基礎体温の測り方と排卵日の計算方法【医師監修】

監修医師プロフィール:清水なほみ 先生のイラスト 清水なほみ 先生

2001年広島大学医学部医学科卒業、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。

日本産科婦人科学会専門医、日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。

日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートします。

http://www.vivalita.com/staff.html


基礎体温から妊娠までに計算できる方法とは?
基礎体温を継続的に測る前に、実際に妊活をはじめようとしている方にまずしていただきたいのが、風疹抗体価の確認や、子宮頸がん検診・乳がん検診・生活習慣病がないかどうかの一般健診など、「そのままの状態で妊娠してはまずい状態」ではないかをあらかじめ確認しておくことです。これらの基本的な部分を踏まえた上で、基礎体温を毎日継続して測っていきましょう。

基礎体温の測定でわかること

基礎体温表
基礎体温を毎日測ることで、生理日の予測・排卵しているかどうか・女性ホルモンの正常な働き・妊娠の可能性・体調の変化がわかるようになります。そのため妊娠を望む、望まないにかかわらず、できれば習慣づけたいものです。
特に、排卵日の予測をするためには、基礎体温をつけることが非常に大切なこととなります。かといって、基礎体温のみでは正確に排卵日の特定をすることは不可能です。あくまで自分の周期を知って次の排卵日の時期を予測しやすくするものです。基礎体温のみでは排卵日が分からない場合は医療機関で相談しましょう。

低温期と高温期の関係性

正常な基礎体温は基本的に二つの時期に分かれており、月経が来てから排卵するまでの低温期と、排卵後から月経が来るまでの体温が高くなる高温期があります。基礎体温における理想的な条件は、低温期から高温期に移る日数が2日間以内、または、低温期から高温期に移るときの差が0.3~0.5度、また、高温期が12~14日間あることです。基礎体温があがったりさがったりするのは、分泌される女性ホルモンが関係しています。低温期は本来の自分の体温と言えます。排卵後に「黄体ホルモン」が分泌されることによって体温が上昇し、高温期ができます。通常は、卵巣から出る黄体ホルモンは約2週間でなくなっていきますので、高温期が2週間続いたら体温が下がって月経が来ます。妊娠すると、この黄体ホルモンは出続けますので高温期が2週間以上続くことになります。

女性ホルモンの正常な働き

女性ホルモンとは、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲンのことです。プロゲステロンとは妊娠するための準備をしてくれるホルモンで、エストロゲンとは妊娠への影響もあたえる卵胞ホルモンとも呼ばれているものです。この二つが正常に働くことによって、スムーズな排卵が起きたり妊娠が継続しやすくなったりします。

妊娠の可能性

低温期と高温期の話に少し戻しますが、妊娠の可能性がある場合、低温期から高温期に移ってから、高温期が16日以上続いている場合、妊娠している可能性がでてきます。また、微妙な基礎体温の変化(0.3~0.5度)を見分けることが、早い段階で妊娠を判断する材料になります。妊娠反応が確認できたら、基礎体温の計測はお休みしてかまいません。むしろ体温の上下で一喜一憂することは、心身の負担となります。

合わせて読みたい

婦人体温計の種類について

婦人用体温計
婦人体温計には、実測式と予測式となる、単機能タイプのものと高機能タイプの体温計が現在では主流となっています。毎朝使用するものなので、使いやすいものや続けやすいことを考え、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。購入できる場所は、ドラッグストアをはじめ、薬局や電気屋さんで購入することができます。

実測式

実測式は、測定値のみを表示するタイプのもので、水銀体温計・電子体温計などがあり、体温が温まった状態で口の中にいれて測ったときに5分ほどかかります。測定時間は長いですが、価格は安く、気軽にはじめてみたい人におすすめです。ただ、自分で基礎体温を記録しなければなりません。

予測式

予測式は、測定値を記憶し自動でグラフを作成してくれるタイプのもので、バックライト付きのものもあれば、排卵日・生理日の計算をしてくれる機能も付いているものがあり、20秒ほどで体温を測ることができます。

合わせて読みたい

30歳。AB型。主婦。 主婦歴4年目に突入。実家に旦那と引っ越して、妊娠と出産に向けて本腰をいれて貯金と妊活を開始。30歳になる手前で第一子を妊娠し、無事に出産。現在は子育てと両立しながら、妊娠するうえで大切な基礎体温から妊婦生活を送る上で気をつけるべきことなど、「生活」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
基礎体温の測り方と排卵日の計算方法【医師監修】
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊活をはじめたきっかけは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る