妊娠随伴睡眠障害の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

スポンサーリンク

睡眠をとる妊婦

妊娠随伴睡眠障害について

睡眠障害のイメージ

妊娠随伴睡眠障害という病気をご存じでしょうか。妊娠している方なら一度は耳にしたことがある、もしくは現在この症状に悩まされている方もいらっしゃるかもしれませんね。

妊娠をすると睡眠障害を起こしやすくなります。妊娠によるホルモンの分泌が原因であり、妊娠初期は眠くなりすぎる症状が出る過眠状態、妊娠後期はなかなか寝付くことができず、すぐに目が覚めてしまったりする、不眠症状が出やすくなるとされています。妊娠している女性としていない女性の睡眠習慣を比較した調査では、就寝時刻に差はなかったものの、起床時間に関しては妊娠している女性の方が明らかに遅く、入眠困難性が指摘されています。

このような妊娠によって発生する睡眠障害は、総称して妊娠随伴睡眠障害と呼ばれています。

妊娠随伴睡眠障害の症状

うつ伏せになる妊婦

先述のように、妊娠随伴睡眠障害は妊娠に伴う睡眠障害のことを指します。妊娠初期には過眠状態が続き、中期になると一度安定しますが、出産間近から産後にかけては睡眠が途切れがちになり、不眠に悩まされる日々が続きます。

また、睡眠障害により眠ることができない、起きることができないという症状にとどまらず睡眠時に歯ぎしりをしやすいです。歯ぎしり以外にも、むずむず脚症候群や夜間に脚がこむら返りするなどの症状を医師に指摘されることもあるかもしれません。特につらいと考えられる状態は、臨月を迎えたころに不眠やすぐに目が覚めてしまうなどの睡眠トラブルです。

また、赤ちゃんが生まれてからも、新生児は生体リズムができていないため、睡眠と覚醒のリズムが安定するまでに約2カ月かかると言われています。そのため、どうしてもお母さんの睡眠も不規則になりがちです。この時期は初めてのことだらけの状態と睡眠不足が重なり、マタニティーブルーやうつ病にかかるリスクが増大します。妊娠随伴睡眠障害は妊娠中だけでなく、出産後にも影響してきてしまうのです。

1人で苦しむことはせず、周囲の協力をあおぎ、体と心の負担を少しでも減らして赤ちゃんを迎えられるようにしましょう。

合わせて読みたい

腹膜炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
腹膜炎は強い腹痛を引き起こすだけではなく、放置しておくと命に関わる恐ろしい病気です。ところで、そもそも「腹腔(ふくくう)」とは何だかご存...

妊娠随伴睡眠障害の診断基準

妊娠随伴睡眠障害は軽度であれば妊娠している場合、誰もが経験する症状です。そのため、これといった診断基準はありません。ご自身があまりに重度だと感じた場合にはかかりつけのお医者さまに相談することをおすすめします。

妊娠随伴睡眠障害になる原因

エストロゲンのイメージ

女性は常にプロゲステロンとエストロゲンという二つのホルモンを分泌しています。妊娠初期の3カ月はこの「プロゲステロン」の分泌が多くなります。プロゲステロンには体を休める作用があり、眠気を誘います。そのため、妊娠初期は過眠が起こりやすくなるのです。

夜にしっかりと眠っていても、昼間に眠気に襲われることも。これは体力を使う出産に備えて、体が準備しているからであると言われています。一方のエストロゲンは妊娠後期になると分泌が活発になります。エストロゲンには不眠の作用があり、眠りがとても浅くなり、起きやすくなってしまいます。

睡眠障害の原因はホルモン以外にもあります。例えば激しい胎動などはそれに当てはまります。臨月序盤には胎児もよく動くため、胎動や胎動によるお腹の張りで目が覚めてしまうことがしばしばあります。また、仰向けで眠ることができなくなり、寝返りを打てないことで臨月は目が覚めやすくなり、睡眠不足になると考えられています。

また、頻尿による覚醒も原因のひとつです。出産が近づくと、赤ちゃんは少しずつ骨盤のほうに下りてきます。すると胎児がぼうこうを圧迫し、頻尿状態になります。夜間睡眠をとっていても頻尿によって何度も目が覚めてしまい、不眠状態になることがあります。しかし、水分をとらないようなことはしないようにしてください。妊娠中は水分不足になりがちなので、脱水を防止するためにも水分補給は怠らないようにしましょう。

さらにもうひとつ考えられる要因は、精神的な理由です。出産に対する不安や恐怖がストレスとなり、不眠になるケースはとても多いと考えられています。悩みや不安なことは周囲の人や主治医に相談し、少しでも心を軽くして出産に臨むことが理想ですね。

合わせて読みたい

子宮筋腫の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
子宮筋腫は女性の病気の中でも、比較的発症率の高い病気とされています。成熟期の女性に多く、40歳前後の女性の4人に1人は子宮筋腫を持つと言...

妊娠随伴睡眠障害の治療法は?

妊婦と医師

妊娠中であるため、薬による治療は行いません。そのため特に規定されている治療法はありません。眠りが浅くなってしまうことは仕方のないことなので、日中眠れるときに小刻みに睡眠をとったり、散歩などで体を動かしたりと、疲れることで眠るようにするなど、ご自身で工夫してみることが大切です。ただし、全く眠れない、あるいは全く起きていることができない、といった場合にはお医者さまに相談してみましょう。

漢方薬にハマっている21歳。昨年友人が出産したことをきっかけに、育児のお役立ち情報をリサーチしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠随伴睡眠障害の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る