糖尿病腎症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

良ければシェアをお願いします。

糖尿病腎症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

糖尿病腎症とは、糖尿病3大合併症のひとつです。高血糖状態が続くことにより、腎臓の機能が損なわれてしまう病気です。最終的には、腎不全に陥り、命を落としかねない、大変危険な病気です。糖尿病性腎症の場合、急に尿が出なくなるのではなく、段階を経て病気が進行します。現在は、糖尿病性腎症が原因で透析を受けることになった人が、全透析患者のうち44.1%(2012年末現在)と最も多い割合を占めています。

進行すると腎機能が悪化し、腎不全を発症することもあります。糖尿病になって10年以上経過してから徐々に蛋白尿が現れ、やがてネフローゼ症候群となって浮腫を来し、腎機能が悪化してくるのが典型的な経過です。糖尿病合併症がある人で血糖コントロールが悪いと、妊娠によって悪化することがあります。

なお妊娠糖尿病では、多くの場合、血糖値が正常に戻りますが、放置しておくとや奇形をもつ赤ちゃんが生まれることがあるため、治療することが大切です。現在妊娠している方はご自身の体調のためにも生まれてくる赤ちゃんのためにも、しっかり糖尿病腎症について学んでおきましょう。

スポンサーリンク

糖尿病腎症の症状

症状

糖尿病腎症初期はほとんど自覚症状がありません。症状が出たとしても、尿に蛋白が出るだけなので、いわゆる「痛い・痒い」などの自覚症状はありません。そのため「浮腫」などの症状が発生した場合にはかなり進行しているということになります。

浮腫が発生する頃には尿に大量の蛋白が出るようになり、血液中の蛋白質が減ってきてネフローゼ症候群といわれる状態になり、疲れやすいなどの症状が出始めます。この時期には尿検査だけでなく、血液検査にも異常がみられてきます。症状が進行し、腎機能が悪化すると腎不全になります。腎不全になると、体内への尿毒症物質の蓄積による尿毒症が出現します。尿毒症になると頭痛や吐き気、立ちくらみなどの症状が発生することもあります。

合わせて読みたい

10人に1人はなると言われる妊娠糖尿病の原因・治療法
妊娠すると、妊娠前には考えられない症状に見舞われます。症状が現れない人もいますが、まず体験するのは「つわり」ですよね。そしてつわりが終わるころ、確率として高く発症するといわれる妊娠糖尿病は特に注意が必要です。今回は妊婦さんの10人に1人がなると言われる妊娠糖尿病についてご紹介します。 妊娠糖尿...

糖尿病腎症の診断基準

診断基準

糖尿病性腎症の診断は、尿中アルブミン排泄量で行います。簡単に言うと尿検査ということです。アルブミンは蛋白質のひとつですが、試験紙法で尿蛋白が陰性であっても、精密に測定すると尿中にアルブミンが出てきていることがあります。

具体的には、尿のアルブミンとクレアチニンの測定を行い、その比が30~300mgg・Crの範囲にあることを「微量アルブミン尿」と呼び、糖尿病腎症の最初の変化です。また、腎機能の測定は、従来は血液検査と蓄尿検査が必要でしたが、最近では血清クレアチニン値を測定し、年齢と性別を考慮した計算式により算出できるようになっています。

糖尿病腎症になる原因

原因

先述のように、糖尿病腎症は合併症なので単体で発症することはありません。ですので、おおもとの原因は糖尿病と言えるでしょう。糖尿病腎症自体の原因は、糖尿病で血糖値の高い状態が長期間続くことで、全身の動脈硬化が進行し始め、毛細血管の塊である腎臓の糸球体でも細かな血管が壊れ、網の目が破れたり詰まったりして老廃物をろ過することができなくなることにあるとされています。

また、糖尿病に合併しやすい高血圧や高コレステロール血症なども動脈硬化を進行させ糖尿病性腎症を悪化させる原因となります。しかし、実際のところ確実な原因は解明されていません。

合わせて読みたい

糖尿病網膜症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
糖尿病網膜症について 糖尿病網膜症とは糖尿病の合併症として発症する目の病気です。糖尿病腎症、神経症とともに糖尿病の三大合併症とされています。日本では予備軍も含め2000万人もの方が糖尿病を患っているとされています。糖尿病網膜症は緑内障とともに成人してから失明の原因ともなっています。日本の成...

