病院に行くまえに自宅で検査!不妊症の特徴、症状とは?

良ければシェアをお願いします。

不妊に悩む男女

不妊症という言葉は世の中に広く知られていますが、その具体的な特徴や症状はどのようなものでしょうか。実際に不妊症問題に直面し、向き合った経験のない方であれば、中々わかるものではないですよね。今回は、不妊症の方によく見られる特徴や症状、そして、自宅で行うことのできる不妊検査方法を紹介したいと思います。

不妊症ってなに?

2015年8月29日、日本産婦人科学会は不妊症の定義を「妊娠を望み、避妊を行っていないにもかかわらず1年以上妊娠に至らない」と定めました。それ以前は期間を2年としていたのですが、欧米の学会も1年と定めていること、また世界保健機関(WHO)が「1年の不妊期間を持つもの」としていることに倣っての改定だそうです。

統計では、夫婦間で妊娠を望んで性交を行った際、1年で約8割、2年では約9割の妊娠率になることが発表されていますから、この定義は理にかなっていると言えそうですね。ただ、この期間はあくまでも、健康体の方がその期間を過ぎたら病院で受診したほうが良いとされる目安であり、卵巣精巣生殖機能が正常で無かった場合には当てはまりません。

合わせて読みたい

不妊かどうか知りたい人必見!不妊症7つのセルフチェック
世界保健機関(WHO)は、妊娠を望み1年間避妊せず、性行為を続けているのに妊娠しない場合、不妊症と定めています。 しかし、なかなか赤ちゃんを授かることができなかいからといって、必ず不妊症ということではありません。セックスのタイミングがずれているなど、不妊症以外でも妊娠できない理由はたく...

不妊症の主な原因と要因

女性の場合

排卵障害

女性不妊の原因のうち、約3割を占めると言われるのが排卵障害です。排卵障害とは、何らかの理由により自力で排卵が起こらない状態のことを指します。具体的に突き詰めると症状はさらに細分化され、「高プロラクチン血症」、「多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)」、「卵巣機能低下症」などが主な原因です。これらは、女性ホルモンが過剰に分泌されたり、その逆で減少したりする障害ですが、その要因はストレス・過度なダイエット・不眠症冷え性などが考えられます。

子宮着床障害

受精卵が子宮内膜に付着する現象が着床です。ただ、この着床については、現代の医学でもそのメカニズムを解析するには至っておらず、検査をしても事前に診断することはできません。子宮着床障害に関しては、原因と予想される現象に対して治療を行っていきます。主な原因としては「黄体機能不全」、「子宮筋腫」、「子宮奇形」などが挙げられます。暴飲暴食や喫煙、運動不足などに心当たりのある方は要注意です。

卵管障害

卵管とは、子宮の左右にそれぞれ1つずつあり、卵巣と子宮をつなぐパイプの役割を果たしている器官です。卵管障害は、卵管に炎症や癒着といった症状が見られ、それにより受精卵の移動が滞ってしまいます。感染による炎症の原因でもっとも多いのが「クラミジア感染症」による卵管性不妊ですが、放置してしまうと子宮頸管炎子宮内膜炎にどんどん拡大していくので十分な注意が必要です。場合によっては自然妊娠も難しくなりますから、速やかに病院で治療をしなければなりません。

男性の場合

精子

不妊症に悩む男性のうち、大半の方がこの無精子症に悩んでいると言われています。無精子症とは、精子の数が極端に少ない、もしくは精子の運動能力が著しく低い状態のことで、およそ100人に1人の割合で起こりうるそうです。しかし、無精子症だからと言って、赤ちゃんを諦める必要はありません。その時は投薬治療をするのか、または手術が必要なのかなど、男性不妊治療の専門クリニックでよく相談をすることが先決です。

閉塞性無精子症

性病の感染などにより、精子の通り道である尿道や精管が癒着し、詰まってしまうことで受精することができない状態を閉塞性無精子症と言います。こちらに関しても、治療で解決できる可能性があるため、早めの対策を心がけてください。お医者様から、精路を開通させる、もしくは体外受精などの方法を提案されるでしょう。

勃起障害(ED

日本でも、この勃起障害(ED)患者は1,000万人に上ると見られており、年齢とともに発症率が高くなる傾向にあります。主な原因としては、ストレスや神経の障害などが考えられ、生活習慣病を患っている方はよりEDになりやすいと言われています。このEDに関しても、投薬などによる治療法で根気よく治していくしかありません。

合わせて読みたい

検査前に知りたい!不妊検査・不妊治療にかかる費用と2種類の助成金
妊活を始めて1年近く経つと、そろそろ不妊症という言葉がちらついてくるのではないでしょうか。 日本産婦人科学会では妊娠を望む男女が2年間妊娠しない場合を「不妊症」であると定義していましたが、2015年8月に「1年」に見直す案を発表しました。このことで、不妊という言葉はちらついては居るものの、「ま...

