良ければシェアをお願いします。

妊活にも効果あり?子宮ケアマッサージって何をするの?

お腹のマッサージ

女性にしかない臓器「」は、妊娠を望む人にとって、また妊娠した場合に赤ちゃんやママにとって非常に大切な臓器です。女性ならではの不調や、妊活に不安がある人は、子宮のケアを日常生活に積極的に取り入れていきたいですね。いま、健康意識の高い女性達に注目されている「子宮ケアマッサージ」とは、どんなものなのかご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

意外と知らない!子宮をケアするメリット

子宮をケアすることは、すなわち子宮を温めて血流を良くすること。昔から、「冷えは万病につながる」と言われており、冷えを放っておくと体のあらゆる器官が鈍りがちになってしまいます。もちろん子宮やにも同じことで、不妊の一因にもなりえるという学説も出ています。

知ってた?子宮は冷えのダメージを受けやすい

子宮・卵巣は、実は最も冷えの影響を受けやすい臓器と言われています。生理痛の時に温めると楽になる、冬は生理痛がひどくなりがちという人は、子宮が冷えてしまっている可能性が高いかもしれません。冷えが進行すると、子宮・卵巣の機能自体が低下してしまい女性にとって様々な不安要素が出てきてしまいます。くらい」と軽く考えるのは禁物ですよ。

子宮の冷えと不妊っての関係あるの?

子宮や卵巣の冷えは、不妊の原因となる可能性があります。子宮や卵巣が冷えてしまいその周辺の血流が悪くなると、それらが十分に機能しなくなるため、妊娠しづらくなると言われています。また、せっかく受精して受精卵となったにも関わらず、着床しにくくなる可能性もあり、妊娠を望む人にとっては子宮を温めることは大変重要な事と言えるでしょう。

子宮をケアするとどんな良いことがあるの?

子宮をケアして温めることによって、以下のようなメリットがあると言われています。

  • 生理痛が改善される
  • 女性ホルモンが活性化する
  • 代謝が向上する

生理痛や不妊を改善させる他に、女性ホルモンが活性化することにより「女性らしい体つきになる」というメリットもあるようなので、そんな自分をイメージしながら楽しくケアしていきたいですね!

合わせて読みたい

「女性の守り神」といわれる仙骨のゆがみは子宮や卵巣にもダイレクトに影響する?
妊娠には子宮や卵巣の状態がベストな状態にあるのが理想的です。妊活中の皆さん、仙骨(せんこつ)というのが一体どこにあるか知っていますか?仙骨は「女性の守り神」とも呼ばれています。体を支える重要な役割を果たしている仙骨のゆがみは体に不調をきたす原因にもなりかねません。ここでは、仙骨のゆがみを自宅...

知りたい!子宮ケアマッサージの施術方法

子宮・卵巣を温めて血液の循環を良くするにはどうしたらいいのでしょうか?お店で受けられる「子宮ケアマッサージ」はどのようなものなのか、ご紹介します。お店によって施術方法は様々ですので、色々情報収集してみるのが良いですよ。

子宮ケアマッサージとはどんなもの?

骨盤の中心で要となるを中心に、子宮が位置する下腹部や、その周辺をマッサージすることにより骨盤周りの血流循環を促進します。子宮が温まって充分な血液が循環するようになり、栄養や酵素を行き届かせることを目的に行います。子宮が活性化されることにより卵巣も元気になり、乱れたが整うことで健康な卵子が育つと考えられているのです。

子宮ケアマッサージのサロンはあるの?

子宮ケアマッサージが出来るサロンは全国に多数存在します。子宮ケアという文言の他に、「温活サロン」「体質改善サロン」「血流促進サロン」など様々な表現がされており、施術内容をホームページなどで確認した上で予約しましょう。女性の悩みはなるべく女性専用サロンで解決したほうが良いと思いますので、そのようなコンセプトを持ったお店かどうかも併せてチェックしましょう。

どのような施術をしてくれるの?

サロンによってもちろん様々ですが、主に下半身のマッサージとなります。生理不純やホルモンバランスが乱れがちな人は特に「仙骨」周辺を念入りにマッサージするところが多いようです。仙骨を中心にほぐし、お尻全体、お尻のツボを刺激、骨盤底筋のコリにアプローチ 、子宮周辺の下腹部あたりを優しくマッサージという施術により、終わった後は下腹部を中心にじんわり温まる実感を持てるとのこと!

