妊娠中に気をつけるべき四つの病気とその予防対策とは?

薬をもつ妊婦
妊娠をすると、ホルモンバランスの変化などにより、体調が不安定になります。そのため、普段ならすぐに治ってしまうような病気でも、重い症状になってしまい、赤ちゃんにまで影響を及ぼしてしまうこともあります。妊娠中にどのような病気に気をつければよいか?正しい知識をもって、正しく対策することが大切です。今回は、妊娠中に気をつけるべき病気とその予防策についてご紹介いたします。

1. 妊娠高血圧症候群

妊娠20週目以降から産後12週目くらいまでの間に高血圧の症状がみられ、尿検査でタンパク質が検出される場合に「妊娠高血圧症候群」と診断されます。自覚症状がない場合がほとんどですが、頭痛やむくみなどがあらわれる場合もあります。妊娠32週未満で発症すると重症化する傾向があります。症状が重い場合は、脳出血や肺水腫、常位胎盤早期剥離や出血を起こしやすくなる播種(はしゅ)性血管内血液凝固症候群(DIC)などを引き起こし、出産に影響を与える場合があります。また、胎盤への血流が悪くなることにより、おなかの赤ちゃんの成長に悪い影響を与えることもあります。

予防対策

妊娠中は血圧のコントロールが難しいため、発症すると出産するまで完治することが難しい病気です。そのため、予防がとても大切になります。肥満の傾向がある人や日ごろから塩分をとりすぎている人は注意が必要です。栄養のバランスがよい低カロリーで薄味の食事を心がけてください。また、ストレスや疲労も原因となるため、日ごろから規則正しい生活と適度な気分転換を行うようにしてください。

合わせて読みたい

妊娠中毒症とも呼ばれる「妊娠高血圧症候群」の症状・原因・予防
妊娠中毒症とも呼ばれる「妊娠高血圧症候群」の症状・原因・予防
妊娠高血圧症候群は妊娠20週以降、分娩(ぶんべん)後12週までに高血圧がみられる場合、もしくは高血圧にタンパク尿を伴う場合に診断され...

2. 妊娠糖尿病

糖尿病はすい臓から分泌されるインスリンの調整がうまくできなくなり、血糖値が上がってしまう症状です。妊娠中に一時的にこの糖代謝の異常が生じる場合や、もともと、糖尿病の兆候をもった妊婦さんが妊娠をきっかけに発見される場合、「妊娠糖尿病」と診断されます。こちらも、自覚症状がほとんどありません。重症化すると、合併症として糖尿病腎症や糖尿病網膜症を発症するリスクがあり、妊娠高血圧症候群や流産、早産などにつながる危険もあります。赤ちゃんへの影響も大きく、巨大児になりやすいため難産になったり、胎盤機能の低下による発育不良になったり、妊娠初期から血糖値が高い場合には奇形の発生率も高くなってしまいます。

予防対策

食事療法や運動療法による血糖値のコントロールで治療することになりますが、それでも改善されない場合は、入院治療によるインスリンの投与などが行われます。カロリーの高い食事を避け、バランスのよい食生活を送ることで予防することができます。さらに、適度な運動も効果的です。重症化してしまうと危険な病気であるため、糖尿病の家系の人や肥満症状のある人は十分に注意してください。

22歳。B型。既婚。 現在妊娠9ヶ月。妊娠中の食欲が増す、太りやすくなるを完全になめきっていたため、妊娠前とくらべて20kg近く体重が増加しました。 妊娠の経験を活かし、妊娠中の注意点、妊娠中に必要な基礎知識の記事を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠中に気をつけるべき四つの病気とその予防対策とは?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中のトラブルはありましたか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る