不妊検査は生理中でもできる?不妊検査をするタイミングについて

医師に相談する夫婦
子どもが欲しいと思っているのになかなかできない・・・。もしかして自分は不妊なのかも?と思ったら、いてもたってもいられない気持ちになりますね。そんな気持ちにおそわれるのは、たいていトイレで生理が来たことを確認した後。がっかりした気分とあせりが急にこみ上げてきて、すぐにでも病院に行きたくなります。でも、今は生理中だし・・・。不妊かどうか確認する不妊検査は、生理中でもできるのでしょうか?どのタイミングで受けるのがベストなのでしょう。

不妊検査はいつでもできる

クリニックの診察券と電話
実は、不妊検査はいつでも行うことができます。一般的には、子どもが欲しいと思っている男女が定期的に性交渉を続けて、1年たっても妊娠しない場合を不妊と定義します。ほとんどの場合、妊娠のチャンスは1カ月に1回くる排卵日の前後。この12回のチャレンジでも子どもができないときは、一度検査を受けてみるといいでしょう。もちろん、必ずしも1年待つ必要はありません。思いたったらすぐ受けることができます。

不妊検査には1~2カ月必要

いつでも受けられる理由は、不妊検査が1回で済むものではないからです。妊娠判定のように、必要な時期に一度通院すればわかるものではありません。すべての不妊検査が終わるまでには、およそ1~2カ月の期間が必要なのです。生理周期に合わせた検査がいくつもありますので、タイミング的にはいつ始めても大丈夫。男性の場合も、タイミングはいつでもかまいません。こちらは精子の採取と検査のみですので、1回ないし2回の通院で済みます。

生理中にいかなければならない検査もある

検査の中には、生理中にいかなければならないものもあります。お医者さんから「生理の3日目に来てください」などと、具体的に指示されることもあるのでタイミングがわからない場合はよく確認しましょう。ただし、初診の場合は問診や不妊検査についての説明などがありますし、いきなり検査できるかどうかわかりません。もちろん予約制のところが多いので、急な診察は無理な場合もあります。思いたってもまずは落ち着いて病院に問い合わせてみてください。

合わせて読みたい

排卵検査薬の正しい使い方とタイミング【医師監修】
排卵検査薬の正しい使い方とタイミング【医師監修】
意外と知られていない、排卵検査薬を正しく使うタイミング。排卵日を特定したいという気持ちから、排卵検査薬のピークばかりに意識がいってしまい...

不妊検査の内容

おなかを指さす女性
不妊の原因はさまざまですので、検査の内容も多岐にわたります。排卵が正常に行われていない場合、卵管が詰まっているなど、卵管に原因がある場合、子宮筋腫があり、子宮への着床が困難になっている場合など、それぞれ調べることが違います。不妊検査にはどのようなものがあるのか、女性の検査内容で代表的なものを見てみましょう。

生理周期に合わせた不妊検査

検査は、血液検査・レントゲン検査・超音波検査を行います。特に、生理周期が安定しているかどうか、排卵が起こっているか、無排卵月経ではないか、ということは妊娠するにあたって非常に重要なポイントです。そのため、生理周期に合わせて血液検査を行い、それぞれの時期に必要なホルモンが基準数値に達しているかどうか検査をします。超音波検査では、排卵前の卵子の大きさを測ったり、子宮頸管(けいかん)から出る粘液の有無を調べたりします。頸管(けいかん)粘液は排卵日前後にしか分泌されないため、周期に合わせる必要があります。

生理周期に関係なくできる不妊検査

主に血液検査を行います。不妊の原因となるホルモンバランスの異常は、甲状腺の働きに影響されます。甲状腺に問題がないかどうかは、血液検査で調べることができます。不妊検査の基本は、生理周期について調べることです。生理周期に関係なくできる不妊検査は、初期検査でわからなかったことや、問題がありそうな部分をさらに詳しく検査するといった意味合いが大きくなります。排卵障害にかかわるホルモン、テストステロンの分泌量検査や、子宮内膜症の様子を調べる検査などがあります。ひとつひとつ別々に行うわけではなく、血液を採取していろいろと調べますので、身体に大きな負担はありません。

合わせて読みたい

【男性編】夫が職場での妊娠報告の仕方とタイミング
【男性編】夫が職場での妊娠報告の仕方とタイミング
赤ちゃんが授かることは、夫婦にとって、とてもうれしいことで、「すぐにでもこの喜びを周りの人に伝えたい!」と考えるものです。両親はもちろん...
2歳差で生まれた娘と息子はすでに高校生。子育ても一段落したと思いきや、思春期の悩みに付き合わされている40代後半の働くお母さんです。保育の現場で子ども達に癒やされながら日々勉強中。しかし子育てには、教員免許もたいして役に立たず。それよりも、演劇部で鍛えた妄想力と演技力の方が役に立ったような気がします。「子どもの主食はあそび」の信念で、とにかく楽しく、子どもの人権を尊重した育児が理想。あくまで、理想・・・。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
不妊検査は生理中でもできる?不妊検査をするタイミングについて
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

不妊治療で受けたことがある治療方法を教えてください[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る