不妊の定義が2年から1年に短縮された理由とは?

良ければシェアをお願いします。

ニュース

2015年8月に不妊の定義が2年から1年に変わったということを、ご存知でしょうか。

妊娠を望む方であれば、一体どのぐらいの期間で妊娠できるものなのだろうか、どのぐらいの期間妊娠しなかったら不妊ということになるのだろうかと、一度はお考えになられると思います。

しかし、どのぐらいで妊娠できるかどうかというのは、個人差があり、一概にはどのぐらいで、と断言することはできません。では、不妊の定義というのは、どういった状態で、どのくらいの期間妊娠しなかったら不妊ということになるのでしょうか。

そういったことから、不妊の定義が変更された理由をご説明するとともに、不妊の定義について解説していきます。

スポンサーリンク

そもそも不妊の定義とは?

定義

そもそも、不妊の定義が2年から1年に変わったということを聞き、はじめて2年だったということを知った方もいると思います。

日本産科婦人科学会によると、

「生殖年齢の男女が妊娠を希望し、ある一定期間、避妊することなく性生活を行っているにもかかわらず、妊娠の成立をみない場合を不妊という。その一定期間については1年から3年までの諸説があるが、2年というのが一般的である。一度も妊娠しない原発性不妊と、過去に妊娠、分娩した経験のある婦人がその後妊娠しない状態となった続発性不妊とがある。また、不妊の原因によって男性不妊女性不妊と分ける場合もある」

と、定義していました。

つまり、

  • 一定期間、避妊をしないで性交をしても妊娠しない
  • 一定期間とは2年を指す
  • 一度も妊娠しない原発性不妊と過去に妊娠、分娩したことがある方が妊娠しなくなる続発性不妊がある
  • 男性不妊と女性不妊がある

ということになります。

それが、2015年8月に、

「生殖年齢の男女が妊娠を希望し、ある一定期間、避妊することなく通常の性交を継続的に行っているにもかかわらず、妊娠の成立をみない場合を不妊という。その一定期間については1年というのが一般的である。なお、妊娠のために医学的介入が必要な場合は期間を問わない。

といった定義に変更されました。

つまり、

  • 一定期間、避妊をしないで性交を継続にしても妊娠しない
  • 一定期間とは1年を指す
  • 卵巣精巣に異常がある場合は期間に含まれない

ということになります。

では、なぜ1年に変更になったのかは次の項目にてご説明いたします。

合わせて読みたい

不妊かどうか知りたい人必見!不妊症7つのセルフチェック
世界保健機関(WHO)は、妊娠を望み1年間避妊せず、性行為を続けているのに妊娠しない場合、不妊症と定めています。 しかし、なかなか赤ちゃんを授かることができなかいからといって、必ず不妊症ということではありません。セックスのタイミングがずれているなど、不妊症以外でも妊娠できない理由はたく...

なぜ1年も短くなったのか?

平均初婚年齢

現代では、女性の仕事に対する意識が強まるなどの理由などによって、晩婚化が進んでおり、それにともなって妊娠する年齢もあがりつつあるのが現状です。そのことからわかるように、定義を1年に短縮することで、妊活をはじめてから早い段階で不妊という意識を持たせ、適切な治療にあたらせることを目的としています。

不妊の増加現象

不妊治療の実施件数

上にあるグラフは年代別の不妊症の方の割合を示したものになっており、2000年と比べて2010年との割合は、はっきりと違い、高くなっていることがわかると思いますが、不妊症の方が年々増え続けている理由に、晩婚化による遅めの妊活への取り組みによるものや、子宮内膜症患者の増加などの理由があげられます。子宮内膜症は、若い方でもかかりやすいものなので、定期的に検査することをおすすめいたします。

高齢出産の増加現象

平均出産年齢の推移

仕事をしたい女性や、趣味に打ち込む女性、または、結婚はしたいのだけれど、相手が見つからないなどの理由で晩婚化する現代で徐々に増えている高齢出産は、芸能人でも多く見かけると思います。そういった理由から、1980年代と比べて、現代に近い年数では30%も増加しています。

こういった割合をもとにすると、不妊の定義に対する考えを2年から1年に短縮した理由がわかると思います。

合わせて読みたい

妊活中の不妊治療!いつ病院に行くべき?
結婚生活も落ち着き、そろそろ子供が欲しくなってきた頃。妊活をはじめるのはいいけれど、本当に子供ができるのだろうか。そんな不安を抱く人は多いと思います。 また、実際にはどれぐらい妊活を行えばいいのか、行って授からなかった場合には病院にいつ行った方が良いのかなど、妊活をはじめようとするだけでもわか...

海外での不妊の定義

発表

日本では、2015年8月に不妊の定義が2年から1年へと短縮されましたが、世界保健機構(WHO)では、もともと1年間と定められていました。アメリカ生殖医学会でも1年以上と定義しており、

「もしあなたが35歳以上であるならば、6ヶ月以上避妊せずに性交しても妊娠が起きなければ医学的な検査を始めるべきだ」

と、不妊治療を積極的に推奨しています。

おわりに

以上が、不妊の定義が短縮された理由となります。

晩婚化が進み、高齢出産が増えている現代において、不妊の定義が1年になったというのは、必然的なもののように思えます。

しかし、晩婚の方だけではなく、若い方が結婚された場合でも、結婚されてから早い段階で、不妊に対する意識を持つことによって、妊娠や出産に向けての準備や、あらゆるリスクを少しでも回避することができると思います。

ピックアップ

病院に行くまえに自宅で検査!不妊症の特徴、症状とは?
不妊症という言葉は世の中に広く知られていますが、その具体的な特徴や症状はどのようなものでしょうか。実際に不妊症問題に直面し、向き合った経験のない方であれば、中々わかるものではないですよね。今回は、不妊症の方によく見られる特徴や症状、そして、自宅で行うことのできる不妊検査方法を紹介したいと思い...
【調査】妊活中に不妊治療をした人と、していない人の割合を調査!
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 妊活をはじめたとき、誰しもができれば自然妊娠したいと願うとは思いますが、中々うまく妊娠を望めない方もいらっしゃいます。その実態について、今回は、妊娠・出産をされた女性100人の方の中で、不妊治療をされた方がどのぐらいの割合でいらっしゃる...
【男性編】自然妊娠は可能?男性不妊の治療と費用
「晩婚化」や「晩産化」の傾向が著しい日本では、不妊症に悩む夫婦が、世界の国々に比べ5パーセントから10パーセントほども多く、最近では5組に1組が、不妊症に関して、何かしらの問題を抱えているといわれています。不妊症の原因は、女性だけに問題があるわけではありません。近年では、男性にも不妊症の原因があ...
28歳。AB型。主婦。
主婦歴2年目に突入。最近実家に旦那と引っ越して、妊娠と出産に向けて本腰をいれて貯金と妊活を開始。妊娠するうえで大切な基礎体温から妊婦生活を送る上で気をつけるべきことなど、「生活」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
不妊の定義が2年から1年に短縮された理由とは?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

不妊治療で受けたことがある治療方法を教えてください(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る