【妊娠7ヶ月】妊婦の状態は?お腹の大きさ、胎動、食欲は?

良ければシェアをお願いします。

背中を向ける妊婦
妊娠7ヶ月は妊娠24~27週にあたり、妊婦健診は4週に1回から2~3週に1回に変わります。産院の指示に従って必ず健診を受けましょう。日々すくすくと成長する赤ちゃんにとって、子宮内はだんだんと狭くなりますので手足を折り曲げた状態になってきます。また、ママはお腹が張ることが多くなります。こまめに休息を入れて無理のない生活を心がけましょう。

スポンサーリンク

妊娠7ヶ月:24~25週のママと赤ちゃん

ママは静脈瘤やむくみ、腰痛、こむら返りなどの小さなマイナートラブルが増えてきます。一方赤ちゃんは、ママからたっぷり栄養をもらって元気に成長を続けています。耳の機能もますます発達してきていますよ。たくさん話しかけてコミュニケーションを楽しみましょう。

ママのお腹の大きさや体の変化は?

お腹の大きさは子宮底長21cmを超えるママが多くなります。子宮上部がおヘソより上にくるので胃のあたりからポコンとお腹が前に飛び出してきます。ただ、お腹の大きさは人ぞれぞれです。妊婦健診で問題なければ心配はいりません。一方、胃の圧迫感を感じて食欲が落ちたり、頻尿や尿もれなどの不快症状を訴えたりするママも増えてきます。

赤ちゃんの様子やはどんな感じ?

赤ちゃんの大きさは300~360mm、体重は約700gにまで成長し、大きい赤ちゃんでは1kgにも届きそうなくらいです。骨格がしっかりとして筋肉もついてきますので胎動はますます強くなります。また、鼻の穴が開いて肺とつながることで肺の機能が形成されはじめます。外で生きていくための準備は着々と進行しています。

ママの食欲、食事で気をつけたい点は?

この時期はお腹が大きくなってきたとはいえ、まだ身軽なので出先で外食をする機会も多々ありますね。友人や親戚への妊娠報告を兼ねて食事を共にする機会もあるでしょう。しかし外食は塩分が多めなので、むくみ予防のためにも食べ過ぎに注意しましょう。汁物は飲み干さない、ドレッシングはかけすぎない、などちょっとの工夫で塩分を減らす工夫をしましょう。

合わせて読みたい

【妊娠中期】腰痛の原因、症状、対処法
妊娠初期も終わり精神的にちょっと安心する妊娠中期。それなのに運動をすることはおろか、歩くことや横になることさえつらいという方もいらっしゃるようです。「運動をしたいけど身体を動かすことが苦しい」とジレンマに陥っている方も多いのではないでしょうか?今回はそんな妊娠中期の「腰痛」にスポットを当てて...

妊娠7ヶ月:26週のママと赤ちゃん

便秘、さらには痔に悩むママがふえてきますが、医師に相談すると妊娠中でも飲める便秘薬を処方してくれます。規則正しい生活と適度な水分補給で便秘を予防しましょう。この頃の赤ちゃんは聴覚だけでなく味覚や嗅覚も発達してきます。

ママのお腹の大きさや体の変化は?

子宮底長は21~24cmが平均ですが、赤ちゃんの大きさや羊水の量によって個人差があり、もっと大きいママもいます。また、妊娠中はホルモンバランスの影響で歯周病や虫歯になりやすくなっています。産後は歯の治療を受ける時間はなかなか取れませんし、離乳食が始まると赤ちゃんに虫歯を移す可能性もありますので、今のうちに妊婦歯科検診を受けておきましょう。

赤ちゃんの様子や胎動はどんな感じ?

赤ちゃんの大きさは335~380mm、体重は1000g前後、皮下脂肪が増え肌にハリが出てきます。脳機能の発達も目覚ましく、この頃から「胎内記憶」と呼ばれる胎児の思い出が形成されはじめる、とされています。また、お腹の赤ちゃんは20分間隔で眠ったり起きたりを繰り返すため、ママが眠っている間も強い胎動で睡眠不足になることもあります。

ママの食欲、食事で気をつけたい点は?