糖尿病腎症の治療法は?

治療法

基本的な治療は薬物療法です。血糖値の正常化を図る血糖コントロールと、血圧の正常化を図る血圧コントロールがあります。ただし、血糖コントロールの場合は食事療法と運動療法を基礎とし、必要に応じて糖尿病薬を投与するというパターンが多いようです。

治療において最もたいせつなのは、運動療法・食事療法・経口血糖降下剤・インスリンなどを正しく用い、血糖のコントロールをきちんと行うことです。原因のところで述べたように、高血圧や高コレステロール血症があればその治療の必要があります。

糖尿病腎症の予防について

予防

糖尿病患者さんの多くは、血糖値が高いことに違和感を持たないことが多いとされています。しかし、実はこのことが糖尿病腎症を発症してしまう原因となっているのです。糖尿病腎症を発症しないためには、まず糖尿病にならないことが一番の近道といえます。そのため、規則正しい生活と適度な運動を心がけることが大前提です。

もし、糖尿病になってしまった場合には、常に合併症のことを頭に入れ、面倒くさがらずに定期的に検診を受けることが一番の予防となります。糖尿病腎症を進行させないためには早期発見、早期治療がとても大切だからです。しかし、「糖尿病腎症にならないためには」と考えるより「糖尿病にならないためには」と考えて行動するほうが効率的ですよね。今の生活が乱れているかも、と思った方は今からでもきちんとした生活リズムを確立するようにしましょう。

糖尿病腎症の入院の必要性は?

入院

かなり症状が進行しており、腎不全などを併発してしまった場合には入院が必要となります。また、腎不全になる前でも大事を取って検査入院を促されることもあるようです。

おわりに

三大合併症のひとつである糖尿病腎症について、少しでも皆さまにご理解いただければ幸いです。糖尿病になってしまったうえに糖尿病腎症になり、最終的に腎不全にもなってしまったらとてもつらいですよね。妊娠している方の場合は、その影響がご自身のみならず赤ちゃんにも影響してしまうことも考えられます。最悪な事態に至らないためにも今の生活習慣から見直していきましょう。

ピックアップ

【レシピ付き】妊娠糖尿病になりやすい食べ物と予防となる食べ物
近年、妊娠糖尿病の検査が厳しくなり、妊娠糖尿病と診断される妊婦さんは少なくありません。妊娠糖尿病になることで、母体だけでなく胎児にもさまざまな影響が考えられるため防ぎたいトラブルの1つとなっています。今回は妊娠糖尿病になりやすい食べ物についてと、予防となる食べ物やレシピについてご紹介します。 ...
糖尿病の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
生活習慣病のひとつでもある『糖尿病』。よく耳にする病名ですが、実際はどのような病気かご存知ですか?糖尿病とは血糖値という血液中の糖分(ブドウ糖)の濃度の値が高くなる病気です。 国民の5人に1人が患者かその予備軍と言われています。一度発症したら完治することはありません。 しかし、血糖値を正常な...
妊娠糖尿病
用語妊娠糖尿病 読み方にんしんとうにょうびょう 妊娠糖尿病とは、妊娠中にかかってしまう糖尿病のことです。もしこの病気になってしまうと、お腹に宿っている胎児に大きなリスクがかかります。そうならない為には、妊活をしている時から甘いものの摂取は控えて妊娠糖尿病の予防を心掛けまし...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
糖尿病腎症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る