自宅でできる初期検査とは

自宅でできる検査

最初の検査段階から、病院で不妊検査を依頼することに抵抗があるという方は、自宅でできる簡易検査キットを使ってみると良いと思います。主にアメリカで市販されているものが多いのですが、通販を利用すると平均7,000円~8,000円で購入することが可能です。男性用検査キットは、自ら採取した精液と検査薬を混ぜ合わせることで、精子濃度が充分であるかどうかを見る方法がほとんどです。基準値に達していれば陽性、基準値以下であれば陰性という判定結果が得られます。

一方、女性用検査キットは尿検査にて判定をしていきます。卵胞刺激ホルモンの値を見て、卵巣機能が正常であるのかを調べる方法が一般的です。やり方としては、生理開始日から2.3日後の尿を、検査用スティックの先端に浸します。検査の結果は基準値と判定時の値を比べて、どちらの線が色濃く表示されるかでわかるのですが、この時に基準値よりもはっきりと表示されている場合は、注意してください。卵胞刺激ホルモンが出過ぎているということになり、妊娠しにくい状態にあるかもしれません。

おわりに

いかがでしたか?今回は、不妊症の特徴や症状、そして自宅でもできる簡易検査キットの紹介をしてきました。男性は特に、他人に結果を知られるのが恥ずかしい、認めたくないという気持ちが強い傾向にあるようです。しかし、然るべき処置を取ることで、妊娠の可能性を高めることができるのも事実ですから、初期検査によって少しでも疑う要素が出た時には、速やかに受診してください。

ピックアップ

妊活中の不妊治療!いつ病院に行くべき?
結婚生活も落ち着き、そろそろ子供が欲しくなってきた頃。妊活をはじめるのはいいけれど、本当に子供ができるのだろうか。そんな不安を抱く人は多いと思います。 また、実際にはどれぐらい妊活を行えばいいのか、行って授からなかった場合には病院にいつ行った方が良いのかなど、妊活をはじめようとするだけでもわか...
不妊の定義が2年から1年に短縮された理由とは?
2015年8月に不妊の定義が2年から1年に変わったということを、ご存知でしょうか。 妊娠を望む方であれば、一体どのぐらいの期間で妊娠できるものなのだろうか、どのぐらいの期間妊娠しなかったら不妊ということになるのだろうかと、一度はお考えになられると思います。 しかし、どのぐらいで妊娠できるかど...
【調査】妊活中に不妊治療をした人と、していない人の割合を調査!
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 妊活をはじめたとき、誰しもができれば自然妊娠したいと願うとは思いますが、中々うまく妊娠を望めない方もいらっしゃいます。その実態について、今回は、妊娠・出産をされた女性100人の方の中で、不妊治療をされた方がどのぐらいの割合でいらっしゃる...
33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
病院に行くまえに自宅で検査!不妊症の特徴、症状とは?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

不妊治療で受けたことがある治療方法を教えてください(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

不妊・不妊治療の悩みについて・・・あわせて読みたい

不妊かどうか知りたい人必見!不妊症7つのセルフチェック
世界保健機関(WHO)は、妊娠を望み1年間避妊せず、性行為を続けているのに妊娠しない場合、不妊症と定めています。 しかし、なかなか赤ちゃんを授かることができなかいからといって、必ず不妊症ということではありません。セックスのタイミングがずれているなど、不妊症以外でも妊娠できない理由はたく...
無排卵月経の特徴とは?症状・原因・治療法まで徹底解説
妊娠するためには、毎月きちんと排卵していることが第一条件となります。よく「生理が来ていれば排卵している証拠」と勘違いしている方がいますが、実際には生理が来ていても排卵していない状態、つまり「無排卵月経」である可能性もあるのです。 無排卵月経の場合は、一般的に妊娠しづらいとされているため、早めの...
妊活中の不妊治療!いつ病院に行くべき?
結婚生活も落ち着き、そろそろ子供が欲しくなってきた頃。妊活をはじめるのはいいけれど、本当に子供ができるのだろうか。そんな不安を抱く人は多いと思います。 また、実際にはどれぐらい妊活を行えばいいのか、行って授からなかった場合には病院にいつ行った方が良いのかなど、妊活をはじめようとするだけでもわか...
精索静脈瘤の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
男性不妊の原因で最もポピュラーな疾患にも関わらず、あまり知られていない「精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)」。男性不妊患者の40%以上に認められるともいわれ、かなり高い確率で起きる疾患といえます。 精索静脈瘤について 精索静脈瘤とは、精巣から心臓に戻る静脈(蔓状静脈叢)内の血液...
高プロラクチン血症の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
「妊活に励んでいるけどなかなか妊娠できない」と悩んでいるあなた、もしかしたら「高プロラクチン血症」が原因かもしれません。今回は、不妊症を引き起こすといわれる高プロラクチン血症について、その原因や症状、治療法をまとめました。 高プロラクチン血症の症状について プロラクチンとは、出産後に向けた体...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る