便秘や痔の予防のためには、適度な運動や水分補給を心がけてください。ただ、水分はとりすぎるとむくみやすくなってしまいますので、1日1500mlを目安に補給(黒)しましょう。また、プルーンやいちじくなどのドライフルーツをおやつ代わりにすれば、鉄分などの栄養補給にもなりますし、便秘解消にもなりますのでおすすめですよ!

合わせて読みたい

【妊娠中期】吐き気の原因、症状、対処法
妊娠中期なのに「吐き気」と聞くとなんだかげんなりしてしまいますが、妊娠中に起こる吐き気は避けることのできない症状です。つわりは妊娠初期~妊娠中期の序盤という印象がありますが、妊娠中期でも吐き気が治まらずに続くこともあります。今回はそんな「妊娠中期に起きる吐き気」に着目してみましょう。原因と症...

妊娠7ヶ月:27週のママと赤ちゃん

お腹がますます大きくなってきますので転倒には十分に注意しましょう。妊娠7ヶ月の終わりにはママの腹壁が薄くなってきますので、聴診器などで赤ちゃんの心拍音を直接聴くこともできます。また赤ちゃんの手足などがママのお腹に映ることもありますよ。

ママのお腹の大きさや体の変化は?

子宮底長は24cmを超え、お腹がますます大きく重くなってきます。この頃からお腹の張りを強く感じることが増えてきます。しばらく安静にして治まる程度なら問題ありませんが、張りが長時間続く場合は早産の可能性があります。妊婦健診日以外でも産院に連絡し、必要なら診察を受けましょう。また、体毛が濃くなる、妊娠線が出る、などの体の変化もあります。

赤ちゃんの様子や胎動はどんな感じ?

赤ちゃんの大きさは380~400mm、体重は1,000gを超えます。大きく成長してきましたね。筋肉が発達してきて力が強くなってきますので、胎動を痛いと感じるママも多くなります。ママが「痛い!」というと力を弱める赤ちゃんもいて、ママの声や感情を敏感に感じ取っています。また、脳の発達に伴い手を自分の意思で握ったり開いたりできるようになります。

ママの食欲、食事で気をつけたい点は?

お腹が大きくなってくると、徐々に子宮が胃を圧迫するようになるので、また食欲が落ちてしまうママもいます。ムカムカとした胸焼けを感じることもあり、第二のつわりと呼ばれることもあります。この頃には赤ちゃんにはよりたくさんの栄養が必要となりますので、1回の食べる量は少量でも回数を増やしてこまめに食事を取りましょう。

おわりに

妊娠7ヶ月はである妊娠中期の最後です。妊娠28週目からは妊娠後期に入り、ますますお腹は大きくなってきます。妊娠7ヶ月終わりまでに、旅行や映画鑑賞、友人との会食など楽しんでおきましょう。また美容院や歯科健診なども済ませておくと安心ですよ。

ピックアップ

母親学級はいつから行けばいい?どんなことをするの?
ママになるけど、不安がいっぱい!初めての妊娠は嬉しい半面、不安がつきもの。一体何をどうしたらいいのかよくわかりません。そんな妊娠中の不安を解消してくれるのが母親学級です。「母親学級って何なの?」「いつから行くの?」「どこに行くの?」「どんなことをするの?」など、疑問だらけですよね。ここではそ...
尿タンパクが出る原因って?対策法と予防法をご紹介
妊娠中に限らず、健康診断などの際には「尿検査」が行われることが多くあります。尿検査は外からでは見えない体内の問題について調査することができる重要な検査です。 特にこの尿検査によって明らかになることが多いのが「腎臓機能」の低下です。腎臓は、体内の老廃物を濾しとる「フィルター」のような役割を持って...
マタニティビクスで運動不足を解消!得られる4つの効果
妊娠中のよくある悩みごとに、「運動不足」や「体重管理」が挙げられます。そうした悩みの解消のために積極的に外出したり、食事に気を遣ったりと工夫されている方も多いようです。 妊娠中に激しい運動をすることには抵抗がありますが、「マタニティビクス」なら妊婦さん向けのプログラムや動きで、自分のペースに合...
33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【妊娠7ヶ月】妊婦の状態は?お腹の大きさ、胎動、食欲は?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中期(5カ月~7カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る