合わせて読みたい

体のゆがみをなくせば妊娠力がアップ!バランスのよい体が卵巣や子宮の働きに効果あり!
栄養に気を配って健康的な生活を心がけているのに妊娠できない!という人にチェックしてもらいたいのが、体のゆがみです。卵巣や子宮の本来の働きを妨げている要因の一つが体のゆがみであることから、妊娠力をあげるには体のゆがみをなくすこと!という意見を多く聞くようになりました。まずは、体のゆがみと卵巣や子宮...

自分でもできる!子宮を温めるには?

サロンで本格的に施術をするのも良いですが、普段から自分で出来る子宮ケアがあります。自分の子宮が冷えてしまっていないかチェックし、自宅で簡単に出来る方法で子宮を温めてみましょう!まずは自分の子宮の状態を知ることが大切ですよ。

子宮が冷えて固くなっていないかチェックしよう

子宮が冷えていないか、血液循環が鈍くなることにより固くなっていないかまずはセルフチェックしてみましょう。おへそから指3本ほど下にいくと、「気海」というツボがありますのでそこを優しく抑えてみてください。ここは子宮の上部にあたり、ここが固いと子宮が冷えていると表現されています。生理周期によって変化する場合もありますので日常的にチェックし自分の状態を把握しましょう。

自分で子宮・卵巣マッサージをしてみよう

前述の「気海」から横に指3本ほど左右にずれた両サイドの位置に卵巣があります。まずは卵巣から先にマッサージでほぐして女性ホルモンが出やすい状態を作ることで、子宮がゆるみやすくなります。強さは、”痛みを感じない程度”に指で押しましょう。1日3分を目安に、毎日の習慣にしてみてください。湯船に浸かりながらであればさらに効果を発揮してくれそうです。

子宮の冷えは全身から!オススメ温活

子宮マッサージだけしても全身が冷えていて血流が悪ければ効果は落ちてしまいます。普段から温活を意識し、以下のようなことに取り組みましょう!

  • 湯船に浸かるのは基本!20分はマストです
  • 湯船で足の付け根やふくらはぎをマッサージ
  • 3つの首「首、手首、足首」が冷えないように服装を工夫する
  • ストレッチやウォーキングで血流を促進する

おわりに

平熱は、36.5度以上あると風邪をひきにくくなるとも言われています。温かい体になるとウイルスをやっつけることができ、それによって免疫力がつきます。子宮だけでなく全身の温活から意識して取り組み、体の中から健康になって妊娠しやすい身体を手に入れましょう。

ピックアップ

妊活・子作り・不妊で悩むあなたへ、妊娠のためにできること全てをまとめました
妊娠したい!そう思ってはいるものの何から始めればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか? 妊娠はごく自然なことでありながら、女性の社会進出が進み結婚年齢が上がったことが原因で思うようなタイミングで妊娠できないカップルが増えています。 ここでは妊娠を望む前からできることから妊...
目指せ妊娠!妊活には「激しい運動」VS「ながら運動」のどっちが効果あり?
赤ちゃんを授かるための体づくり。妊活には、運動が効果的と聞くけど、なぜ運動した方がいいの?「激しい運動」と「ながら運動」ではどちらが効果があるのでしょうか。具体的にどのような運動をしたらいいのか、運動をすることで体の中で何がおこっているのか、気を付けることとは。妊娠しやすい体づくりのためにできる...
生理痛がひどいあなたへ!生理痛を和らげるためにできること全てを徹底紹介!
生理痛って毎月のこととはいえすごく憂鬱です。 痛みの度合いは人によって様々ですが、会社や学校に行けないほど生理痛がひどい人もたくさんいます。 そこまでひどい症状がなくても生理の時に不快な症状を感じている人は意外とたくさんいるようです。 毎月のことだからこそ何とかしたい生理痛。ここではひどい生理...
お酒が好きですが育児もがんばっています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊活にも効果あり?子宮ケアマッサージって何をするの?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊活をはじめたきっかけは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る