良ければシェアをお願いします。

妊娠の兆候はいつから?13の妊娠超初期症状をチェック!

良ければシェアをお願いします。

チェックシートを見る女性

妊娠超初期症状とはどんな症状があるのだろう・・・いつごろからわかるのだろう・・・など、妊娠したかどうかについての症状は誰もが気になることだと思います。いち早く妊娠を迎える準備をしたいと思っている方に、妊娠初期症状より先に分かるとされる様々な妊娠超初期症状13のチェックリストをご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠超初期症状について

期待

妊娠超初期症状とはいつ?

一般的に妊娠の症状がわかるとされているのは、生理予定日から1週間後の「妊娠初期」のことだと思います。妊娠検査薬も生理予定日から一週間後に使用しなければならないものです。では、「」と呼ばれるのはいつのことを指すのか?それは、生理予定日の1週間前におこる症状のことを指します。妊娠超初期症状は妊娠初期に起こる症状と大変よく似ているため、期待をしていただけに、生理がくるとがっかりされることもあるかと思います。
普段、生理前症状が無い方や、生理前に自分に起こる症状がハッキリとわかっている方をはじめ、いち早く妊娠を察知して準備をしたいと思われている方は参考にされると良いでしょう。

妊娠超初期までの仕組みと流れ

妊娠超初期は生理予定日の1週間前に起こるとされていますが、いつからはじまるのでしょうか?それを知るには、まず排卵からするまでの流れを知る必要があります。
妊娠期間で、妊娠2週目、妊娠1ヶ月など、妊活をされている方やそうでない方も一度は聞いたことがあるかもしれません。では、どのようにして数えられているのでしょうか?妊娠してから1ヶ月と数えているわけではないのです。
下記で簡単に排卵から着床までの流れをご説明いたします。

・妊娠0週0日
最終生理の初日となります。

・妊娠2週0日
約14日後(約2週間後)にを迎え、この時期に性交をして、精子卵子に入ると受精卵の形となります。

・妊娠3週0日
約7日後(1週間後)に受精卵は子宮に辿り着き、子宮内膜にはりついて着床します。生理とは、この受精せずに不要となった子宮内膜が剥がれたものです。ここから、生理予定日まで経過して、妊娠1ヶ月となります。

受精卵が着床して、はじめて妊娠超初期に入り、症状を感じはじめる方が多いです。つまり、妊娠超初期症状は着床したときにはじまります。

合わせて読みたい

妊娠しやすい人、しにくい人の特徴
子どもが欲しいと思っても、なかなか恵まれないと悩む女性は多くいます。特に妊活中は、それがストレスとなり、かえって妊娠しにくい環境を作り出してしまうこともあります。すぐに妊娠の兆候が見られる人と、見られない人には、どのような違いがあるのでしょうか。今回は、「妊娠しやすい人」と「妊娠しにくい...

13の症状と原因について

妊娠超初期までの仕組みと流れについてご理解いただけたところで、実際に13の症状と、その症状が起こる原因についてご紹介していきたいと思います。

1.   着床出血

着床出血は、生理予定日の1週間前から3日前ぐらいに起こります。なぜ、着床出血が起きるのかと言うと、受精卵が子宮内膜にはりついたときに、絨毛(じゅうもう)というものを生やし、子宮内膜を傷つけることで起こるからです。
この着床出血は必ずしも起こるものではありませんが、鮮やかなピンク色の方もいれば、薄い茶色の方もおり、生理のときのように量が多い方もいれば、少ない方もいらっしゃいます。また、着床出血の期間も1、2日で終わったという方もいれば、一週間ぐらい続いたという方もいらっしゃるため、個人差がかなり分かれます。

2.   胸の張り、痛み

胸の痛み

生理前症状にも胸の張りを感じられる方はいらっしゃると思いますが、それよりももっと胸が張っている状態になり、乳首が痛くなるなど、胸全体が敏感になります。いずれも妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増えたために起こる症状です。この症状が生理開始予定日を1週間ほど過ぎていても続いている場合、妊娠超初期症状にあたります。

3.   お腹の張り、腹痛、下腹部痛

お腹

お腹の張りや痛みを感じるのは、受精卵が着床した際に起こる痛みによるもので、下腹部にチクチクとした痛みやキューっとした痛みを感じます。逆に、全く感じない方もいらっしゃいます。

4.   腰痛

腰痛

妊娠すると子宮が大きくなり、それと同時に骨盤が広がっていきます。これはリラキシン」という、関節を緩める役割がある、卵巣ホルモンの1種が分泌されることによって、腰痛を引き起こすとされています。

5.   頭痛

頭痛

妊娠すると増えるとされている黄体ホルモンが、受精卵を守るために子宮内膜を妊娠に向けて柔らかくしたり、血液のめぐりを良くしたりと、血管拡張作用を引き起こします。痛みは個人差がありますが、偏頭痛のような痛みのものもあれば、ひどい頭痛で吐き気を覚える方もいらっしゃいます。

6.   肌トラブル

吹き出物

普段できないところにニキビや吹き出物ができたり、生理前症状のときより、数が多くなったりします。これは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが増えることにより、皮脂の分泌量も増えてしまうためです。

28歳。AB型。主婦。 主婦歴2年目に突入。最近実家に旦那と引っ越して、妊娠と出産に向けて本腰をいれて貯金と妊活を開始。妊娠するうえで大切な基礎体温から妊婦生活を送る上で気をつけるべきことなど、「生活」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠の兆候はいつから?13の妊娠超初期症状をチェック!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊活をはじめたきっかけは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る