【医師監修】胎盤早期剥離の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

監修医師プロフィール:清水なほみ 先生のイラスト 清水なほみ 先生

2001年広島大学医学部医学科卒業、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。

日本産科婦人科学会専門医、日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。

日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートします。

http://www.vivalita.com/staff.html


具合の悪い妊婦
妊娠後期、予防が難しく赤ちゃんもママも命にかかわる症状のひとつに「胎盤早期剥離」があります。誰にでも起こりうる病気なので、万一に備えてその原因や症状などについて確認をしておきましょう。

胎盤早期剥離について

ベッドで寝る妊婦
胎盤早期剥離の正式な病名は「常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)」といいます。妊娠中や出産途中、胎内に赤ちゃんがいるにもかかわらず胎盤が剝がれ落ちてしまう異常で、妊娠後期に起こりやすく出産直前や陣痛が来る前に発症することもあれば、分娩(ぶんべん)中に起こる場合もあります。

妊娠中、胎内の赤ちゃんは胎盤を通じて酸素や水分、栄養などを補給します。そして出産と同時に胎盤はその役割をおえ、赤ちゃんが生まれたあと15~30分ほどで自然に子宮から剝がれて外に出てきます。通常はこのように赤ちゃんが生まれたあとに胎盤が剝がれますが、赤ちゃんがおなかの中にいる状態で胎盤が剝がれてしまうと、赤ちゃんへ酸素の供給がたたれてしまうため危険とされています。
発症率は妊婦さんで0.3~0.9%と低いものの、発症した場合は母子ともに危険にさらされます。また赤ちゃんも栄養や酸素不足から30~50%が子宮内胎児死亡につながります。

胎盤早期剥離の症状

初期症状はほとんどなく自覚しにくいのが特徴といえます。症状は、胎盤の剝がれるスピードや面積によっても変化します。
軽症の場合は子宮の張りは軽く、不正出血なども見られません。しかし、症状が進むと下腹部に激痛が起こってカチカチに硬くなることもあります。そしてママの脈の乱れや赤ちゃんの心拍にも異常が見られるようになります。さらに不正出血が見られることもあり、赤ちゃんの胎動が弱くなり、完全になくなってしまうこともあります。また、通常は微量の出血ですが、重症の場合には大量出血の恐れもあります。それによってショック状態や全身の臓器にも影響を及ぼす危険な状態に陥ります。

胎盤早期剥離の診断基準

超音波検査で子宮内の様子をモニターで確認すると、胎盤早期剥離が起きている場合、ちょうど子宮と胎盤が接着している部位に血の塊の影が映るのでわかります。あわせて胎内の赤ちゃんの心拍数を計測し、心拍が弱くなっていると何らかの異常が起きていることがわかります。

合わせて読みたい

【医師監修】母子ともにつらい!一人目が切迫早産だった場合二人目も早産のリスクは高くなる?
【医師監修】母子ともにつらい!一人目が切迫早産だった場合二人目も早産のリスクは高くなる?
一人目が切迫早産だった場合、二人目も早産になってしまうのではないかと考えて、不安いっぱいになってしまうママが多いのではないでしょうか...

胎盤早期剥離になる原因と発症しやすい人

お酒とたばこ
胎盤早期剥離は、胎盤がしっかり形成されていない状態であったことが要因だとされていますが、はっきりとした原因はわかっていません。ただ、発症しやすいケースは確認されています。以下のケースにあてはまる妊婦さんは特に注意しましょう。

血圧が高い人

妊娠中だけでなく、もともと高血圧の傾向にある人もあてはまります。胎盤早期剥離を起こした妊婦さんの3分の2が、妊娠高血圧症候群であるともいわれています。高血圧によって、胎盤に損傷が加わりやすいのが原因ではないかと考えられています。

前回の妊娠で胎盤早期剥離を起こしたことがある人

過去に胎盤早期剥離を起こした経験のある人は、約5~15%の確率で再び胎盤早期剥離が起こる可能性があるといわれています。

前期破水・感染症を起こした人

胎盤に異常がなくても、陣痛が始まる前に破水した場合、子宮内の圧力の低下によって剝がれやすくなることがあります。また、破水して胎内がウイルスに感染すると、胎盤の組織が破壊され胎盤早期剥離が起こることもあります。

羊水過多と診断された人

羊水が多いと、破水と同時に子宮の容積が一気に減って胎盤に負担がかかるので、剝がれやすくなることがあります。

タバコを吸う人

吸わない人に比べると発症のリスクは2倍との調査結果もあります。タバコに含まれるニコチンが胎盤の血管収縮を促して機能を低下させるため胎盤早期剥離が起こりやすくなるようです。また、妊婦さん本人が吸っていなくても、周りで吸う人がいる場合も受動喫煙でニコチンを吸ってしまい、影響が出ることもあります。

胎児奇形・子宮内胎児発達遅延があると診断された人

胎盤に異常があると、胎児の奇形や発達遅延が起こる可能性が高く、それが原因で胎盤早期剥離が起こりやすいと考えられています。

おなかに衝撃を与えてしまった人

交通事故や、転んでおなかを強く打ってしまったなど、子宮に衝撃を与えてしまった場合にも胎盤早期剥離が起こることがあります。

合わせて読みたい

知りたい!早産は保険が適用される?されない?
知りたい!早産は保険が適用される?されない?
妊娠初期から安定期に入り、気になってくるのは出産にまつわるあれこれ。ママのからだにトラブルがあって、もし早産になった場合はどういうことを...
33歳。B型。既婚。 妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】胎盤早期剥離の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る