなりにくいといわれていますよね。それはハゲや薄毛には男性ホルモンが強く関与しているからなのです。そして両親は髪の毛ふさふさなのに、祖父母がハゲや薄毛だと孫が・・・というのはまさにこの性染色体と性別の関連によるもので、X染色体にハゲや薄毛の遺伝情報があるということがポイントになります。

ハゲや薄毛が隔世遺伝する条件って?

ハゲや薄毛の遺伝情報が性染色体のX染色体上にあるということは、ハゲや薄毛が隔世遺伝するのは以下の場合ということになります。はげているおじいちゃんの娘さんには、おじいちゃんの「ハゲ」の遺伝情報がのったX染色体が遺伝。その娘さんが結婚し、男の子を産みました。するとその子どもにはおじいちゃんからの「ハゲ」の遺伝情報であるX染色体が遺伝しているということです。つまり、ハゲや薄毛が隔世遺伝するのは、「母方の祖父がハゲている場合で、かつその孫が男の子の時」ということになりますね。仮に父方の祖父がハゲていても、その息子にはY染色体しか引き継がれないのでこの場合は関係ありません。おじいちゃんがハゲているからといって、むやみに心配することはない!ということなんですね。

合わせて読みたい

親の遺伝が関係あり?!子どもの視力を低下させない3つの予防方法
「子どものころから近視で、それがコンプレックスだった」「子どものころ眼鏡をかけていて、それをからかわれた」という人もいるのではないで...

隔世遺伝って面白い!豆知識いろいろ

遺伝子学の研究は日進月歩で進んでいます。遺伝子と病気の関係や、遺伝子検査でこれから先になりやすい病気がわかるなど、その進歩には素晴らしいものがあります。不思議で面白い、遺伝子のあれこれをご紹介します。

隔世遺伝のパターンは何百万以上!?

祖父母のDNAがシャッフルされたうえでランダムに受け継がれていく現象をランダム・アソートメントといいます。人の染色体は1セット23本×2で46本あります。このことをふまえて考えると、例えばある人が2本の染色体をもつ精子または卵子を作る場合、それぞれの両親から受け継ぐ染色体の組み合わせは4通りあることになります。人の染色体は1セット23本。つまり2の23乗=838万8608となり、計算上こんなにもたくさんの精子や卵子のパターンができるということに!想像もつかないほどの数字に、ロマンすら感じますね。

その他に隔世遺伝するものってなにがあるの?

血液型も隔世遺伝することでしられています。通常O型は劣性遺伝で、両親がA型やB型の組み合わせであるときには現れません。しかし祖父母からそれぞれO型の遺伝子を引き継いでいる両親の子どもは、例え両親がA型やB型であっても祖父母由来の遺伝子を引き継いでO型になることがあるのです。またこれは隔世遺伝に限りませんが、一部のがんに遺伝要因がみとめられているものがあります。代表的なものはリンチ症候群ですが、その他乳がん、腎や眼のがん、メラノーマなどの中にも遺伝要因がみとめられるものもあり、怖くなってしまいますね。しかし、がんには生活習慣も大きく関与しますので遺伝要因だけが全てではなく、また、遺伝していても発現するかどうかが問題となります。

進む遺伝子学研究。遺伝子検査でわかることって?

遺伝子の研究が進むにつれ、遺伝子検査が気軽に受けられる身近な検査になりつつあります。簡易キットで検査できる簡便な方法のものもあり、短時間で費用も数千円~とかなりお手頃な印象です。これら遺伝子検査では、特定のがんになる可能性や、肥満や糖尿病になりやすいかどうかなど、様々なことがわかるので、予防医学の側面から注目されています。

おわりに

遺伝と一言でいっても、様々な要因や法則、そしてパターンがあることがわかりました。そして隔世遺伝にも多くのパターンや、遺伝しやすい条件などがあるのですね。おじいちゃんがハゲているからといって必要以上に心配することもないのです。両親、祖父母、そしてもっと前のご先祖様から受け継がれて今の自分たちがいる・・そう考えると、遺伝にはとても壮大なロマンと神秘を感じますね。

ピックアップ

ぐんぐん伸びろ!子どもの身長が伸びる食べ物は?サプリもご紹介!
この間買った洋服がすぐに小さくなってしまって・・・。と愚痴をいいつつ、日々成長するわが子を見るのはうれしいものですね。背が伸びる時期には...
知的好奇心旺盛な子に育てるために親がすべき三つのこと
知的好奇心が旺盛な子は、何事も吸収がよく飲み込みが早いため、大人になってからも物事に積極的に取り組むことができます。そこで今回は、知的好...
サッカー?ピアノ?2歳から始めたい10の習い事
習い事を始めるなら早ければ早いほうが上達すると考えるママも多いようですが、実は始めるタイミングは習い事の種類によって違ってくるようです。...
ひょうきん者の3歳の息子と日々楽しくやってます。仕事と子育ての両立に大奮闘中!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
え、ハゲや薄毛も?おじいちゃん、おばあちゃんから受け継ぐ隔世遺伝とは
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠初期(~4カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る