良ければシェアをお願いします。

経産婦さんはどうやって乗り越えた?気になる4つの出産兆候

妊婦と娘

経産婦さんは、初産婦さんと比べるとお産の進みが早いと言われています。そのため、出産兆候に敏感になっていないと、病院に間に合わないといったケースが懸念されます。

ここでは、経産婦さんが知っておくべき4つの出産兆候をまとめてみました。これを知っておくだけで、お産をより安定した気持ちで迎えることができるでしょう。これから出産を迎える予定の経産婦さん、必見です。

スポンサーリンク

お腹の張り

妊婦

に入ると、お腹が不規則に張る傾向があります。これは「前駆陣痛」と呼ばれるもので、子宮が徐々にお産の準備を始めるため、収縮することが原因で起こります。張りがすぐにおさまる、張りの感覚が一定ではなく不規則であるなどが前駆陣痛の大きな特徴で、それに当てはまる場合は本陣痛ではないため焦る必要はありません。

ただし、経産婦さんが注意すべきことは、切迫です。切迫早産は強い張りや出血を伴う場合が多いため、そういった兆候があったらすぐに病院を受診しましょう。出産経験があることによって、子宮頸管が短くなりやすい、子宮口が開きやすいといった傾向が見られます。

1人目の時に切迫早産を経験した方は、特に要注意です。また、経産婦さんの場合は運動量がどうしても初産婦さんに比べると多くなってしまいがちです。家事や育児に追われながら妊婦生活を送っているため、無意識にたくさん動いてしまい、体に負担をかけてしまうからです。無理をしすぎて切迫早産になってしまうことのないよう、休憩を多く取りながらゆったりと過ごすことが大切だと言えるでしょう。

合わせて読みたい

切迫流産と切迫早産の違いってなに?時期や症状は?
「赤ちゃんは十月十日で産まれてくる」と昔から言われているように、およそ10ヶ月の間母体の中で育つことが理想的であると考えられています。しかし、何らかの理由によって切迫流産や切迫早産と診断されてしまうことがあります。気づく時期が遅いと流産や早産を食い止められない場合もあるため、早い段階で対処するこ...

胎動の回数が減ったり、弱くなったりする

胎動のイメージ

お産が近づいてくると、みぞおち付近にあった子宮が骨盤の方へと移動して、赤ちゃんの頭が骨盤の中におさまるようになります。すると、赤ちゃんの動きが減り、胎動の回数が減ったり弱くなったりしやすいと言われています。経産婦さんの場合は胎動に気づきやすいため、この変化によってお産が迫ってきていることを知ることができるでしょう。

とは言え赤ちゃんは、頭は固定されていますが、手足はある程度動かすことができます。もしも一日中胎動を感じない場合は赤ちゃんに異常が生じている可能性もあるため、すぐに病院を受診するようにしましょう。

33歳。B型。既婚。 妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
経産婦さんはどうやって乗り越えた?気になる4つの出産兆候
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る