妊娠後期の過ごし方におすすめ♪安産のための運動3選

良ければシェアをお願いします。

ヨガのポーズをとる女性

妊娠中に運動をするのってどうなのだろう?という疑問を持ったことはありますか。

確かに、お腹はどんどん大きくなっていきますし、もしものことがあったら・・と考えると不安にもなりますよね。ただ結論から言えば、妊娠中の運動はするべきです。

前提として、妊婦さんには出産を乗り切るための体力が最低限必要ですし、出産後のダイエットにも大きく影響します。そのためには、妊娠中に適した、安全で効果的な運動をする必要があります。そこで今回は、出産間近である妊娠後期に注目して運動の方法をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

運動するメリットってどんなこと?

体力があるとになりやすい

出産は、時には10時間を超える長丁場になります。そのような状態が長く続くということは、当然スタミナがないと乗りきれるものではありません。なによりも大切なのは筋肉量です。お産では、赤ちゃんが産道を通りやすくするために、普段やらない腹式呼吸を何度も繰り返します。この時、筋肉量が充分でないと赤ちゃんが出てきにくく、時間もかかってしまうため、母子ともに負担になります。つまり、安産になるかどうかは、体力が充実しているか否かに左右されるのです。

産後のダイエットが順調に

妊娠中は、お腹の中の赤ちゃんが成長する毎に骨盤が徐々に広がっていきます。この状態を放置してしまうと姿勢や血流が悪くなり、脂肪を燃焼しにくい体に・・。ゆえに、出産後に骨盤矯正をして元通りにしようとするわけですが、これもまた筋肉量がなければ、あまり効果が得られないということがわかっています。産後のダイエットが順調に進行するには、妊娠中からしっかり運動をしておく必要があるわけです。

イライラの防止

イライラする女性

妊娠中は、ホルモンバランスの変化に加えて、身重の体を常に気遣って行動しなくてはいけないため、あらゆるストレスがかかります。

医学的にも、妊娠中のストレスが赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼす可能性が指摘されており、小児喘息アスペルガー症候群になるなどのリスクも高まると言われています。そのためにも、適度な運動はやはり大切ですね。

合わせて読みたい

妊娠中の体重増加に注意!3つの時期ごとの体重管理術
最近は妊娠中の体重管理が妊婦健診の中でも大切なチェック項目とされています。しかし、体重のことばかりを気にしているのは、精神的にも辛いですし、赤ちゃんにも悪影響です。 ここでは体重増加にフォーカスを当て、妊娠時期に応じた体調管理のコツを3つご紹介します。コツを掴んで心身共に健康的なマタニティライ...

してはいけない運動ってあるの?

バレーボールをする女性

妊娠後期はお腹もかなり大きくなり、もっとも体を労らなければならない時期ですから、してはいけない運動というのも当然あります。第一に、「激しい運動」ですね。スピードを上げたジョギングはもちろんいけませんし、転倒や衝突のおそれがあるバレー・バスケ・サッカーなどの球技も適しません。

ニつ目に「お腹をねじる運動」です。瞬間的に一気に体をひねる動きが必要な、ゴルフやテニスなどは大きな負担になりますから、避けてください。

最後に、縄跳びなどの「ジャンプするような運動」です。飛んで着地をするというような、衝撃を受け止める行動は、お腹が上下に大きく揺れてしまうため、赤ちゃんにも負担がかかってしまいます。

以上、代表的なものを挙げましたが、細かく言えば他にも避けるべき運動はありますから、はっきりしない場合にはお医者様によく相談して実践するようにしてください。

合わせて読みたい

今からでも間に合う!安産を迎えるための7つのコツ
出産予定日が近づいてくると、誰もが不安になってきます。それこそ、幼いころから出産は本当に痛いと聞かされてきたなら、なおさらきちんと産めるのだろうか、痛みはどれくらいなのかと心配になってくるでしょう。できれば少しの時間で苦しまない安産が望ましいですが、どうすればいいのかわからない人も多いと思います...

妊娠後期におすすめの運動3選!

前述した通り、妊娠中に運動をすることは、安産につながるとても大切な要素です。このパートでは、妊娠後期を迎えたママさんに適している運動にスポットを当てて紹介していきます。是非実践してみてくださいね。

マタニティーヨガ

マットの上でヨガをする女性

妊娠初期~後期を通して継続できる運動がマタニティーヨガです。自宅でもできることから、行動するタイミングを自分で決めることが可能なため、近年とても人気のある運動ですね。ポイントは、出産時に大切になる腹式呼吸を練習できることです。座禅を組み、深く呼吸を行えば大いにリラックスすることができ、股関節の可動もスムーズになります。また、四つん這いになっての呼吸法も、お腹の中の赤ちゃんに酸素が行き届くのでとてもおすすめです。適度な間隔で繰り返しやってみてください。マタニティーヨガは、できれば妊娠初期から始めると体の柔軟性も増すため、より効果的になります。

ウォーキング

ウォーキングする女性

ウォーキングも、安産のポイントになる骨盤の筋肉量を増やすという意味でとても効果があります。気分転換にも最適ですし、負担のない有酸素運動ですから、妊娠後期にする運動として非常に向いていると言えるでしょう。ウォーキングをするにあたっては、時間帯を意識するとより良いと思います。もっとも適しているのが、朝の6時~8時と言われており、気持ちよく歩くことができるでしょう。特に夏場や冬場などの過酷な天候状況では、極力日中の時間帯は避けてください。

雑巾がけ

雑巾がけする女性

雑巾がけとは少し意外ではなかったでしょうか。しかし、この雑巾がけをするときの姿勢が、実はとても理にかなっているのです。大きくなったお腹で雑巾がけをするということは、両足をしっかり開いて、股関節で支えないといけません。このしゃがむ姿勢は、妊婦のためのエアロビクスなどにも取り上げられているくらい、理想的なポーズです。やり方としては、特に変化を付ける必要はなく、いつも通りで大丈夫です。体をほぐすこともできて、お家もきれいになりますから、まさに一石二鳥ですよね。

おわりに

今回は妊娠期間の中でも、特に妊娠後期におすすめする運動を紹介しました。あまりに運動不足が続いてしまうと、出産時に辛い思いをしてしまいますし、産後のダイエットも大変なものになってしまいます。
このコラムを参考に、やっておくべき運動と避けるべき運動の知識を正しく持ち、実践していただければ幸いです。

ピックアップ

マタニティダイエット
用語マタニティダイエット 読み方またにてぃだいえっと マタニティダイエットとは、妊娠中に行なうダイエットのことです。妊娠中は栄養を常に摂っておく必要があるのですが、あまりにも過剰に摂りすぎると妊婦にとって良くありません。そこで、妊娠中に太り過ぎないようにすることで、母子共...
産後ダイエットで美しい体へ!骨盤矯正で痩せる3つの方法
出産を経験したことのある人であれば、産後、以前の体型へ中々戻らないというストレスを抱えたことがあるのではないでしょうか。妊娠中は、赤ちゃんに栄養を行き渡らせるため、水分や脂肪を蓄えやすいよう体質が変化しています。一般的に10kg近く体重が増加しますが、その時に起こる現象が骨盤の歪みです。この骨盤...
安産型ってどういう意味?本当に安産になるの?
「安産体型だと、出産が楽である」という話をよく耳にしますが、実際に安産型とはどのような体型なのかよくわからない方が多いのではないでしょうか。安産であることに越したことはないため、自分が安産型に当てはまるのかどうか気になるところでしょう。 そこで今回は、安産型とはどういう意味なのか、そして本当に...
33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠後期の過ごし方におすすめ♪安産のための運動3選
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る