妊娠9週の壁が心配!妊娠初期に注意したい11のこと

スポンサーリンク

診断を受ける夫婦

妊娠がわかり喜んでいても、もしかしたら途中で流産してしまうかも・・・と、嬉しい反面心配ごとも増える妊娠。流産等のトラブルは妊娠初期に発生しやすいと言われ、「妊娠9週の壁」という言葉があるように全体の流産の約7割は妊娠9週目までに起きています。ここでは妊娠初期に注意したいことの11項目を紹介していきます。

アルコール・タバコ・ダイエットは大敵

大人の楽しい娯楽でもあるお酒やタバコ。お酒が大好きな人やヘビースモーカーの人はやめるのに強い意志が必要ですが、やはり赤ちゃんにはとっても害のあるもの。また、体重増加が気になりダイエットを考える人もいるでしょうが、いったい赤ちゃんにどんな影響をおよぼすのでしょうか。

アルコールの飲みすぎは赤ちゃんが発育不全に

いくらお母さんがアルコール大好きでも、赤ちゃんにはアルコールを分解する能力はありません。飲むことで胎児の発育不全や成長障害を引き起こしてしまいます。その他にも精神遅滞や中枢神経障害など様々な症状を引き起こしてしまうリスクがあるのです。

少量であっても、安全という量がまだ明確になっていませんので、妊娠しているとわかったらその時点でアルコールはやめるようにしましょう。

今の時代スーパーに行けば様々な種類のノンアルコール飲料が売られています。どうしても我慢できない!という時は、ノンアルコール飲料を活用して気分を紛らわせましょう。

タバコによって赤ちゃんは酸欠状態に

タバコは体にも害を及ぼしますが、胎児にも影響を及ぼしてしまいます。タバコを吸うとニコチンや一酸化炭素の性質上、母体が酸欠状態になってしまい、赤ちゃんの発育に必要な酸素や栄養を赤ちゃんのもとへ運ぶことができなくなってしまいます。

それ以外にも酸欠になることで起こる弊害としては、流産や常位胎盤早期剥離などの重大なものから、前期破水、早産など様々な症状を発症してしまうこともありますので、妊娠しているとわかったらタバコもやめましょう。

また、他人のタバコの副流煙の方がより害を及ぼしてしまうので、自分が吸わないだけでなく煙のない環境に身をおくよう注意しましょう。

ダイエットで赤ちゃんが栄養不足に

つわりが終わると食欲が出てきて、体重の増加が気になる方もいるでしょう。ですが、この時期にダイエットをするのはやめておきましょう。つわりで食べれないのは仕方のないことですが、ダイエットをすることで赤ちゃんに栄養が行き届かなくなってしまう可能性があります。

体重を気にするのは妊娠12週目頃になってからにして、 妊娠前からプラス2キロ程度であれば気にせず、その後は1日の体重増加が0.3キロから0.5キロほどになるよう体重管理を始めましょう。

合わせて読みたい

妊娠初期におなかが張る原因・対処法・注意点
妊娠中はさまざまな体調変化が付き物です。つわりや冷え、腰痛や便秘などの症状は定期的に起きるため、妊婦さんはなかなかゆっくり身体を休めるこ...

運動不足・睡眠不足やお腹への負担は避ける

体に様々な変化が起こる妊娠初期。つわりがひどくて家に引きこもりなんてこともあるでしょう。また、寝ても寝てもなかなか眠気がとれなくて寝てばかりなんてことも。いったい生活の中でどんなことに気を付ける・心がけるといいでしょうか。

適度な運動で子宮の代謝を良好に

子宮の代謝が悪いと胎盤の形成に悪影響が出てしまい、胎児が育つことができずに残念ながら流産してしまう場合があります。それを未然に防ぐためにも、適度な運動で血行を良くし、子宮の代謝を促すことで少しでも流産の可能性を減らしましょう。

つわりなどがひどいときなど無理は禁物ですが、つわりがひどくなければ適度な軽い運動を行うことにより気分転換や自律神経を整う効果が期待できるので行うようにしましょう。

ここで注意したいのが、運動のやりすぎです。あくまでも軽い運動にとどめ、ゆっくりとしたウォーキングなら30分以内にとどめる程度にしておきましょう。

普段よりも多めに睡眠時間をとる

妊娠中は、いつもより疲れやすいため適度な休養が必要です。特に妊娠初期はいくら寝てもまだ眠いという症状が現れやすい時期です。できれば普段の睡眠時間よりも1時間は多く休むようにしましょう。

休むことでプロゲステロンという、妊娠継続のための女性ホルモン分泌が増えるというメリットもありますので、自分のためだけでなく赤ちゃんのためにも休息は必要なのです。パートナーの方にも普段より休息が必要であることをしっかり理解してもらい、サポートしてもらえるようにしておきましょう。

重い荷物を持ったり背伸びをするのは避ける

重いものを持つことや背伸びはお腹に負担が掛かります。妊娠初期は赤ちゃんが栄養を取る元となる胎盤がまだ未完成で出来あがっていないため、流産の可能性を高めてしまうので避けるようにしましょう。

また、長時間の立ち仕事も同様に体への負担がかかります。立ち仕事は胎盤が完成する妊娠中期までは控えておいたほうがよいでしょう。周りに協力をお願いし、なるべく体の負担を減らしたほうが安全ですが、どうしても必要に迫られた時には無理をせず適時休むようにしましょう。

合わせて読みたい

妊娠初期から要注意!流産の種類と原因について
妊婦さんにとって、もっとも気をつけなければならないこと。それは流産の可能性です。 「流産」という不吉な事柄について、「考えたこともない...
デコレーションケーキ作りが好きな、1児の母です。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠9週の壁が心配!妊娠初期に注意したい11のこと
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠初期(~4カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る